京都府舞鶴市、舞鶴の絶景・観光スポット・ご当地グルメの写真投稿を呼びかけ!日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進協議会のインスタグラムを使った写真キャンペーン

京都府舞鶴市は、日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進協議会が主催するインスタグラムを使った写真キャンペーン「#hellojapansea オススメ日本海 紹介キャンペーン」の賞品に舞鶴の特産品を提供。3月15日(金)まで応募受付中の同キャンペーンに、舞鶴で撮影した観光スポット、旧海軍にちなんだ海軍グルメ、季節の新鮮食材が味わえる名物料理などの写真投稿を呼びかけています。

平成31年2月7日

舞鶴市観光まちづくり室観光商業課

###############################

《海軍ゆかりのまち・舞鶴》

舞鶴の絶景、ご当地グルメや名物料理の写真で応募しよう!

「#hellojapansea オススメ日本海 紹介キャンペーン」

3月15日(金)まで投稿受付中!

###############################

 京都府北部の日本海に面する舞鶴市(市長:多々見良三)は、

市が有する“海軍ゆかりのまち”“旬の特鮮さかなの街”の魅力を

全国に訴求する観光誘客プロモーション活動に取り組んでいます。

このほど、日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進協議会が主催

する「#hellojapansea オススメ日本海 紹介キャンペーン」

賞品に舞鶴の特産品を提供し、舞鶴の観光スポット、旧海軍にちな

んだ海軍グルメ、季節の新鮮食材が味わえる名物料理などの写真で

本キャンペーンへの応募を呼びかけています。

舞鶴の特産品をセットにした「日本海のとっておき」賞

 

 「#hellojapansea オススメ日本海 紹介キャンペーン」は、

日本海沿線でおすすめの観光スポットや、ご当地グルメや名物など

の食事、おもしろいイベントなどの写真にハッシュタグを付けて、

スマートフォン向けの写真共有アプリ「Instagram」に投稿する

キャンペーンです。

 応募期限は本年(2019年)3月15日(金)まで。投稿はキャン

ペーン開始前に撮影した写真でも応募可能で、1人何回でも応募

できます。

 

 賞品は、舞鶴市を含む対象エリア内の宿泊施設に宿泊できる

10万円分と5万円分の宿泊権利が当たる「日本海へご招待」賞

ほか、「日本海のとっておき」賞では参加自治体の特産品、

「日本海を応援」賞は移動に使えるクーポンなどがあり、抽選で

合計109名様に当たります。

 舞鶴市では、舞鶴の特産品や名産品をプレゼントする「日本海の

とっておき」賞として、“海軍ゆかりのまち”にちなんだレトルト

カレー「海軍さんのカレー」と「まいづる海軍金曜日カレー」

スパイシーなカレー味がクセになる「舞鶴カレーせんべい」

舞鶴が発祥の地といわれる『肉じゃが』の風味が楽しめる「京都

舞鶴肉じゃがチップス」のほか、舞鶴産の天然ワカメを乾燥させた

「舞鶴乾わかめ」の5点をセットにした賞品を10名様分用意しました。

 

 今回のキャンペーンで“オススメ”したい写真撮影スポットは、

100年以上前、旧海軍が建てた赤れんが造りの倉庫が並ぶ東舞鶴

地区の「舞鶴赤れんがパーク」です。日本遺産の構成文化財でも

ある人気の観光スポットで、ノスタルジックな雰囲気は訪れる

人々を明治時代にタイムスリップさせてくれます。

“海軍ゆかりのまち・舞鶴”を象徴する「舞鶴赤れんがパーク」

 

 また、舞鶴市のほぼ中央に位置する海抜301mの五老岳(ごろう

がたけ)の頂上から見渡す舞鶴湾の眺望は、「近畿百景」の

第1位に選ばれた絶景スポット。晴れた日はもちろんのこと、曇天

でも雨天でも、趣のある眺望が楽しめます。西舞鶴地区では、戦国

武将・細川幽斎(細川藤孝)が隠居のために築城した「田辺城」

は、天下分け目の「関ヶ原の戦い」の前哨戦の場となった城で、

当時、内堀があった場所に復元された城門(大手門)や、多くの

寺社が残る城下町ならではの街並みは、魅力あふれる町歩きコース

となっています。

「近畿百景」第1位に選ばれた五老岳山頂から見下ろす舞鶴湾

 

戦国武将・細川幽斎が建てた「田辺城」の内堀跡に復元された城門

 

 海軍ゆかりのまち・舞鶴のご当地グルメとして、海上自衛隊舞鶴

地方総監部に所属する各艦艇、部隊、学校のオリジナルレシピを

使った「まいづる海自カレー」が、平成29(2017)年から市内の

飲食店で提供されるようになりました。今年度は、本年(2019年)

3月31日(日)まで市内12店舗で味わえ、各店舗を巡りオリジナル

カレースプーンなどがもらえるスタンプラリーも実施中です。

 また、日本海に面する舞鶴市は、新鮮で豊富な魚介類が獲れる

港町です。京都府内で漁獲量が最も多い舞鶴漁港には、冬を代表

する “ブランドかに”の「舞鶴かに」やサワラ、ブリなどが水揚げ

され、市内の飲食店では旬の魚料理が楽しめます。

特に、2月~3月は、市内の飲食店で舞鶴特産のマガキを使った

ご当地丼「舞鶴かき丼」カキ料理を期間限定で提供しています。

今年度の「まいづる海自カレー」のスタンプラリー用台紙

 

舞鶴市内の各店舗でオリジナルの味が楽しめる冬のご当地丼「舞鶴かき丼」①(写真はイメージ)

 

舞鶴市内の各店舗でオリジナルの味が楽しめる冬のご当地丼「舞鶴かき丼」②(写真はイメージ)

 

 舞鶴の観光スポットや町歩きで見つけた素敵な風景や、美味しさ

がギュッと詰まった舞鶴の冬の味を、舞鶴で撮影して、3月15日

(金)までに「#hellojapansea オススメ日本海 紹介キャン

ペーン」に投稿してみてはいかがでしょうか。

 

※本キャンペーンの詳細は、キャンペーン・サイト

https://japansea.jp/japansea-campaign.html)を参照してください。

※舞鶴市は、日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進協議会の

発起人として、日本海沿線を縦断的に移動する観光軸を創出し、

経済発展を目指しています。

 

【「#hellojapanseaオススメ日本海 紹介キャンペーン」 概要】

催事名称         

 「#hellojapansea オススメ日本海 紹介キャンペーン」

主催         

 日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進協議会

  公式サイト:https://japansea.jp/

キャンペーン・サイト

 https://japansea.jp/japansea-campaign.html

賞品と人数       

 ●「日本海へご招待」賞:合計3名様

  ・対象エリアでの宿泊権利10万円分:1名様

  ・対象エリアでの宿泊権利5万円分:2名様

  ※舞鶴市は対象エリアです。

 ●「日本海のとっておき」賞:合計80名様

  舞鶴市をはじめ、日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進

  協議会に参加する新潟市、敦賀市、豊岡市、佐渡市、加賀市、

  長浜市、宮津市の特産品(3,000円程度):各市10名様

  ※舞鶴市では、海軍さんのカレー、まいづる海軍金曜日カレー、

   舞鶴カレーせんべい、京都舞鶴肉じゃがチップス、舞鶴

   乾わかめをセットにして、10名様分ご用意しています。

 ●「日本海を応援」賞:合計26名様

  日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進協議会に参加の

  団体から提供された賞品

応募期間         

 平成30(2018)年12月20日(木)~

 平成31(2019)年3月15日(金)

応募方法         

 (1)Instagramのアプリをインストールしてアカウント

   (@hellojapansea_official)をフォローする。

 (2)ハッシュタグ(#hellojapanseaと#○○市/撮影した

   市町村名)を付ける。

 (3)タグ付け(hellojapansea_official)をして写真を投稿して

   ください。

   投稿時は、撮影場所の市町村名、ひと言コメント

   (オススメのポイントなど)を記載してください。

 (4)当選者への連絡は、Instagramダイレクトメッセージで

   届きます。

応募規約(抜粋)

 ●1人何回でも応募可能です。

 ●キャンペーン開始前に撮影した写真でも応募可能です。

当選発表(抜粋)

 ●当選は1人1回です。

 ●当選通知の発信は、平成31(2019)年3月下旬頃を予定して

  います。

 ●当選通知受信後、3日以内に、当選者の連絡先、賞品の届け先

  など、必要事項を指定の方法で連絡してください。

  期限内に連絡がない場合は、当選が無効となります。

 ●賞品の発送は日本国内に限ります。

 ●当選の権利は当選者本人のみ有効です。

  当選譲渡・換金はできません。

一般からの問い合わせ先

 日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進協議会

 E-Mail:support@japansea.jp

 WEBサイト:https://japansea.jp/

 

※舞鶴観光の情報は「まいづる観光ネット」を参照してください。

 http://www.maizuru-kanko.net/

※状況によって、内容を変更・中止する可能性があります。

 予めご了承ください。

 

※参考1:

日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進協議会とは

 日本海側に位置する「新潟市」「敦賀市」「舞鶴市」「豊岡市」

と「WILLER株式会社」の5者が発起人となり、日本海沿線を結ぶ

新たな観光ルートをつくることで交流人口を増やし、日本海沿線の

経済発展を目指して、平成30(2018)年4月26日に発足。

 「佐渡市」「加賀市」「長浜市」「宮津市」の参画も経て、

現在、自治体8市、企業および団体89社、オブザーバー3者が参加

しています。

 

※参考2:舞鶴市の紹介

 舞鶴市は、縄文時代から交易の要所として繁栄し、明治34

(1901)年の舞鶴鎮守府(旧海軍の統括機関、初代司令官庁は

東郷平八郎)の開庁以来、日本海側で《唯一の軍港都市》として

発展してきました。

 市内は、戦国武将・細川幽斎が築いた田辺城の城下町として古い

町並みが残る「西地区」。平成28年度の「日本遺産」に認定された

旧海軍ゆかりの「赤れんが倉庫群」など、近代化遺産が数多く残る

「東地区」を中心に形成されています。

 現在、市内沿岸部には海上自衛隊舞鶴地方総監部、第八管区海上

保安本部が設置され、「海上自衛隊」と「海上保安庁」の拠点が

同一の市に設置されている《全国で唯一》の都市です。

 また、舞鶴市は戦後13年間にわたり、海外から約66万人の

引揚者を迎え入れた「引き揚げのまち」でもあり、平成27(2015)

年10月、舞鶴市が所蔵するシベリア抑留と引き揚げに関する資料

570点がユネスコの「世界記憶遺産」に登録されました。

 市は、70年以上前に舞鶴港に引き揚げてきた日本人抑留者の、

旧ソ連時代のウズベキスタン(平成3年独立、現在はウズベキスタン

共和国)における実直で勤勉な仕事ぶりが「縁」となり、平成29

(2017)年11月、同国の2020年東京オリンピック・パラリン

ピック競技大会の「ホストタウン」として、レスリングと柔道の

2競技の事前合宿が決定しました。

 

アクセス:

 《電車》JR京都駅から山陰本線、舞鶴線でJR西舞鶴駅まで

     約1時間40分(特急利用)

 《車》京都から京都縦貫自動車道・舞鶴若狭自動車道で

    西舞鶴ICまで約100km

 《高速バス》京都から直通で約1時間50分。

       大阪(梅田)から直通で約2時間10分。

人口:80,781人(平成31年1月1日現在の推計人口)

面積:342.12k㎡(平成29年4月1日現在)

市長:多々見良三(たたみ・りょうぞう)

舞鶴市の地図

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 舞鶴市
代表者名 多々見良三
業種 国・自治体・公共機関

コラム

    舞鶴市の
    関連プレスリリース

    舞鶴市の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域