プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数53,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

『ゆれるおっぱい、ふくらむおっぱい 乳房の図像と記憶』刊行記念トークイベント

神保町ブックセンター

! 2018年8月10日 10時

おっぱい研究は世界を揺さぶる――文学から、美術から、 『ゆれるおっぱい、ふくらむおっぱい 乳房の図像と記憶』。22人の執筆者による多彩な切り口の論考は、「ちぶさ」「にゅうぼう」「ちち」「むね」「おっぱい」等といわれる器官がいかに表されてきたかを、いたって真面目に探究したものです。この本の魅力はどこにあるのか、おっぱいを研究することに、どのような意義があるのか、本書に貝殻ビキニについての貴重で興味深い論考を執筆された向後恵里子さん(専門は日本近代美術・視覚文化・表象文化)と、本書にコラムを寄せ、『乳房はだれのものか』(新曜社)の著者で、今年刊行された『その後の震災後文学論』(青土社)も話題の木村朗子さんのお二人をお招きし、おっぱいの奥深さ、人文科学の底力を語りあっていただきます。

2018年08月09日(木)

報道関係各位

UDS株式会社 神保町ブックセンター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ゆれるおっぱい、ふくらむおっぱい 乳房の図像と記憶』刊行記念トークイベントを開催

https://yop-hop.peatix.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

書店・カフェ・コワーキングスペースからなる、UDS株式会社 神保町ブックセンター(所在地:東京都千代田区神田神保町2丁目3-1)は、『ゆれるおっぱい、ふくらむおっぱい 乳房の図像と記憶』(岩波書店)刊行記念トークイベントを、2018年9月3日(月)19時~21時に開催します。

 

【イベントの内容】

『ゆれるおっぱい、ふくらむおっぱい 乳房の図像と記憶』(岩波書店)刊行記念

木村朗子×向後恵里子 トークイベント

 

「「おっぱい、おっぱい」と連呼するとは、あの岩波書店になにがあったのだろう」(『芸術新潮』7月号「BOOK」諏訪敦さん)、

「岩波書店刊とは思えない本」(『週刊文春』7月12日号「私の本棚」立花隆さん)

 

……と、一部で話題の本、『ゆれるおっぱい、ふくらむおっぱい 乳房の図像と記憶』。

たしかに珍奇な画像がいっぱい(約170点掲載!)、22人の執筆者による切り口は多彩、なかなかに異色な本ではあります。

 

しかしながら、収録されたいずれの論考も、「ちぶさ」「にゅうぼう」「ちち」「むね」「おっぱい」等といわれる器官がいかに表されてきたかを、いたって真面目に探究したものです。この本の魅力はどこにあるのか、おっぱいを研究することに、どのような意義があるのか、本書に貝殻ビキニについての貴重で興味深い論考を執筆された向後恵里子さん(専門は日本近代美術・視覚文化・表象文化)と、本書にコラムをお寄せくださり、『乳房はだれのものか』(新曜社)の著者で、今年刊行された『その後の震災後文学論』(青土社)も話題の木村朗子さん(専門は日本文学)のお二人をお招きし、おっぱいの奥深さ、人文科学の底力を語りあっていただきます。

 

木村朗子(きむらさえこ)

1968 年生まれ。津田塾大学学芸学部教授。

専門は日本文学。著書に『乳房はだれのものか――日本中世物語にみる性と権力』(新曜社)、『女たちの平安宮廷――『栄花物語』によむ権力と性』(講談社選書メチエ)、『女子大で『源氏物語』を読む――古典を自由に読む方法』『その後の震災後文学論』(いずれも青土社)など。

向後恵里子(こうごえりこ)

1977 年生まれ。明星大学人文学部准教授。

専門は日本近代美術・視覚文化・表象文化。著書に『幕末明治――移行期の思想と文化』(共著、勉誠出版)、『木口木版のメディア史――近代日本のヴィジュアルコミュニケーション』(共著、勉誠出版)。

論文に「日露戦争の美術――戦争画・従軍画家・美術国」『近代画説』第26 号(明治美術学会)など。

 

【開催概要】

イベント名:『ゆれるおっぱい、ふくらむおっぱい 乳房の図像と記憶』刊行記念トークイベント

 

日時:2018年9月3日(月)19時~21時

会場:神保町ブックセンター

対象:一般

定員:50名

参加費:2000円(税込、ワンドリンク付き)

詳細ページ:https://yop-hop.peatix.com/

 

お申込み方法:Peatixより参加チケットを購入

 

【UDS株式会社について】

本社:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-19-19 2F

代表者:代表取締役社長中川敬文

設立:2009年2月26日

資本金:3億7,500万円

【神保町ブックセンターについて】

所在地:東京都千代田区神田神保町2丁目3-1

開設日:2018年4月11日

Tel 03-6268-9064

Fax 03-6856-1201

URL:http://www.jimbocho-book.jp

事業内容:書籍販売・飲食業・レンタルスペース運営



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

神保町ブックセンター

代表者名

永禮欣也

業種

その他非製造業

プレスリリース情報

ジャンル

新聞・出版・放送

カテゴリ

告知・募集

この企業の関連プレスリリース

『Haruki Murakamiを読んでいるときに我々が読んでいる者たち』刊行記念鼎談を開催 アルフレッド・バーンバウム×都甲幸治×辛島デイヴィッド
! 2018年10月22日 17時
『地方創生を超えて――これからの地域政策』刊行記念 村上裕一×中川敬文トークイベント
! 2018年10月12日 10時
『闘う商人 中内㓛』刊行記念 小榑雅章さんトークイベント
! 2018年9月3日 10時
『戦慄の記録 インパール』書籍刊行&DVD発売記念トークイベント開催
! 2018年8月9日 16時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る