プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数51,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

Almacグループ、治験薬・市販薬のEU市場供給強化へ向けてダンドークの欧州キャンパスを拡張 ~英国のEU離脱後の継続的な市場アクセス環境を整備~

アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口

! 2018年2月9日 11時

世界的な医薬品開発・製造受託企業である、Almacグループ(Almac Group 本社:北アイルランド、クレイガヴォン)は、アイルランド北東部ダンドークにある欧州キャンパスでアイルランド医療規制当局 (HPRA)によるAlmac Clinical Services IrelandとAlmac Pharma Services Irelandの査察が無事終了したと発表しました。

世界的な医薬品開発・製造受託企業である、Almacグループ(Almac Group 本社:北アイルランド、クレイガヴォン)は、アイルランド北東部ダンドークにある欧州キャンパスでアイルランド医療規制当局 (HPRA)によるAlmac Clinical Services IrelandとAlmac Pharma Services Irelandの査察が無事終了したと発表しました。

 

今回の査察完了に伴い、ダンドークの欧州キャンパスにおいて、治験材料と市販薬製品の両方に対して、クオリファイドパーソン(QP)によるバッチ出荷認定およびバッチリリース(出荷)を行うための正式認可が下りる見込みです。

 

EU市場の現在および将来の顧客ニーズに応えられるように、Almacグループは、市販薬製品用の新規品質管理室(QCラボ)と包装工場、および治験サプライ専用の総面積7万9000平方フィート(約7300平方メートル)のEU流通センターを含む同キャンパスへの追加投資を発表しました。これは、2019年1月までに稼動体制が整う欧州キャンパス内GMP対応施設への投資の3倍以上の規模になります。(GMP:医薬品、医療器具などの製造管理及び品質管理に関する基準のこと。Good Manufacturing Practice.)

 

今回の3000万ポンド(約45億9000万円)に及ぶ投資は、同新規欧州キャンパスから車でわずか40分の北アイルランド、クレイガヴォンにある、グローバル統括本部での治験サプライ・製剤開発業務を補完するものです。

 新規欧州キャンパスは、同グループのEU圏内での治験サプライと市販製剤事業のグローバル拠点を大幅に拡大します。過去1年半にわたり、Almacは 米国、アジア、英国を始めとする各主要地域で操業能力と従業員数の拡大に相当額を投資してきました。今回の発表はグローバル拡大戦略の一環であり、クレイガヴォンにあるグローバル統括本部を含め、世界のすべての拠点で今後1年半以内に追加投資と従業員の増加が計画される予定です。

 

Almacグループのアラン・アームストロング会長兼CEOは次のように述べています。 「HPRAによる査察完了は重要なマイルストーンであり、施設のさらなる拡張により、弊社の既存および将来の顧客はEU市場へ継続的なアクセスが確保されます。 これにより、弊社は英国のEU離脱によるいかなる不確実性にも対処して、中断なくサービスを顧客へ提供することができると共に、今後ともライフサイエンス部門のグローバルリーダーであり続けることができると確信します」

アイルランド政府産業開発庁マーティン・シャナハン長官は、次のようにコメントしています。

「欧州キャンパスへの追加投資は、Almacグループにとって、また 北東部地域にとっても非常に良い事業展開といえます。本施設はAlmacのグローバル拠点の中でも、戦略的に重要な役割を担うと見られます。 英国のEU離脱後も、EU市場への確実なアクセスを提供する場所として、数多くの企業が今後ともアイルランドを選択してくれると期待しています」

 

また、アイルランド政府産業開発庁のデレク・フィッツジェラルド日本代表は次のように述べています。

「Almacがアイルランドへの投資を発表したのはこの1年でこれが2回目です。12月に行われた英国の特殊医薬品サービス企業ワズデルグループの投資の発表と合わせて、主要な医薬品企業が、英国のEU離脱後に備えて対応策を取りはじめていることを示すものです。これらの発表は、サプライチェーン、製品のリリースとテスト、流通に関連しており、英国が強硬なEU離脱を選ぶ「ハード・ブレグジット」が起こった場合にも、これらの医薬品企業が、アイルランドのEU拠点を通じて、引き続きEU市場へのアクセスを確保できることを保証するものです。」

 

 

※為替レートは1ポンド= 153円で計算しています。

 

アイルランド政府産業開発庁 (IDA Ireland) について

アイルランド政府産業開発庁はアイルランドの産業開発、海外からの直接投資等を推進する目的で設立された政府機関です。日本事務所では、過去40年間にわたり、欧州への進出を検討されている日本企業向けに、立地や人材、税制、優遇措置など各種最新情報の提供のほか、現地視察、進出計画の立案から進出後のサポートまで幅広い支援を行っています。過去のプレスリリースについては、http://www.idaireland.jp/newsroom/ をご覧ください。

 

投資に関するお問い合わせ

アイルランド政府産業開発庁 日本事務所

代表 デレク・フィッツジェラルド

東京都千代田区麹町2-10-7 アイルランドハウス2階

E-mail: idatokyo@ida.ie    ウェブサイト: http://www.idaireland.jp /Twitter: @IDA_TOKYO



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口

代表者名

森田 美恵子

業種

国・自治体・公共機関

プレスリリース情報

ジャンル

国・自治体・公共機関

カテゴリ

企業の動向

この企業の関連プレスリリース

薬明生物技術(WuXi Biologics)社、単回使用バイオリアクターを用いたアイルランド最大のバイオ医薬品製造施設建設に3億2500万ユーロ投資へ
! 2018年5月23日 11時
マスターカード(Mastercard)社、アイルランドでの事業を拡大、 175人を新規雇用して決済の技術革新を推進
! 2018年5月7日 11時
武田薬品、ダブリン・グレンジキャッスルの新工場に2,500万ユーロ(約32億8,235万円)を投資、最大70人の新規雇用創出へ
! 2018年3月14日 17時
米ストライプ(Stripe)社、ダブリンのオフィスを拡張 同社初の国際技術拠点に
! 2018年2月28日 15時
ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)社、アイルランドにソフトウェア・エンジニアリング・センターを開設
! 2018年2月1日 10時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る