FCcoinJP取引手数料返還、サービス開始後5時間で1705億円を突破

近日、FcoinJPは仮想通貨業界を沸騰させている。日本でサービスを開始した直後、その独特な「取引手数料返還」のシステムによって、わずか5時間以内に取引総額が1705億を突破した。また、FCcoinJPの「取引手数料返還」システムは、取引開始後の三日目に正式的に導入された。FCcoinJPプラットフォームは毎日2000万個のFC(FcoinJPのコイン名)をユーザーに返還していた。

FCcoinJP取引手数料返還、サービス開始後5時間で1705億円を突破

 

本仮想通貨メディアのデジタルジャーナルの報道によると、近日、FcoinJPは仮想通貨業界を沸騰させている。日本でサービスを開始した直後、その独特な「取引手数料返還」のシステムによって、わずか5時間以内に取引総額が1705億を突破した。

 

FCcoinJPの「取引手数料返還」システムは、取引開始後の三日目に正式的に導入されたわけだが、FCcoinJPプラットフォームは毎日2000万個のFC(FcoinJPのコイン名)をユーザーに返還していた。なお配当額は、ユーザーの取引額が総取引額に占める割合によって決められている。

 

公式的な説明を参考にすると、例えば、取引総額が100万、ユーザーの取引額が5万の場合、ユーザーの取引額が全体の5%を占めており、従って追加配当分100万FJを得ることができると言う。また第一期の例を参考にすると、マイニングによる総量が100btc、うちユーザーが5btcを貢献した場合、全体の5%を占めているため、通常のマイニングによる収益に加えて、その当日の追加配当分2000万FJの5%、つまり100万FJを獲得することができるのである。

 

上述したように、「取引手数料返還」というFCcoinJP独特な配当システムによって、仮にユーザーに1btcの手数料収益が発生した場合、2日目には1.2btcに相当するFJが配当されることになっている。

FCcoinJPの安定した収益が発生する配当システムは、当然、価値と価格の暴騰を招く。その連日の急騰ぶりを見ると、取引開始直後にはすでに8倍へと暴騰しており、そのまま上昇し続けると、二日目には約10倍の利益を得る計算となる。

 

今現在、仮想通貨の価値が全体的に下落している状況の中で、誰しも「仮想通貨の冬季」が訪れ、かつての栄冠を再び取り戻すことは至難の業だと考えていた。しかし、FJの連日の暴騰、取引開始後のわずか19時間で800%上昇などの現象を見ると、現在、仮想通貨の業界で、確実に「何かが起きている」ことは間違いないだろう。

 

FCoinJPのコミュニティリンク:

FCoinJPプラットフォーム:https://www.fcoinjp.com/

FCoinJP公認Telegram:https://t.me/fcoinchatjapanese

FCoinJP公認Twitter:https://twitter.com/fcoin_jp

担当者summer(Twitter):https://twitter.com/summer_clover_?lang=ja

 

協力メディア

デジタルジャーナル

URL:https://www.digitaljournal.jp/

会社概要

株式会社ブルーキャッスル

〒105-0004

東京都港区新橋6-5-3 山田屋ビル

URL:http://www.bluecastle.jp/index.php/company-info/



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社ブルーキャッスル
代表者名 李 晨 
業種 ネットサービス

コラム

    株式会社ブルーキャッスルの
    関連プレスリリース

    株式会社ブルーキャッスルの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域