ハコスコ、VRを利用したブレインヘルス事業「GoodBrain」をスタート

株式会社ハコスコ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤井直敬、以下「ハコスコ社」)は、これまで観光・福祉・教育・不動産など、300社以上で使われてきたハコスコVRプラットフォームを利用し、代表藤井の専門である脳科学をベースに、健康促進と認知症や精神疾患などの予防をめざすブレインヘルス事業を始動します。

本ブレインヘルス事業は2つのサービスで構成され、シニア向けの「GoodBrain シニア」は本日より受付を開始、事業者を対象とした「GoodBrain ワーク」は今夏、サービス提供予定です。

 

「GoodBrain シニア」は登嶋健太氏(GoodBrainシニア プログラム開発者・チーフトレーナー/東京大学 先端科学技術研究センター所属)と開発した高齢者向け「VRレクリエーション」のプログラムを体系化したもので、すでに介護施設などで利用されております。VRレクリエーションの内容はVR旅行など、VRゴーグルと360度映像を使い、参加者がまるでその場を旅行しているかのように体験することで、記憶の想起や会話のきっかけづくり、運動を促進するもので、今後、高齢者施設や地方自治体などを通じて全国展開していきます。

 

全国展開にあたり、高齢者のICTスキル向上を通じ、安全でゆたかな高齢化社会の構築を目指す、一般社団法人アイオーシニアズジャパン(代表理事:牧壮)と連携し、各地でVRレクリエーションを開催できるトレーナーの育成も進めていきます。

 

 

「GoodBrainシニア」開発者・監修

 

「GoodBrainシニア」VRレクリエーション概要

URL: https://goodbrain.jp/

利用対象者: 高齢者向け施設、地方自治体

料金: 1回3万円〜(交通費・機材レンタル別途。6名以上、1人あたり1,000円/回)

お問い合わせ:https://goodbrain.jp/contact/

利用実績

介護付有料老人ホームカーサプラチナ草加、社会福祉法人 三篠会 ふれあいライフ原、医療法人財団 百葉の会 港区立虎ノ門高齢者住宅サービスセンター、介護付きサービス付き高齢者向け住宅 ラフェスタ吉川美南、DAM倶楽部中野、Umenoki Gardens Senior Home(米国 カルフォルニア州)など。

 

 

ハコスコ社では、今後も「現実を科学し、ゆたかにする」をミッションに、VR技術の研究開発と社会応用を通じ、ゆたかな未来社会の創造に貢献して参ります。

 

 

株式会社ハコスコについて

理化学研究所の理研ベンチャー制度により、2014年7⽉に創業。

VRゴーグル、VR配信、映像制作からなるVRソリューションを提供。

世界的な360度カメラメーカー「Insta360」の戦略パートナー・国内代表代理店として、VR映像制作の普及・発展に協力。2016年日本アドバタイザーズ協会 Webグランプリ WEB人賞、先進映像協会 グッドプラクティスアワード2016 奨励賞受賞、2014年グッドデザイン賞受賞。

・本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷

・代表取締役:藤井直敬

・設立:2014年7月

・資本金:182百万円(資本準備金含む)

・URL:http://www.hacosco.com/

・事業内容:VRソリューションの開発・提供

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社ハコスコ
代表者名 藤井 直敬
業種 エンタテインメント・音楽関連

コラム

    株式会社ハコスコの
    関連プレスリリース

    株式会社ハコスコの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域