プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,784社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

オープン型宅配ボックス「ERYBOX」 森トラスト(株)の協力のもと オフィスビル「城山トラストタワー」への設置を開始

サイブリッジグループ

! 2019年6月11日 10時

ERY JAPAN LLC.(サイブリッジグループ/東京都港区)のオープン型宅配ボックス「ERYBOX」の実証実験において、森トラスト株式会社の協力のもと、城山トラストタワー(港区虎ノ門)への設置が決定いたしました。

■実証実験概要

◎時期・拠点

昨年12月に発表したNTT東日本の局舎ビル・駐車場に加え、森トラストグループが運営する城山トラストタワー(港区虎ノ門)へ、ERYBOXが新たに設置されました。

城山トラストタワー(港区虎ノ門)

現在既にERYBOXが設置されている拠点は住宅地・一般居住地エリアに位置し、一般家庭・自宅をターゲットとしていることに対し、「暮らし」に欠かせない職場や店舗での検証として、都心部での大型複合開発を中心とした不動産事業を手がける森トラストよりロケーションが提供されます。

 

城山トラストタワーでは、2019年6月6日(木)よりERYBOXの利用を開始しています。

 

◎稼働内容

ERYBOXで、気軽に荷物受け取り

佐川急便・ココネットが扱う荷物を、ユーザーの指定したERYBOXにお届けします。一部ECサイト※1で購入した商品も、ERYBOXでの受け取りが可能となります。

※1 実証実験に参画しているECサイトのみ対応しています。

 

詳細はERYBOX・実証実験特設Webサイトをご覧ください。

https://erybox.com/beta/201904.html

 

■オープン型宅配ボックスとは

企業・個人を問わず拡大しているネット販売市場において、昨今、「宅配ドライバーの再配達問題」や「個人情報の保護の課題」が取沙汰されています。そのような課題を解決するのが、オープン型宅配ボックスです。

 

オープン型宅配ボックスは誰でも配達先に指定し、受け取ることができる宅配ボックスです。大型マンションなどに設置されている住居用の宅配ボックスは、居住者しか荷物を受け取ることができません。オープン型宅配ボックスは集合住宅付近はもちろん、主要な駅や店舗・施設など、誰でもアクセスしやすい場所に設置されます。

 

受取人が不在の際の配達先としてのご利用はもちろん、受取人の住所が特定されないというメリットを持ちます。「再配達」や「個人情報保護」といった配達事業が抱える課題を解決していくうえで、重要な選択肢になり得るポテンシャルを備えています。

 

■ERYBOXが叶えること

◎再配達の削減、効率化

初回配達・または再配達をERYBOXへの荷物配達とすることで、現在社会的に課題となっている再配達問題の解決を図ります。

 

◎場所や時間に拘束されない、荷物受取

従来の荷物配達では配達時間の指定はできるものの、自宅や職場など配達先にて2~3時間程度待ち受けている必要があります。その間の時間を拘束されることへの窮屈さはもちろんですが、特に単身者においては「明日には必要で急ぎで受け取りたいが、日中は在宅できない」といった困りごとも発生します。

 

オープン型宅配ボックス「ERYBOX」への荷物配達では自分の都合の良いピンポイントでの時間・タイミングや、外出先に合わせた好きなエリアでの受け取りが可能となります。

 

マンションの宅配ボックスも増えてきていますが、未だ設置されていなかったり、戸数に対して数が少なくいつも埋まっている、というケースもある中で、ひとつの受け取り手段として機能します。店舗先や駐車場はもちろん、集合住宅などでもエントランス外部での設置を行うことにより、居住者も近隣住民も受け取りやすい立地の確保が可能です。

 

■今回の実証実験における提携・協力企業

◎設置ロケーション協力

森トラスト株式会社

 

過去発表した提携・協力企業情報は、過去のプレスリリースをご覧ください。

参考)

ERY JAPAN、東日本電信電話(株)、(株)エヌ・ティ・ティ・ル・パルクの協力のもと オープン型宅配ボックス「ERYBOX」を東京23区内に設置

https://www.value-press.com/pressrelease/212681

 

オープン型宅配ボックス「ERYBOX」佐川急便、ココネット(セイノーホールディングス)と連携 再配達回数の軽減に貢献

https://www.value-press.com/pressrelease/216941

 

この他提携・協力企業に関しては順次発表予定です。

 

■今後の展開

実証実験で挙げられた課題の改善・解決を行った後、台数及び提携するEC事業者や物流事業者の拡大を行います。都内外の自治体との取り組みも予定しています。

 

また、ERYBOXは「24時間可動しているスペース」として、通常の荷物受け取りに留まらない利用方法を広げていきます。物品の受け渡しやERYBOXの電源を拠点としたサービスなど、ERYBOXのスペースを利用した事業者様との提携を推進していきます。

 

■会社概要

ERY&CO. /ERY JAPAN LLC.

[Estonia headquarters]

ERY&CO.

Narva mnt 5, Kesklinna district, Tallinn city, Harju country, 10117

[Japan]

ERY JAPAN LLC.

〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1新宿フロントタワー20F

会長兼CEO 水口翼

社長兼COO 堀井翠

https://ery.co.jp/

 

サイブリッジグループ株式会社

メディア運営やソフトウェア開発などの事業を行うインターネット企業です。

本社:東京都新宿区北新宿2-21-1新宿フロントタワー20F

代表者:代表取締役 会長 水口 翼

事業内容:インターネット事業

https://www.cybridge.jp/

 

【本件へのお問い合わせ】

ERY JAPAN LLC.

インフォメーションセンター

info.ery@ery.co.jp

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

サイブリッジグループ

代表者名

水口翼

業種

ネットサービス

プレスリリース情報

ジャンル

運輸・交通

カテゴリ

提携

この企業の関連プレスリリース

オープン型宅配ボックス「ERYBOX」 (株)ヤマダ電機と連携 営業時間外にも、Web購入品の受け取りが可能に
! 2019年6月19日 8時
オープン型宅配ボックス「ERYBOX」佐川急便、ココネット(セイノーホールディングス)と連携 再配達回数の軽減に貢献
! 2019年3月18日 10時
ERY JAPAN、東日本電信電話(株)、(株)エヌ・ティ・ティ・ル・パルクの協力のもと オープン型宅配ボックス「ERYBOX」を東京23区内に設置
! 2018年12月7日 10時
サイブリッジグループ、幼児教室コペルの直営教室8拠点を事業譲受。全国で11教室を運営へ
! 2018年2月6日 9時
サイブリッジグループ、エストニアと日本でオープン型宅配ボックス事業参入の新規法人を設立。ICOによる資金調達を実施し都内を中心に初夏より1000台を無償設置
! 2018年1月29日 10時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る