プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数55,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

京都府舞鶴市、ワンコインで舞鶴の名産品を使ったメニューを提供!3月1日(金)から東京・有楽町で「おいしい舞鶴お味見フェア2019」を平日限定で開催!

舞鶴市

! 2019年2月15日 15時

京都府舞鶴市は、通常は首都圏で味わうことができない舞鶴の日本茶、和菓子、地酒、かまぼこ、漬物などを使ったメニューををワンコイン(500円)で提供する「おいしい舞鶴お味見フェア2019」を開催。場所は、有楽町駅から徒歩1分、有楽町ビル1階の「MARUNOUCHI TRAVEL LAB」(丸の内トラベルラボ)。期間は平成31年3月1日(金)~29日(金)までの月曜~金曜の平日限定。時間は15時~19時まで。昨年に続いて2回目の今回は、前回の開催時にお客様から寄せられた「舞鶴の地酒を飲み比べてみたい!」という要望にお応えし、純米酒(1合)と純米吟醸(1合)におつまみが付いた“お得”な特選メニュー「池雲 特選飲み比べセット」(税込800円)が新登場です!

平成31年2月15日

舞鶴市観光まちづくり室観光商業課

###############################

ワンコインで気軽に味わう!

海の京都・舞鶴の《地酒》と《銘茶》

「おいしい舞鶴お味見フェア2019」開催!

3月1日(金)~29日(金)まで、平日限定

千代田区・有楽町ビル1階 「MARUNOUCHI TRAVEL LAB」にて

“超お得”な特選メニュー!

「純米酒」(1合)と「純米吟醸」(1合)の「飲み比べセット」

新登場!

###############################

 京都府北部の日本海に面する海の京都・舞鶴市(市長:多々見

良三)は、移動ソリューションを提供するWILLER株式会社(代表

取締役:村瀨茂高、本社:大阪市北区)と協力し、昨年に続き、

東京で舞鶴の名産品や加工品をワンコインで提供する「おいしい

舞鶴お味見フェア2019」を、JR・東京メトロ有楽町線「有楽町駅」

から徒歩1分、有楽町ビル1階の「MARUNOUCHI TRAVEL LAB」

(丸の内トラベルラボ)で開催します。

 期間は平成31(2019)年3月1日(金)~29日(金)までの

月曜~金曜の平日限定。ただし、3月15日(金)、21日(木・祝)

を除きます。時間は15時~19時まで。

【ワンコインメニュー:税込500円】
「純米吟醸」(1合)におつまみが付いた
「グイっと一杯 舞鶴地酒セット -純米吟醸 池雲 祝-」

 

 「おいしい舞鶴お味見フェア2019」は、流通量が少ないために

通常は首都圏で味わうことができない舞鶴の日本茶、和菓子、

地酒、かまぼこ、漬物などを使ったメニューを提供し、首都圏の

人々に舞鶴の“おいしいもの”を“気軽”に味わっていただくミニ

グルメイベントで、今回が2回目です。首都圏に向けて“海の京都・

舞鶴”の魅力や歴史を訴求する「来てーな舞鶴2019キャンペーン」

の一環として行います。

※「来てーな」とは、「来てください!」「おいでよ!」という

舞鶴の方言です。

 

 今回のメニューは、ワンコインメニュー(税込500円)として、

舞鶴茶(煎茶)と和菓子がセットになった和スイーツセット

「癒しの一服 舞鶴茶セット」と、舞鶴市内で唯一の造り酒屋・

池田酒造の「池雲(いけくも)」ブランドの地酒(1合)と

おつまみをセットした「グイっと一杯 舞鶴地酒セット」

用意します。

【ワンコインメニュー:税込500円】
舞鶴茶と銘菓「鶴の里」をセットにした「癒しの一服 舞鶴茶セット」

 

 地酒は、前回も提供した「純米酒」と今回新たに用意した「純米

吟醸」2種類から好みの地酒が選べます。また1合400円(税込)

で地酒のお代わりができます。

ワンコインメニュー「グイっと一杯 舞鶴地酒セット」で選べる地酒
(写真左:純米酒 池雲、右:純米吟醸 池雲 祝)

 

 さらに今回は、前回の開催時にお客様から寄せられた「舞鶴の

地酒を飲み比べてみたい!」という要望にお応えし、

純米酒(1合)と純米吟醸(1合)におつまみが付いた“お得”な

特選メニュー「池雲 特選飲み比べセット」(税込800円)が

新登場します!

日本酒好きな方には、ぜひお試しいただきたいメニューです。

【特選メニュー:税込800円】
「純米酒」(1合)と「純米吟醸」(1合)と「おつまみ」がセットになった
「池雲 特選飲み比べセット」

 

【提供メニューの概要】

 《ワンコインメニュー:税込500円》

■「癒しの一服 舞鶴茶セット」

 「癒しの一服 舞鶴茶セット」は、葉薄で透き通るような薄緑色の

色合いが特長の「舞鶴茶」と、地元では贈答品や進物品に使われる

和菓子・鶴の里和スイーツセットです。

 

 舞鶴茶は、京都府内でも高級茶の優良産地で知られる市内西部

地区を南北に流れる一級河川・由良川(ゆらがわ)流域で栽培され、

摘み取った茶葉の多くを宇治茶の原料として出荷しています。

市内で栽培から袋詰めまで一貫生産する煎茶は、基本的に生産量が

少なく、主に市内で消費されてしまうため、首都圏で味わえるのは

珍しいことです。

 西舞鶴の和菓子店・双鶴庵(そうかくあん)の銘菓「鶴の里」は、

長さ約20cmの棒状の和菓子で、『舞鶴』にちなんで名づけられ

ました。切り口を丹頂鶴に見立て、三角形の羊羹で頭と口ばし

表面に巻いた羽二重餅で白い羽を表現しています。

 通常は食べやすい大きさに切り分けますが、「鶴の里」の

美味しさを十分に堪能していただくために、今回もかなり厚めに

切り分けて提供します。

 なお、お湯は保温ポットに入れ、茶葉は急須に入れて提供します。

お茶の香りを楽しみたい、深みを味わいたいなど、自分の好みに

あわせた飲み方をお楽しみください。

「癒しの一服 舞鶴茶セット」(税込500円)

 

■「グイっと一杯 舞鶴地酒セット」

 「グイっと一杯 舞鶴地酒セット」は、枡とグラスを組み合わせた

枡酒スタイルで提供する、市内唯一の造り酒屋・池田酒造の自社

ブランド「池雲」の地酒1合(常温)に、舞鶴ならではの

おつまみ2品が付いて、仕事帰りの“ちょい呑み”にオススメ

セットメニューです。

 

 前回の地酒は純米酒だけでしたが、今回は少し辛口の「純米酒」

に加え、舞鶴で栽培される酒造好適米「祝(いわい)」を100%

使用した、柔らかな味わいの「純米吟醸」を新たに用意しました。

 地酒にあわせるおつまみは、特許庁の地域団体商標を平成18

(2006)年に取得したブランドかまぼこ「舞鶴かまぼこ」

舞鶴市佐波賀(さばか)地区が発祥で、京の伝統野菜に認定された

「佐波賀だいこん」を3種類の醤油で漬け込んだ「岸壁たまり漬」

の2品を用意しました。前回と同じ組み合わせですが、「おつまみ

同士の相性が良い、お酒が進む!」「絶妙な取り合わせ!」と

いったお客様の意見を反映しました。

「グイっと一杯 舞鶴地酒セット -純米酒 池雲-」(税込500円)

 

 「舞鶴かまぼこ」は、上面が白色、側面は紅色(ピンク色)の

「塗りかまぼこ」と、蒸してから表面を焼いた「焼きかまぼこ」を

厚切りにして提供します。新鮮な魚の『生のすり身』をふんだんに

使い、独自の2段階蒸し上げ方法によるシコシコ・ぷりぷりの

歯ざわりと共に、かまぼこ本来の風味を楽しんでください。

 また「佐波賀だいこん」は、水分が少なく、身が引き締まって、

煮崩れしにくいことから、煮物やおでん種に最適な舞鶴特産の

ブランド野菜。葉も美味しくいただけます。「岸壁たまり漬」は

塩漬けから味付けまで水を一切使わず、樽の中でじっくり熟成させた

醤油味のたくあんで、冬の季節限定商品です。

 

 

《特選メニュー:税込800円》

■「池雲 特選飲み比べセット」

 「池雲 特選飲み比べセット」は、前回開催時に「舞鶴の地酒を

飲み比べてみたい!」「純米酒以外の地酒も味わってみたい!」と

いったお客様から寄せられた要望にお応えして、今回、新メニュー

として登場するものです。

 

 地酒は池田酒造の「池雲」ブランドの「純米酒」1合と「純米

吟醸」1合を常温で、「地酒セット」と同様に、枡とグラスを

組み合わせた枡酒スタイルで提供します。

 おつまみも、厚切りの「塗りかまぼこ」と「焼きかまぼこ」

ほか、濃厚なたまり醤油・濃口醤油・旨味醤油の3種類をブレンド

した醤油にじっくり漬け込んだ佐波賀だいこんの「岸壁たまり漬」

を用意しています。

ぐびぐびと豪快に飲むのも、ちびちびと味わって飲むのも良し!

東京・有楽町で舞鶴の“隠れた銘酒”をお楽しみください!

 

 【舞鶴のおいしいもの ミニ情報】

■舞鶴市内で唯一の造り酒屋・池田酒造

 明治12(1897)年に創業した池田酒造は、昭和の末期に自家

醸造を中止しましたが、約10年前に酒づくりを本格的に復活。

毎日飲んでも飲み飽きない食中酒、飲むと笑顔になるお酒を造る

ことを目指し、地元産の米にこだわって、平成30(2018)年から、

純米酒だけの酒蔵になりました。

 

■魚のまち・舞鶴を代表する「舞鶴かまぼこ」

 舞鶴かまぼこは、地元・舞鶴では頻繁に食卓にあがるお馴染みの

食品であり、手土産の定番として、また年末年始の贈答用に多く

利用されます。地元に愛されている「舞鶴かまぼこ」は、

“魚のまち・舞鶴”ならではの自慢の名産品です。

 

■舞鶴特産のブランド野菜・佐波賀だいこん

 佐波賀だいこんは、栽培期間が長く、葉は枚数が多くて大きく、

ボリュームがあって、地表にタンポポのように広がって育つため、

収穫に労力を必要とすることから、次第に生産者が減少。昭和33年

頃に栽培が途絶えましたが、舞鶴固有の野菜を復活させたいという

機運が盛り上がり、平成24(2012)年から本格的に生産が

復活しました。

 

【「おいしい舞鶴お味見フェア」概要】

催事名称            

 「おいしい舞鶴お味見フェア2019」

  ※今回が2回目の開催

  (前回は2018年2月中旬~3月末まで実施)

内 容            

 舞鶴市が、首都圏に向けて“海の京都・舞鶴”の魅力や歴史を訴求

 する「来てーな舞鶴2019キャンペーン」の一環として、普段は

 都内で味わうことが難しい“海の京都・舞鶴”の銘茶・銘菓・

 地酒・加工品を、気軽にワンコイン(500円)で“お味見”できる、

 期間限定のミニグルメイベントを実施します。

場 所            

 MARUNOUCHI TRAVEL LAB(丸の内トラベルラボ)

  所在地:

  〒100-0006東京都千代田区有楽町1-10-1有楽町ビル1階

  電  話:050-5862-5250

  最寄駅:JR・東京メトロ有楽町線「有楽町駅」下車 徒歩1分

期 間            

 平成31(2019)年3月1日(金)~3月29日(金)までの平日限定

  ※3月15日(金)、21日(木・祝)を除く

時 間            

 15:00~19:00

提供メニュー・価格(全品税込)

《ワンコインメニュー:500円》

 ■「癒しの一服 舞鶴茶セット」

 ・薄葉の茶葉で、ほどよい甘みと渋みをあわせ持つ舞鶴茶

  (煎茶)と、「舞鶴」の名にちなんだ和菓子「鶴の里」の

  和スイーツセット。

 ・お茶は保温ポットに入れ、茶葉は急須に入れてお出しします。

 ■「グイっと一杯 舞鶴地酒セット」

 ・地酒「池雲」(1合、常温)と、おつまみの「舞鶴かまぼこ」

  「岸壁たまり漬」をセットにしました。

  枡酒スタイルでお楽しみください。

 ・地酒は、「純米酒 池雲」または「純米吟醸 池雲 祝」の

  どちらかを、お選びください。

《特選メニュー:800円》

 ■「池雲 特選飲み比べセット」

 ・「池雲 純米酒」(1合)と「純米吟醸」(1合)に、

  相性ピッタリの「舞鶴かまぼこ」「岸壁たまり漬」がセットに

  なって、舞鶴の地酒・池雲の飲み比べができる

  “超お得”なセットメニュー。

《地酒のおかわり:1合400円》

 ・「純米酒」または「純米吟醸」のどちらでも同額料金

  ※おつまみは付きません。

主 催            

 舞鶴市

 舞鶴観光協会

 (一般社団法人京都府北部地域連携都市圏振興社 舞鶴地域本部)

共 催            

 WILLER株式会社

一般からのお問い合わせ先(会期中)

 MARUNOUCHI TRAVEL LAB(丸の内トラベルラボ)

 電話:050-5862-5250(平日のみ、10:00~19:00)

前回(2018年2月中旬~3月末)開催した時の様子①

 

前回(2018年2月中旬~3月末)開催した時の様子②

 

※舞鶴観光の情報は「まいづる観光ネット」を参照してください。

 http://www.maizuru-kanko.net/

※状況によって、内容を変更・中止する可能性があります。

 予めご了承ください。

 

※参考:舞鶴市の紹介

 舞鶴市は、縄文時代から交易の要所として繁栄し、明治34

(1901)年の舞鶴鎮守府(旧海軍の統括機関、初代司令官庁は

東郷平八郎)の開庁以来、日本海側で《唯一の軍港都市》として

発展してきました。

 市内は、戦国武将・細川幽斎が築いた田辺城の城下町として古い

町並みが残る「西地区」。平成28年度の「日本遺産」に認定された

旧海軍ゆかりの「赤れんが倉庫群」など、近代化遺産が数多く残る

「東地区」を中心に形成されています。

 現在、市内沿岸部には海上自衛隊舞鶴地方総監部、第八管区海上

保安本部が設置され、「海上自衛隊」と「海上保安庁」の拠点が

同一の市に設置されている《全国で唯一》の都市です。

 また、舞鶴市は戦後13年間にわたり、海外から約66万人の

引揚者を迎え入れた「引き揚げのまち」でもあり、平成27(2015)

年10月、舞鶴市が所蔵するシベリア抑留と引き揚げに関する資料

570点がユネスコの「世界記憶遺産」に登録されました。

 市は、70年以上前に舞鶴港に引き揚げてきた日本人抑留者の、

旧ソ連時代のウズベキスタン(平成3年独立、現在はウズベキスタン

共和国)における実直で勤勉な仕事ぶりが「縁」となり、平成29

(2017)年11月、同国の2020年東京オリンピック・パラリン

ピック競技大会の「ホストタウン」として、レスリングと柔道の

2競技の事前合宿が決定しました。

 

アクセス:

《電車》

 JR京都駅から山陰本線、舞鶴線でJR西舞鶴駅まで約1時間40分

 (特急利用)

《車》

 京都から京都縦貫自動車道・舞鶴若狭自動車道で

 西舞鶴ICまで約100km

《高速バス》

 京都から直通で約1時間50分。

 大阪(梅田)から直通で約2時間10分。

人口:80,781人(平成31年1月1日現在の推計人口)

面積:342.12k㎡(平成29年4月1日現在)

市長:多々見良三(たたみ・りょうぞう)

舞鶴市の地図

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

舞鶴市

代表者名

多々見良三

業種

国・自治体・公共機関

プレスリリース情報

ジャンル

旅行・観光・地域情報

カテゴリ

告知・募集

この企業の関連プレスリリース

京都府舞鶴市、「ゴールデンウィーク舞鶴来てーなキャンペーン」実施!10連休のGWは海の京都・舞鶴で“日替わり”の体験プログラムや親子イベントを楽しもう!
! 2019年4月17日 11時
京都府舞鶴市、舞鶴最大の観光スポット・舞鶴赤れんがパークにコワーキングスペースを設置!“仕事をしに旅にでる”新しい働き方を提案!
! 2019年3月29日 15時
京都府舞鶴市、3月16日(土)から「海軍ゆかりの港めぐり遊覧船」運航開始!今年はインターネット事前予約制を導入。当日午前8時まで予約可能!
! 2019年3月15日 14時
京都府舞鶴市、舞鶴のさかなの美味しさをアピール!市外の8店舗が「京都・舞鶴のさかな食事処」に登録!
! 2019年3月6日 11時
京都府舞鶴市、舞鶴の絶景・観光スポット・ご当地グルメの写真投稿を呼びかけ!日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進協議会のインスタグラムを使った写真キャンペーン
! 2019年2月7日 11時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る