薬明海徳(WUXI VACCINES)の新規投資により、ダンドーク(アイルランド)で200人の追加雇用創出へ

ヘザー・ハンフリーズ ビジネス・企業・イノベーション大臣は11月22日、薬明生物技術社の子会社である薬明海徳社が、ダンドークに建設中の薬明生物技術の新工場の敷地内に2億4000万ドルをかけてワクチン製造拠点を建設し、5年間で200人の追加雇用をもたらす計画があると発表しました。アイルランド政府産業開発庁を通じてアイルランド政府が助成している本事業は、薬明生物技術のダンドークの新工場での雇用人数を600人まで引き上げます。 2022年に商業生産を予定している同敷地内の薬明生物技術受託製造工場は既に着工しており、現在上級職の雇用を行っています。同工場はシングルユースと柔軟なスケールアウト型製造技術を用いた世界最大のバイオ医薬品受託製造工場となります。薬明海徳の新工場は、薬明生物技術工場の敷地内で薬明生物技術の「未来の工場」に隣接して建てられ、グローバル提携先向けにワクチンを製造します。

アイルランドのヘザー・ハンフリーズ ビジネス・企業・イノベーション大臣は11月22日、薬明生物技術(WuXi Biologics)社の子会社である薬明海徳(WuXi Vaccines)社が、ダンドークに建設中の薬明生物技術の新工場の敷地内に2億4000万ドルをかけてワクチン製造拠点を建設し、5年間で同県に200人の追加雇用をもたらす計画があると発表しました。アイルランド政府産業開発庁を通じてアイルランド政府が助成している本事業は、2024年までに薬明生物技術のダンドークの新工場での雇用人数を600人まで引き上げます。

 

2022年に商業生産を予定している同敷地内の薬明生物技術受託製造工場は既に着工しており、現在上級職の雇用を行っています。同工場はシングルユースと柔軟なスケールアウト型製造技術を用いた世界最大のバイオ医薬品受託製造工場となります。薬明海徳の新工場は、薬明生物技術工場の敷地内で薬明生物技術の「未来の工場」に隣接して建てられ、グローバル提携先向けにワクチンを製造します。

 

ハンフリーズ大臣は次のように述べました。「昨年薬明生物技術が発表したダンドークでの400人の雇用創出に加え、薬明海徳の高技能労働者200人の追加雇用計画を発表できることを喜ばしく思います。今年は北東部に大きな成功をもたらすことができました。これは地元人材への信頼の証です。政府は地域振興に全力投球し、すべての地域が雇用改善の利益を享受できるようにしていきます。本日の発表は、国境地域が投資先として非常に魅力があることを改めて証明するものです」

「ワクチンのCDMO(医薬品製品開発・製造受託)事業は薬明生物技術の次の成長分野です」と薬明生物技術CEO兼薬明海徳会長クリス・チェン博士は述べました。「薬明生物技術と薬明海徳の工場を同じ場所に設置し協力体制を敷くことは、薬明生物技術ダンドーク工場の今後の成長に大きく貢献すると信じています。工程の複雑さ、広範な分析検査、厳重な規制基準により、ワクチン製造は難しく、工程と品質の管理が製品品質に極めて重要です。グローバル市場向けワクチンの専用製造を手掛ける本事業は業界でも初の取組みであり、薬明生物技術がダンドークにもたらす技術の強みと品質の高さを裏付けています」

 

アイルランド政府産業開発庁日本代表 デレク・フィッツジェラルドは次のように述べています。「薬明海徳に関する今回の発表は、今年すでに発表された武田薬品、レジェンド バイオテック、SKバイオテック等、アジア・太平洋地域を本拠とする他の製薬会社のニュースに続くものです。アイルランドは、この地域からの多くの製造業者の投資を受け入れています。彼らがアイルランドを投資先に選ぶのは、医薬品製造においてアイルランドが優位性を有しているからだけではなく、アイルランドの熟練した労働力、英語を公用語としていること、EU市場へのアクセスの良さなどを総合的に評価した結果です」

 

薬明生物技術について
香港株式市場の上場企業である薬明生物技術は、有数のオープンアクセスのバイオ医薬品技術のグローバルプラットフォームとして、バイオ医薬品の創薬、開発、製造を可能にするエンドツーエンドのソリューションを企業に提供しています。同社の経歴と実績は、グローバルの顧客に真のワンストップサービスと強力な価値提案を提供するという同社のコミットメントを証明しています。中国、アイルランド、シンガポール、米国で計画されている医薬品製造能力は2020年までに推計で合計28万リットルを上回り、同社は信頼性の高い最高品質のグローバルサプライチェーンネットワークをバイオ医薬品製造の提携先に提供しています。www.wuxibiologics.com.

 

薬明海徳について
薬明生物技術と海利生物技術の合弁事業である薬明海徳は、主にヒト用ワクチン(がんワクチン等)のCDMO(医薬品製品開発・製造受託)事業とコンセプトから商業製造までのワクチンの発見、開発、製造を対象としたエンドツーエンドのサービス・ソリューション統合プラットフォームの提供に携わっています。

 

■アイルランド政府産業開発庁 (IDA Ireland) について

アイルランド政府産業開発庁は、アイルランドの産業開発、海外からの直接投資等を推進する目的で設立された政府機関です。日本事務所では、過去40年間にわたり、欧州への進出を検討されている日本企業向けに、立地や人材、税制、優遇措置など各種最新情報の提供のほか、現地視察、進出計画の立案から進出後のサポートまで幅広い支援を行っています。過去のプレスリリースは、https://www.idaireland.jp/newsroom/ をご覧ください。

 

投資に関するお問い合わせ

アイルランド政府産業開発庁 日本事務所

代表 デレク・フィッツジェラルド

東京都千代田区麹町2-10-7 アイルランドハウス2階

E-mail: idatokyo@ida.ie    ウェブサイト: https://www.idaireland.jp /Twitter: @IDA_TOKYO

 

 

右から薬明チェン博士、アイルランド政府産業開発庁アイリーン・シャープ本部長、薬明リー博士、 ヘザー・ハンフリーズ大臣、薬明ブレンダン・マグラス氏

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口
代表者名 森田 美恵子
業種 国・自治体・公共機関

コラム

    アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口の
    関連プレスリリース

    アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域