画家・講演家・著者マルチな才能を見せ、根底にある日本人としての”情緒性”を追究している日本画家永都叶千ロングインタビュー

日本人のDNAレベルに眠っている感性や情緒などを絵画というツールを通じ、徹底的に思考を重ねている。その作風にはどこか懐かしさや、風情を感じると共に無意識的に感動を感じる。

画家・講演家・著者マルチな才能を見せ、根底にある日本人としての”情緒性”を追究している日本画家永都叶千ロングインタビュー

 

https://nihonbashiart.jp/interview/2019/05/21/nagato.html

 

日本画家として作品の制作だけではなく、歴史の探求、講演会などでの啓蒙活動、執筆など様々なフィールドで活躍する日本画家永都叶千の根底にあるのは、日本人の根底にある「情緒性」の追究。

 

日本人のDNAレベルに眠っている感性や情緒などを絵画というツールを通じ、徹底的に思考を重ねている。

その作風にはどこか懐かしさや、風情を感じると共に無意識的に感動を感じる。

 

2019年6月17日より、永都叶千を含めて日本画家4名の「日本画展〜西の陣〜」が銀座並木通り創英ギャラリーにて開催される。

 

■永都叶千ロングインタビュー

https://nihonbashiart.jp/interview/2019/05/21/nagato.html

 

■日本画展〜西の陣〜

https://nihonbashiart.jp/news/2019/06/artjp-5.html

 

■永都叶千紹介ページ

https://nihonbashiart.jp/artist/cat7/post-59.html

 

■略歴

 

【1956年】

名古屋市千種区にて(本名 康之)生まれる

 

【1980年】

片岡球子先生師事

 

【1983年】

院展初入選 以後春6回、秋7回入選

 

【1985年】

愛知県立芸術大学(日本画)大学院修了

愛知芸大模写「法隆寺壁画模写」吉田善彦班参加

模写田中穰先生師事

 

【1998年】

名古屋城本丸御殿障壁画復元模写参加(2004年まで)

 

【1999年】

7月第1回個展。(東武百貨池袋店画廊)以後6回開催

 

【2003年】

第3回尾西市絵画公募展奨励賞〈流れ〉

 

【2008年】

6月OASIS2008〈ラン春雪〉オベール賞受賞

12月GINZA de ART〈白響〉ギャラリスト賞受賞

 

【2009年】

10月第1回個展開催(近鉄四日市店画廊)以後7回開催

 

【2010年】

8月日本甲冑図鑑(新紀元社)発刊

 

【2011年】

10月四日市市展審査員。以後6回

 

【2013年】

6月個展(パラミタミュージアム小ギャラリー)以後4回

 

【2014年】

1月第1回個展(松坂屋本店画廊)

10月鈴鹿市市展審査員。以後3回

 

【2015年】

1月画廊若林個展 以後3回開催

12月松浦武四郎記念館「大志の人」寄贈

 

【2016年】

4月古川美術館25周年×愛知芸大50周年展出品

9月桑名村正体感イベント「刀工村正・作刀図全5図」公開

11月津市役所「よみがえる津城」寄贈

12月高田真宗欣念寺「親鸞聖人絵伝4幅対軸絹絵」揮毫

 

【2017年】

6月四日市アート展参加。以後2回参加

現在、日本美術院 院友

絵画研究会・DUO四日市白揚 ・ 永都教室 講師



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 日本橋Art.jp
代表者名 田元幸洋
業種 ネットサービス

コラム

    日本橋Art.jpの
    関連プレスリリース

    日本橋Art.jpの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域