プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数54,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

Openet、日本市場でのビジネスを拡大

株式会社エム・アンド・エル

! 2019年1月10日 11時

国内のビジネス展開を推進するためにマネジメントとセールスチームを強化

2019年1月10(木)東京発 – デジタルビジネスプラットフォームの先進プロバイダであるOpenet Japan(オープネット)は本日、日本市場での事業拡張に伴い、新たにマネジメントおよびセールスチームを強化したことを発表しました。

 

Openet Japanのカントリーマネージャーとして松冨 貴子(まつとみ たかこ)が就任しました。前職はエリクソンのICTセールス担当バイスプレジデントを務め、今後日本市場においてOpenetの専門サービスの普及および事業の拡大に注力していきます。また、セールスディレクターとして野村 嘉宏(のむら よしひろ)が起用され、国内のサービスプロバイダに対してOpenetソリューションの訴求と利用の促進に努めていきます。前職は同じくエリクソンでソフトバンクのBSS(Business Support Systems)ビジネスユニットを担当していました。

 

同じくOpenet Japanのシニアビジネスエグゼクティブとして高木 修(たかぎ おさむ)が就任し、役員レベルの関係構築を担当します。前職はグーグルやエリクソンなど、国内の著名なICT企業で活躍しました。

 

OpenetのAPAC地域担当バイスプレジデントのJason Buckalew(ジェイソン・バッカリュー)は次のようにコメントしています。

「Openetは日本市場で長年にわたる実績を保有しています。私たちはいくつかの先進サービスプロバイダに対してポリシーおよび課金ソリューションを提供してきました。今後はデジタル化の促進と5Gの導入により、さらなるビジネスが見込めるものと考えています。この機会を逃さないためにも国内のオペレーションに投資し、日本のお客様にご提供できるソリューションをさらに充実させていく予定です。私たちのデジタルビジネスプラットフォームは著しい成長をみせており、BSSのトランスフォーメーションも加速しています。また、通信業界のビジネスモデルの移行およびBSSに対する旧来のアプローチからの脱却は、日本市場においてOpenetに大きなチャンスがあることを意味しています。」

 

(Openet Japan カントリーマネージャー 松冨 貴子)

「国内のサービスプロバイダがデジタルトランスフォーメーションを加速させ、5Gに備える上でOpenetは大いに貢献できるソリューションをご用意しています。Openetに参加できたことは大変喜ばしいことであり、今後日本市場での成長を牽引していきたいと思います。」

 

OpenetはデジタルBSSに対する新たなアプローチを元に、今後も業界を刷新するディスラプティブ(創造的破壊)な道を切り拓いていく予定です。Openetのデジタルビジネスプラットフォームは、最近ではTelecom Asiaの「Readers’ Choice Awards(読者投票によるアワード)」およびBSSのイノベーションが評価された「World Communications Awards(通信業界における著名なアワード)」を受賞しました。

 

Openetに関する詳細はこちらをご覧下さい。

https://www.openet.com/openet_japan

 

Openet について

Openet が提供するソフトウェアソリューション/サービスは、サービスプロバイダがデジタルサービスから新たな収益源を創出し、顧客エンゲージメントを向上させることを可能にします。Openet のデジタルビジネスプラットフォームにより、サービスプロバイダはアジリティを高め、イノベーションを推進し、価値創出までの時間を短縮することができます。Openet が絶対的に支持するのは、お客様に価値とメリットをもたらすオープンなソリューションです。反対に全く支持できないのは、通信業界に特有のベンダーロックイン、そしてベンダーが最優先されるアプローチです。Openet はお客様との連携の下、価値を創出し、変化を可能にする革新的ソリューションを提供しています。1999 年の設立以来、Openet は通信ソフトウェアの開発とイノベーションの最前線に立っています。最も進歩的で要求の厳しい世界中の最大手通信事業者と長期にわたって構築してきた関係こそOpenet の成功の象徴です。詳細はhttps://www.openet.com/openet_japanをご覧ください。

 

 

【取材に関するお問合せ先】

株式会社エム・アンド・エル(PR代行)

担当:高橋

openet@mlrev.co.jp

 

【製品/サービスに関するお問合せ先】

Openet Japan

〒107-0061

東京都港区北青山3-6-7

青山パラシオタワー11階

TEL:03-5778-7825

info@openet.com



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社エム・アンド・エル

代表者名

高橋 進

業種

その他サービス

プレスリリース情報

ジャンル

コンピュータ・通信機器

カテゴリ

企業の動向

この企業の関連プレスリリース

ウォッチガードの「トップ10マルウェアリスト」にMacマルウェアが初登場
! 2018年12月13日 11時
キナクシス、S&OP/SCMソリューションをテーマとした「Kinexions TOKYO 2018」を12月4日(火)に開催
! 2018年11月22日 12時
キナクシス、ガートナー社のマジッククアドラント「Supply Chain Planning System of Record」の分野で3度連続「リーダー」
! 2018年10月4日 11時
ウォッチガード、スケーラブルでセキュアな無線LANの迅速な構築を支援する「Trusted Wireless Environment Framework」を発表
! 2018年9月20日 11時
ウォッチガード、中堅/中小企業向けの多要素認証サービス「AuthPoint」を発表
! 2018年7月31日 11時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る