プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数51,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

48時間で短編映画を製作するコンペティションが6月1日に東京で開幕。秋には大阪でも開催。優秀作品は世界大会へ参加、さらにカンヌ国際映画祭で上映も

48 Hour Film Project, Inc.

! 2018年5月7日 10時

脚本、撮影、編集すべてを48時間以内で行うショートフィルムのコンペティション「48 Hour Film Project」(48HFP)を開催。世界中で行われているプロ・アマ問わないオープンな大会で、与えられたお題・小道具・台詞を用いて表現力を競います。東京での上映会と授賞式は7月に行います。

 

世界のフィルムコミュニティー拡大と地域映像産業の振興を目的として始まった48HFPの東京での開催を担うTokyo 48 Hour Film Project実行委員会(株式会社アクシーズ内、所在地:東京都新宿区、代表:菊池 誠)は、6月1日(金)から3日(日)の日程で、48時間で映画(ショートフィルム=4分以上7分以下)を製作するコンペティション「Tokyo 48 Hour Film Project」(以下48HFP)を東京都内で開催します。作品上映会と受賞式は7月に行われ、優勝した作品は決勝戦(世界大会)に進出。さらに優秀な15作品ほどがカンヌ国際映画祭2019の短編映画部門で上映されます。大阪では10月26日(金)〜同28日(日)に開催予定です。

 

▼ Tokyo, Japan@48 Hour Film Project(48時間で映画を作ろう!)

https://www.48hourfilm.com/tokyo/

 

■2001年アメリカで開始、7万人近い参加者。ここから始まるカンヌへの道

 

48HFPはアメリカで2001年に開催されて以来、徐々に世界に広がり、昨年度は6大陸・約120都市で開催されました。年間7万人近い参加者により約5,000本のショートフィルムが製作されています。日本では2011年に大阪で、2015年に東京で始まりました。今年は東京が4回目、大阪は8回目の開催となります。

 

今年3月には2017年度の世界大会がパリで開催されました。パリ市庁舎での授賞式では、大阪代表の作品がカンヌ映画祭で上映される15本の1つとして選出されています。これまで日本の作品は大阪代表となった4作品、東京代表となった1作品がカンヌ国際映画祭で上映されました。今年もカンヌへの道が東京と大阪で始まります。

 

リピーターが多いのもこのコンペの特徴です。48時間で短編とはいえ映画を1本製作しなければならない過酷な状況は、チームワークなくして乗り越えられません。多くのフィルムメーカーが困難を克服して出品し、1年後にはまた充実感・達成感を求めてコンペに戻ってきます。

 

プロフェッショナルもアマチュアも2万円に満たない登録料で参加でき、応募はウェブサイトから簡単に登録できます。なお、キックオフ・ドロップオフイベント会場などの詳細は、後日ウェブサイトで告知します。

 

ハリウッドで開催された世界大会

<Tokyo 48 Hour Film Project 開催概要>

参加チーム募集期間:3月27日(火)〜 6月1日(金)

開催期間:6月1日(金)19:00 〜 6月3日(日)19:30

作品上映会:7月14日(土)・15日(日)

会場:なかのZERO 西館小ホール(東京都中野区中野2-9-7、JR・東京メトロ中野駅から徒歩8分)

授賞式:7月22日(日) 

会場:Darts UP 新宿靖国通り店(東京都新宿区歌舞伎町1-6-2 T-WING6F)

 

応募方法:ウェブサイトから登録

URL:https://www.48hourfilm.com/tokyo/

登録料:

通常料金1万6000円(5月15日まで)

後期料金1万8000円(5月16日~6月1日)

※すべての作品の上映確保のため、エントリー数に制限を設けます。

応募資格:特になし(未成年者は保護者の許可が必要)

賞:優勝作品は48HFP主催の映画祭『Filmapalooza』(2019年3月上旬予定)にて上映、そこで選出された場合『カンヌ国際映画祭 短編映画部門』(2019年5月予定)で上映

 

<Osaka 48 Hour Film Project 開催概要>

開催期間:10月26日(金)〜28日(日)

作品上映会:11月10日(土)ナレッジシアターにて開催

コンペに先立って、中学生対象の映像制作ワークショップ、役者のオーディションを開催。

URL:https://www.48hourfilm.com/osaka/

 

 

■事前作業は禁止、ジャンルは抽選で決定。

 

参加チームはコンペ開始直前に抽選を行い、製作する映画のジャンルが決まります。2018年度はコメディー、ホラー、SF、ミュージカル、アクションなどの30ジャンルです。さらに映画で使用が義務付けられるキャラクター・小道具・台詞が与えられます。

 

2017年度のお題(東京)は、キャラクターが「末影貫輝(すえかげ・ぬきてる)もしくは鳴海(なるみ)」(職業・属性:絵本作家)、小道具は「折り紙」、台詞は「それが東京だよ。」でした。

 

映画の時間は4分から7分、それに加えてエンドクレジットが60秒。チーム構成人数に制限はありません。これまでの最大の人数は116人(馬が30頭)、最少は1人で、平均は約15人です。

 

コンペティションは6月1日(金)午後7時から3日(日)午後7時30分(提出期限)まで。事前の創作作業は禁止で、「チーム作り」「クルー、役者を集める」「機材の確保」「ロケーションの確保」「著作権をクリアした音楽、SEの用意」「必要書類の準備」は可能です。

 

作品は、QuickTimeファイル(推奨)を、USBフラッシュドライブやデータDVDに保存して提出。

 

48HFPとしては今後、東京、大阪ともに出場チームを増やし、フィルムメーカーに映像制作の機会を提供してまいります。パリやニューヨーク、ロサンゼルスなど映画製作が盛んな都市では、毎年100から200チームの参加があります。日本でもそれらに追いつき、追い越せるようにコンペティションを盛り上げていく考えです。

東京大会の授賞式

【Tokyo 48 Hour Film Project 実行委員会について】

所在地:株式会社アクシーズ内(東京都新宿区)

代表者:代表 菊池 誠

設立:2015年4月

電話番号:090-5887-8858

URL:https://www.48hourfilm.com/tokyo/

事業内容:Tokyo 48 Hour Film Projectの運営

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

団体名:Tokyo 48 Hour Film Project

担当者名:City Producer 森 亮太

TEL:090-5887-8858

Email:tokyo@48hourfilm.com



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

48 Hour Film Project, Inc.

代表者名

Mark Ruppert

業種

エンタテインメント・音楽関連

プレスリリース情報

ジャンル

エンタテインメント・音楽関連

カテゴリ

告知・募集

この企業の関連プレスリリース

48時間で映画を製作するコンペティションが8月4日に東京都内で開幕。優秀作品は世界大会へ進み、カンヌ国際映画祭の短編映画部門で上映も
! 2017年6月29日 11時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る