プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数53,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

圧倒的な完成度を誇るICO「DragonVein」その創始者兼CEO山本周人氏がTokenSky TokyoとMWC2018上海に登場。

株式会社ブルーキャッスル

! 2018年7月24日 9時

日中ブロックチェーン業界のトップリーダーが集まったサミットでは、DragonVein のCEO山本周人氏が、日本初お披露目となるDragonVeinプロジェクトの全貌を紹介 した。DragonVeinプロジェクトは、コンテンツの著作権、インセンティブシステ ム、ハードウェア(DVBOX、miniVR)、DVC(DragonVeinプラットフォーム上の 唯一の通貨)など、ハードウェアから、ロジック、アプリケーションまで完備して いる。

2018年7月4日から5日にかけて、「2018TokenSkyブロックチェーン大会・東京」が 東京Belle Salle汐留で開催された。

クラウド管理2.0の作者、TokenSkyの創始者である王紫上、CSDN、雑誌『プログラム』の創始者である薛涛、早稲田大学ビジネス金融研究センター顧問の野口悠紀雄、DragonVeinのCEOである山本周人、中関村ブロックチェーンアライアンス理事 長である元道、CariNetの董事長である薛蠻子、Top Chain創始者である焦光明、

AsobimoのCEOである近藤克紀などが出席した。

日中ブロックチェーン業界のトップリーダーが集まったサミットでは、DragonVein のCEO山本周人氏が、日本初お披露目となるDragonVeinプロジェクトの全貌を紹介 した。DragonVeinプロジェクトは、コンテンツの著作権、インセンティブシステ  ム、ハードウェア(DVBOX、miniVR)、DVC(DragonVeinプラットフォーム上の 唯一の通貨)など、ハードウェアから、ロジック、アプリケーションまで完備して いる。

 

山本氏のスピーチ内容は下記の通り。

DragonVeinプロジェクトは、共有ストレージ技術をベースにしたVRブロックチェー ンプロジェクトである。VRはすでにコンシューマー体験のアップグレードする第一選択になり、没入型のこの体験は従来のエンターテイメントデバイスでは提供できないサービスになっている。近い将来、VRがもっと普及するということは間違いな い。故に、多くのブロックチェーンとVRを組み合わせたプロジェクトが立ち上がっている。その中で我々が他のVR関係のICO案件と大きく異なるのは、我々は既に自社開発のハードウェアとシステムを保有していることである。我々は世界で最も軽量なVRヘッドディスプレイminiVRゴーグル、そしてDragonVeinの中核ハードウェアで あるDvBoxを設計した。我々は既存のPCやネットワーク上を囲い込むよくあるブロックチェーン案件ではなく、我々自身がDvBoxというブロックそのものを販売していく中で、ブロックチェーンを作り出していく。中国ではChina Mobileと連携し、5Gを活用した新たな消費シーンに合わせて、その商品を中国の消費者に提供していく。

新世代のブロックチェーンハードウェアとして、DvBoxはDragonVeinプロジェクトのプラットフォームにおいて中心的な役割を担い、VRコンテンツやゲームの体験だけでなく、DVCのマイニングマシンでもある。DragonVeinブロックチェーンシステムのネットワークロジックは、プロジェクトチームが自社開発したネットワーク伝送プロトコルであり、ルーティング機能などハードウェアサポートは、多数のDvBoxで構成されるハードウェアネットワークによって実現されている。同時に、DvBoxはプラットフォーム上のコンテンツの配信および受信端末としても機能している。ユーザーは、DvBoxを使用することによって、従来の2D、3Dビデオを含むブロックチェーンプラットフォーム上のすべてのコンテンツを取得することが可能である。そして、miniVRゴーグルでVRビデオの鑑賞ができる。さらに、5Gネットワークに繋がって、最新の5GVRクラウドゲームも体験できる。

miniVRヘッドディスプレイは、世界で最も軽量なVRヘッドディスプレイであり、重量が105gしかない。これは他のVRヘッドディスプレイの1/4~1/5である。その視野 は105°もあり、ディスプレイ解像度は800PPI、   他のヘッドディスプレイと比べて、軽いだけでなく、クリアで長期間装着することができる。

 

DragonVeinプロジェクトは、DvBoxのハードディスクスペース、ネットワーク帯域 幅、および基本的なコンピューティングパワーをシェアでき、それによって、DVC を獲得できる。そのシステムによって、DragonVeinで「全てのユーザーの共有、全 てのユーザーの利益獲得」というブロックチェーンのプラットフォームを構築する。ユーザーはDVCを使って、プラットフォーム内のさまざまなコンテンツ、有料のグッズを購入でき、高品質のサービスを楽しめる。創作者はデジタル契約によって、作品の著作権が保護されているため、コンテンツによる利益を獲得する。またそのDvBox自体がDVCを使用しての購入を予定している。

 

山本氏のスピーチは、Tokenskyの紫上姉、CSDNの薛濤、TOPC焦光明、薛蠻子投資チームに賛同されている。会議後、山本氏とそのハードウェア技術を提供する視天テクノロジー(VlaVR)のMr.Alan   Zhangに、プロジェクトの状況について熱心に尋ねた。

 

 

【写真】TOPC焦光明とDrangon Veinチーム

 

 

【写真】CSDN薛濤と視天テクノロジー(VlaVR)のMr.Alan Zhang

 

DragonVeinのブースには、DvBoxやminiVR、そしてスマートキーボードマイニングマシンが展示されている。マイニングマシン+エンターテイメントのデバイスがゲス トにとっては新鮮で、初めて目の当たりにした日本の来場者にも好評である。来場者はVRデバイスを体験し、DrangonVeinの紹介を聞いた後、DVCの購入方法を尋 ね、日本での販売を楽しみにしていると話した。

来場者はQR Codeでグループに入り、日本での販売を楽しみにしていると話した。

展示エリアは日本のメディアの注目も浴びた。山本周人氏やDVプロジェクトのマネ  ージャーMr.Terry Luoは日本のメディアにDvBoxとminiVRを紹介し、Dragon  Veinプロジェクトを紹介した。

 

【写真】日本メディア(デジタルジャーナル)の取材を受けるTerry Luoと山本周人氏。
                彼が手に持っているのが世界最軽量のminiVRだ。

 

また、その前の週には上海新国際博覧センターにて開催された2018年世界モバイルカ  ンファレンス(MWC)上海に登場。MWC2018上海の一大テーマとして、5Gの商業応用シーンとコンシューマー応用シーンの構築が挙げられている。DragonVeinは チャイナモバイルの5Gパートナーの1つであるVLAVRと共にカンファレンスに参加した。

「ブロックチェーン技術は5G時代のキラーアプリケーションになる。」

DragonVeinのCEOである山本周人氏は会議において、もうすぐ実現される5G時代において、ブロックチェーンが新たな技術革新の幕開けを迎えると述べた。同氏によると、5G技術とブロックチェーン技術は補完関係があり、5Gのコア技術の1つであるNetwork Slicing Technologyは、ブロックチェーンに新たなキャリアを提供し、Distributed Technologyを現在のコンピューター端末から解放する。その技術は5G機能を有する全ての端末に普及することが可能である。例えば、5G携帯電話、5G技術を使用するスマートウェア機械、およびIOT household appliancesなどである。

DragonVeinプロジェクトはチャイナモバイルと連携し、5Gの新たなコンシューマー シーンを構築する。

今回のMWCでは、5G建設の先駆者であるチャイナモバイルが、上海市政府、工信部、GTI団体、主要5Gパートナーを招き、その現場において、VLAVRがDragonVein プロジェクトのハードウェアを展示した。

山本氏は、今後DvBoxがチャイナモバイルの5G家庭向けエンターテイメントハードウェアの1つになると発表した。まずは、5Gの新しい消費シナリオに合わせて、全国のモバイルユーザーに普及させる。     DragonVeinは、10億回線の契約数を持つチャイナモバイルとの協力を通じて、ブロックチェーン技術とブロックチェーン上のコンテンツがすべての中国のモバイルユーザーに新たな利便性をもたらすと期待している。

ここまでの完成度を誇るDragonVeinが今まで無名だったことの最大の要因として、彼らがBtoBを専門とする開発会社であることが挙げられる。他のICO案件と異なり、トークンを販売して利益を得るのではなく、あくまでもハードェアを開発し販 売していく企業である。DragonVeinは既に多くの企業と提携し、ブロック=DvBox  を世界に広げ始めているのである。

 

協力メディア:デジタルジャーナル

URL:https://www.digitaljournal.jp/

会社概要

株式会社ブルーキャッスル

〒105-0004

東京都港区新橋6-5-3 山田屋ビル

URL:http://www.bluecastle.jp/index.php/company-info/

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社ブルーキャッスル

代表者名

李 晨 

業種

ネットサービス

プレスリリース情報

ジャンル

コンピュータ・通信機器

カテゴリ

企業の動向

この企業の関連プレスリリース

11月6日、FCoinJPユーザーに史上最大規模の利益を配当!後日から配当を継続
! 2018年11月6日 18時
FCoinJPスーパー配当日を発表!お急ぎ便「新規ユーザー向けマニュアル」
! 2018年11月5日 11時
今話題のFCoinJP、ホワイトペーパから読み取る事業内容と配当配分とは
! 2018年11月2日 17時
FCcoinJP取引手数料返還、サービス開始後5時間で1705億円を突破
! 2018年11月1日 15時
FJ TokenがFcoinJPで取り扱い開始、わずか1分で500%もの暴騰!
! 2018年10月31日 16時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る