シブヤの街が つながる「散策路と広場」とは?|連載シリーズ 渋谷 再開発 その8|東横線の線路の跡地が、散策路になり、渋谷の街と代官山の街が、ツナガッタ。

消費・商業・経済を、わかりやすく解説する「消費者 経済 総研」(東京都新宿区、代表:松田 幸治)は、 2019/11/29に、本テーマを発表します。

消費・商業・経済を、わかりやすく解説する「消費者 経済 総研」(東京都新宿区、代表:松田 幸治)は、 2019/11/29に、本テーマを発表します。

 

|連載シリーズ 渋谷 再開発 その8|

シブヤの 街が、ツナガル「 散策路 と 広場 」とは?
 

渋谷に約30年も居る、商業施設コンサルタントが、徹底解説。
100年に一度の渋谷再開発では、様々な、複合商業施設が、続々誕生です。

 

「連載シリーズ 渋谷再開発」の過去号は、
◆その1は「渋谷スクランブルスクエア」 渋谷再開発の 本丸誕生
◆その2は「渋谷ストリーム 」 おいしい路地空間が、ビルの中に誕生
◆その3は「渋谷パルコ」 驚愕の 未来型施設 が誕生

◆その4は「東急が、シブヤの街を 広げる。 東急が、人の交流を促進 する」
◆その5は「渋谷キャスト」詳細編
◆その6は「渋谷ブリッジ」詳細編

◆その7は「東急の 広域シブヤ圏 構想」でした。

■今回号のその8は「シブヤの街が、ツナガル 散策路と広場 」です。

過去号も、消費者経済総研のサイトに、掲載してあります。

 

■今回号のアウトライン

◆渋谷の街がツナガル
過去号は「シブヤでは、人が交流し、ヒトがツナガル」、「シブヤの街が、ヒロガル」
今回号は「 シブヤの街が、ツナガル 」

◆2つのツナガリ
1つ目:「渋谷ストリーム」と「周辺のシブヤの街」が ツナガル
2つ目:「渋谷」と「代官山」が ツナガル

◆周辺のシブヤの街と ツナガル「渋谷ストリーム」
★大階段・広場・小径 ★オープンカフェ ★様々な催し物 など
様々な仕掛けで、周辺エリアと、連動し一体化する

◆渋谷の街 と 代官山の街 が ツナガル
東横線の線路の跡地が、散策路に(歩いて15分程度)
渋谷 ⇔ 代官山 が繋がり、人の流れができた。散策しながら渋谷ストリーム ⇔ 代官山 へ

◆「散策路」現地インプレッション
「渋谷ストリーム」から「代官山」へ お散歩。

途中には「100 BANCH」や「渋谷ブリッジ」や、渋谷川も。

◆ツナガル散策路の途中にある、パナソニックの「100 BANCH」とは
パナソニックが、面白いことを始めた。
パナソニックが、未来施設の「100 BANCH」をシブヤで、開設
 

■取材依頼

既に「渋谷スクランブルスクエア」メインの解説では、生放送・生出演しましたが、

他にも渋谷再開発は、様々なビル・テーマ・アイテムが誕生です。

番組での解説・出演・コメント、執筆・寄稿、講演・セミナー、取材等のご依頼は、

お電話・メールにて、お願いします。

 

■【詳細の内容は?】

消費者経済総研の公式サイト内に、本件の特設ページを掲出中です。

詳細は、そちらをご覧下さい。

 

http://retail-e.com/syouhisya-keizai-shibuya-tsunagaru.html

 または

*「消費者経済総研」で検索 →「 シリーズ渋谷再開発 | 8:ツナガル 」

 

■【 3分でわかるシリーズ 開設の動機 】

 

チーフ・コンサルタントの松田優幸は、1987年に慶応大学の経済学部に入学し、

4年間、マクロ経済学を始めとした各経済学を、研究していました。

 

研究し始めた時の感想は「経済学の論文や文献は、よくわからない」でした。

 

その後、理解が進んだ後には

「よくわかった。しかしなんで、わざわざ、わかりにくい表現をするのか?」

との感想を持ちました。

 

世の中に登場する解説も「わかりにくい」表現は、いまだ少なくない、と感じています。

そこで「3分でわかるシリーズ」も展開していて「わかりやすく」お伝えしています。

 

※消費者経済総研が提供する情報は、正確性・完全性・有効性・真実性・最新性等、何らの保証もなく、利用・活用は、利活用者の自らの判断・責任であり、損害が生じても当方は一切の責任を負いません。

 

■【プロフィール】
松田 優幸(消費者経済総研 チーフ・コンサルタント)

 

*1986年 私立 武蔵高校 卒業

 

*1987年 慶応大学 経済学部 入学

経済学部で、

・マクロ経済学(GDP・失業率・インフレーション・投資・貿易収支等)

・ミクロ経済学(家計・消費者、企業・生産者、取引市場等)・労働経済学を専攻

経済学科「高山研究室」にて、貿易経済学・環境経済学を研究

 

*1991年 慶応大学 卒業  東急不動産(株) 入社

 

*1997年 親会社の東急電鉄(株)へ逆出向

消費の現場である商業施設と街づくりの計画担当

 

*2000年 東急不動産 復職

各種の商業施設の企画開発・運営、接客等で消費の現場の最前線に立つ。

 

*2005年 東急不動産から、消費・商業・経済のコンサルティングをおこなう

株式会社リテールエステートへ移籍

14年間、全国の消費の現場を視察・調査。その数は多岐にわたる。

 

*現在は、

消費者経済総研 チーフ・コンサルタント

兼 リテール エステート リテール事業部長 (52歳)

 

*資格は、

ファイナンシャル・プランナー、宅地建物取引士資格者 他



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 消費者経済総研
代表者名 松田幸治
業種 その他サービス

コラム

    消費者経済総研の
    関連プレスリリース

    消費者経済総研の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域