プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,721社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

【景気を見るなら、GDPではなく、別指標で】 結局、景気は、良い?悪い? ~3分でわかる~各種の経済指標で判断。「2カ月連続悪化」6月7日発表の景気動向指数も

令和平成・消費者経済総研

! 2019年6月8日 9時

令和と平成の消費と経済を科学する「令和平成・消費者 経済 総研」(以下略称:消費者経済総研 東京都新宿区、代表:松田 幸治)は、掲題内容を掲出します。 2019年6月10日(月)に、内閣府からGDP 2019年1~3月期「2次速報」が発表されます。 5月20日の「1次速報」GDP成長率(季節調整済 前期比)は、実質で0.5%(年率2.1%)でした。 その中で「設備投資」に関しては、1次速報(5月20日)でマイナスであったのが、2次速報(6月10日)では、プラスへ変わると予想されます。 しかし、GDP全体の値では、大きな変化は、ないでしょう。 ところで、GDPは、経済の規模を表しますが、景気の良い・悪いを、表すとは、必ずしも言えません。 景気の良い・悪いは、どの指標を見ればいいのか? を今回掲載します。 【URL】http://retail-e.com/sihyou190608.html

■【 景気が、わかる指標 とは? 】

 

「GDP」の他に「景気動向指数(CI先行指数)」、「景気動向指数(CI一致指数)」、「景気動向指数(CI遅行指数)」、「日銀短観」、「日経平均株価」など、様々な経済指標があります。

 

GDPは、経済の規模を表しますが、景気の良い・悪いを表すとは、必ずしも言えません。

 

GDPも含め、上記の各種指標を、グラフにして並べてみました。

すると、「GDPグラフでの傾向」と「それ以外のグラフでの傾向」では、大きく異なる傾向が、見えてきます。

 

「結局、景気は、良いのか?・悪いのか?」→これが、見えてくるのが、上記の各種の指数のグラフです。

 

消費者経済総研の公式サイト内に、本件の特設ページを掲出しますので、詳細は、そちらをご覧下さい。

【URL】http://retail-e.com/sihyou190608.html

 

■【 3分でわかるシリーズ 開設の動機 】

 

チーフ・コンサルタントの松田優幸は、1987年に慶応大学の経済学部に入学して、4年間、経済学を研究していました。

 

研究開始の時の感想は「経済学の論文や文献は、よくわからない」でした。

 

その後、理解が進んだ後には「よくわかった。しかしなんで、わざわざ、わかりにくい表現をするのか?」との感想を持ちました。

 

昨今のメディアに登場する解説でも「わかりにくい」表現は、いまだ少なくない、と感じています。

そこで「3分でわかるシリーズ」を展開することで、多くの方々に「わかりやすく」お伝えしていく考えです。

 

※本リリースの内容には、注意を払っていますが、正確性・完全性・成立性・妥当性は、いずれも保証されず、内容の利用・活用には、利活用者の自らの判断・責任にて願います。

 

■【プロフィール】

 松田 優幸 (令和平成・消費者経済総研 チーフ・コンサルタント) 経歴

    

 

松田優幸が登壇の講演会の様子

 

満員・立ち見になりました

 

*1986年 私立 武蔵高校 卒業

 

*1987年 慶應義塾大学 経済学部 入学

経済学部で、

・マクロ経済学(GDP・失業率・インフレーション・投資・貿易収支等)

・ミクロ経済学(家計・消費者、企業・生産者、取引市場等)・労働経済学を専攻

経済学科「高山研究室」にて、貿易経済学・環境経済学を研究

 

*1991年 慶應義塾大学 卒業  東急不動産(株) 入社

 

*1997年 親会社の東急電鉄(株)へ逆出向  消費の現場である商業施設と街づくりの計画担当

 

*2000年 東急不動産 復職  各種の商業施設の企画開発・運営、接客等で消費の現場の最前線に立つ。

 

*2005年 東急不動産から、消費・商業・経済のコンサルティングをおこなう株式会社リテールエステートへ移籍し、14年間、全国の消費の現場を視察・調査。その数は多岐にわたる。

 

*現  在 令和平成・消費者経済総研 チーフ・コンサルタント

兼 リテール エステート リテール事業部長 (51歳)

 

【令和平成・消費者経済総研について】

■研究所概要

*所在地:東京都新宿区新宿6-29-20 *代表者:松田 幸治 *URL:http://retail-e.com/souken.html

*事業内容:平成・令和時代における消費者経済の調査・分析・予測のシンクタンク

■会社概要

「令和平成・消費者経済総研」は、株式会社 リテール エステート内の研究部署です。

 従来の「株式会社 リテール エステート リテール事業部 消費者経済研究室」を分離・改称し、設立しました。

*会社名:株式会社 リテール エステート *所在地:東京都新宿区新宿6-29-20 *代表者:松田 幸治

*設立:2000年(本年9月で設立20年目) *事業内容:商業・消費・経済のコンサルティング



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

令和平成・消費者経済総研

代表者名

松田幸治

業種

その他サービス

プレスリリース情報

ジャンル

その他サービス

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

【年金は、将来、減る どころか、増える!】みんなが 知らない 年金の真実
! 2019年6月18日 6時
【実は、日本の消費税は多い?】 高税率25%のスウェーデン・デンマーク・ノルウェーも抜く。 日本の【消費税収の多さの謎】とは? ~3分でわかる 消費税の実態~
! 2019年6月3日 18時
【 中身は悪い? GDP 】 1~3月期 速報。消費・設備投資・輸出 が 減少。しかし、輸入が減ったので、【2.1%成長】した謎とは?
! 2019年5月20日 17時
消費・経済の【3分でわかる】シリーズを開始。1997年・2014年の消費増税の影響を、わかりやすく解説
! 2019年5月17日 8時
【ジャンル別発表の 追加のお知らせ】 4/26既報の記者発表の 「ベスト・ランキング編 令和トレンド予測」に追加
! 2019年4月29日 8時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る