「お酒の美術館 プレミアムショップ錦店」が12/1オープン

株式会社のぶちゃんマン(京都市中京区壬生馬場町37)は2019年12月1日、ウイスキーのオールドボトル販売専門店「お酒の美術館プレミアムショップ錦店」を新たにオープンいたします。既に終休売になっている人気の『山崎10年』『白州12年』『響17年』などの希少なジャパニーズオールドボトルを取り揃えることで、国内・国外を問わず大注目のお店となっております。その他2〜50万円のオールドボトルを中心に100万円を超える希少なボトルも取り揃えております。今後、年々増え続ける訪日外国人、特に京都という観光地で日本産ウイスキーを販売することで、益々の需要増加を見込んでおります。

国産ウイスキーのオールドボトルを専門に販売するリカーショップ

「お酒の美術館 プレミアムショップ錦店」が12/1オープン

~原酒不足で休売が続くオールドボトル約600本を展示販売~

 

 

株式会社のぶちゃんマン(京都市中京区壬生馬場町37)は2019年12月1日、ウイスキーのオールドボトル販売専門店「お酒の美術館プレミアムショップ錦店」を新たにオープンいたします。

 

 

昨年オープンした「お酒の美術館プレムアムショップ清水寺店」は、1人で300万円分のジャパニーズウイスキーを購入していく訪日外国人の方や、1本450万円のボトルが売れるなど大人気です。 ハイボールブームなどにより拡大するウイスキー市場の中で、原酒が不足し、日本産ウイスキーは2019年3月末をもって、キリン、サントリー、ニッカの大手三社のあわせて7銘柄に対して終休売が実施されました。そのような状況にあって、現存するオールドボトルは非常に希少な存在で価値が高まっており、当時の定価の10倍以上の値段になることも珍しくありません。 プレミアムショップでは、既に終休売になっている人気の『山崎10年』『白州12年』『響17年』などの希少なジャパニーズオールドボトルを取り揃えることで、国内・国外を問わず大注目のお店となっております。その他2〜50万円のオールドボトルを中心に100万円を超える希少なボトルも取り揃えております。今後、年々増え続ける訪日外国人、特に京都という観光地で日本産ウイスキーを販売することで、益々の需要増加を見込んでおります。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社のぶちゃんマン
代表者名 滝下 信夫
業種 食品関連

コラム

    株式会社のぶちゃんマンの
    関連プレスリリース

    株式会社のぶちゃんマンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域