大正時代に建てられた古民家に新たな価値を。つながる古民家「隠居屋 IN kyo-ya」にてレンタルスペース(時間貸し)を開始します。(千葉県松戸市)

omusubi不動産は、千葉県松戸市の古民家を改装したスペース「隠居屋 IN kyo-ya」のレンタルスペース(時間貸し)を開始しました。大正時代の建物がもつ趣のある雰囲気、土間や和室・縁側などの充実したスペース、広くて設備が整ったキッチンなど、一般の方や企業の方に広くご利用いただけます。過去3回に渡り、それぞれ趣向の異なるイベントを開催し、各回多くの来場者を集めました。「古き良きものを後世に残したい」という想いを込めた、古民家活用に取り組む新たなスペースです。

 

おこめをつくる不動産「omusubi不動産」(千葉県松戸市)は、千葉県松戸市の古民家を改装したスペース「隠居屋 IN kyo-ya」のレンタルスペース(時間貸し)を開始しました。

 

大正時代に建てられ、関東大震災にも耐えたという立派な古民家を改装したスペース「隠居屋 IN kyo-Ya」は、地域の人々やクリエイター、アーティストなど、様々な人がつながる場をコンセプトにしています。

 

大正時代の建物がもつ趣のある雰囲気、土間や和室・縁側などの充実したスペース、広くて設備が整ったキッチンなどを広く一般の方にもご利用いただけます。(詳細情報はhttp://www.omusubi-estate.com/?b=inkyoyaからご確認ください)

 

過去3回に渡り地域とつながる場として活用する方法の検証として、趣向の異なるイベントを開催しました。利用方法に関しましては、お気軽にomusubi不動産までお問い合わせください。

 

---------------

【過去実施イベント】

第1回:2018年6月16日(土) トークイベント「古民家お座敷フォーラム~古民家×リノベ=コミュニティ~」

古民家活用やコミュニティづくりに関わるスペシャルゲストを迎えたトークイベントを実施しました。また、珈琲と音楽で心地よい空間をつくることをテーマに活動されているSunniy’s coffee&musicさんより、ドリンクが振る舞われました。

ゲストスピーカー:植原正太郎(NPO法人グリーンズ / greenz.jp 事業統括理事 )、大高健志(MotionGallery代表)、殿塚建吾(omusubi不動産代表)

http://www.omusubi-estate.com/?p=16257

 

第2回:2018年7月21日(土)ライブと料理イベント「古民家ジャズキッチン」

ベルリンを拠点に活躍するコンテポラリー・ジャズ・トリオ「kokotob」が、松戸の古民家でコンサート。フード・ユニット「Teshigoto」によるフード・ドリンクとともに、素敵な食と音楽を楽しめるイベントとなりました。

http://www.omusubi-estate.com/?p=17019

 

第3回:2018年9月29日(土)古民家マルシェ

雑貨やフード、ドリンクなど、周辺地域で活躍する多彩なお店が一堂に集いました。

出店:あみぐるみpechka(あみぐるみ)  / gallery&cafe雨讀-udoku(焼き菓子)  /  TABELL(マクロビオティックランチ)  / チーサ(天然フルーツ酵母パン・ベーグル) /

Tokoa coffee(オルゴールを聞かせて焙煎したコーヒー豆の販売) / nakwach(暮らしの古道具と雑貨) / Nabe’s(革小物)  / ym.(コーヒーとキッシュランチ) 

http://www.omusubi-estate.com/?p=18292

---------------

 

■物件情報

・物件名:隠居屋 IN kyo-Ya

・住所:〒270-0065 千葉県松戸市南花島中町196

・アクセス:

>徒歩の場合

JR常磐線・新京成線 松戸駅より徒歩18分

JR常磐線各駅停車 北松戸駅より徒歩11分

>バスの場合

JR常磐線・新京成線 松戸駅東口「松12 県立松戸高校行」

または「松13 総合医療センター行」に乗車、「花島」下車 、徒歩2分

・URL:

(omusubi不動産)http://www.omusubi-estate.com/?b=inkyoya

 

■主催

・隠居屋 IN kyo-Ya

大正時代に建てられ、関東大震災にも耐えたという立派な古民家を改装したスペース。地域の人々やクリエイター、アーティストなど、様々な人がつながる場をコンセプトにしています。レンタルスペース(時間貸し)のご利用のほか、ライブやマルシェ、ワークショップやトークなどのイベントや、地域に開かれた子ども食堂などを開催中。

・omusubi不動産

おこめをつくる不動産屋。「自給自足できる街をつくろう」をコンセプトに、顔が見えている人と暮らしを築きたいという理由から、入居者や街の方々と一緒に田んぼや稲刈りをしています。DIY可能物件を扱いながら、市川市初のシェアアトリエ「123ビルヂング」や浅草雷門の古ビルを再生したクリエイティブスペース「KAMINARI」、築60年の社宅をリノベーションした「せんぱく工舎」など多くのシェアアトリエを運営。空き家をつかったまちづくりと田んぼをきっかけにした入居者との暮らしづくりに取り組んでいます。

 

■本件に関するお問い合わせ

omusubi不動産(担当:原田・関口)

http://www.omusubi-estate.com/

TEL:047-710-0628 info@omusubi-estate.com

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 omusubi不動産
代表者名 殿塚建吾
業種 不動産

コラム

    omusubi不動産の
    関連プレスリリース

    omusubi不動産の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域