プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数49,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

パーソナル・アシスタント・ロボットのPLEN Robotics、生活支援サービスにおいて人に寄り添う小型アシスタントロボット開発、販売でアイラと戦略的業務提携

PLEN Robotics株式会社

! 2017年11月28日 12時

PLEN Robotics株式会社(本社:大阪府大阪市北区、代表取締役社長:赤澤 夏郎、以下PLEN Robotics)と、アイラ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:四ノ宮 力、以下アイラ)は、アイラが開発・販売するサービス基盤ソフト『botHUBポータル基盤』のヒューマン・インタフェースとしてPLEN Roboticsが開発するパーソナル・アシストタント・ロボット「PLEN Cube(プレンキューブ)」を使用し、より人に優しい生活支援サービスを提供することを目的に、開発および販売で戦略的な提携を行います。

PLEN Robotics株式会社(本社:大阪府大阪市北区、代表取締役社長:赤澤 夏郎、以下PLEN Robotics)と、アイラ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:四ノ宮 力、以下アイラ)は、アイラが開発・販売するサービス基盤ソフト『botHUBポータル基盤』のヒューマン・インタフェースとしてPLEN Roboticsが開発するパーソナル・アシストタント・ロボット「PLEN Cube(プレンキューブ)」を使用し、より人に優しい生活支援サービスを提供することを目的に、開発および販売で戦略的な提携を行います。

 

1.パーソナル・アシスタント・ロボット「PLEN Cube」

「PLEN Cube」は、PLEN Roboticsが目指す「常にユーザーと共にいて、場所や環境を選ばずユーザーを的確にサポートし、人と人、あらゆる情報サービスやデジタル・ライフのハブとなるパーソナル・アシスタント・ロボット」の第一歩となるものです。

「PLEN Cube」は、一辺が約7.5cmの立方体で、手のひらに乗る小型サイズでありながら、カメラ、スピーカー、マイクの機能を有しています。さらに、フェイストラッキング、音声認識、などの最新テクノロジーを搭載。「PLEN Cube」に複雑な入力操作は不要です。声で指示すれば、デジタル・ビデオカメラ、IoT家電リモートコントローラ、インターネット・コミュニケーターとして機能します。「PLEN Cube」は、2018年6月販売開始を予定しています。

 

「PLEN Cube」の特徴

- 手のひらサイズのサイコロ型ロボット

- カメラ、スピーカー、マイク、IoT家電コントローラの機能を搭載

- 声で簡単操作、音声と首ふりで答えてくれる愛らしさ

- インターネットウェブサービスと組み合わせることが可能

 

 

2.生活支援サービスでの応用

高齢化が進む中、地方生活支援においてICTの利用による、地域情報の共有、生活の一部としての買い支援、移動手段の確保、介護支援、健康維持などが今後重要になります。

現状、これらICTサービスを支えるマン・マシン・インタフェースは、スマホ、タブレットが主流です。しかし、地方におけるスマホの普及率は、都心ほど高くはありません。よって、地域を軸とした生活支援に於いて、スマホありきのサービスは難しい状況があります。

人は対話と動きによって意思を伝達します。昨今注目を浴びているAIスピーカーですが、対話のみのインタフェースであり、本来“人”が意思疎通を行う際に持つ「間」と「動き」をサポートする事は出来ません。特に人の動きを連想させる動きをデザインされた「PLEN CUBE」を活用することで、音声対話だけに依存しない「間」と「動き」を持った豊かなコミュニケーションを実現可能です。また、赤外線コントローラ、360度旋回可能なカメラ、と4マイクのサポートにより介護、見守り等への応用が可能です。

また、アイラは「PLEN Cube」と、TVとの連携を実現させ、単なる家電コントロールではない情報表示連携を含めた「人に優しい」環境を、必要とする方々に展開致します。

 

【PLEN Robotics株式会社について】

PLEN Roboticsは、日本で10年以上に渡り小型ロボットを開発してきた株式会社プレンプロジェクトの経験を基に、これまでにない実用的で人々の生活を効率化させる家庭及び個人用のサービス・ロボットの開発を目指し、2017年7月に設立されました。

 ロボットに関する要素技術が著しく進歩する中で、当社では「一家に一台のロボット」をさらに発展させ、「一人が一台のロボットを利用する」という、「パーソナル・アシスタント・ロボット」を世に送り出したいと考えています。

 

会社概要

本社:              〒531-0072 大阪府大阪市北区豊崎4-6-3 クレピス21 303号室

代表者:           代表取締役社長 赤澤 夏郎(CEO Natsuo Akazawa)

設立:               2017年7月

URL:               http://www.plenrobotics.com

事業:              サービス・ロボットの研究開発、製造、輸出輸入及び販売

                         ロボット用部品の研究開発、製造、輸出輸入及び販売

 

下記のSNS専用ページにて、最新の情報を発信しています。

Instagram:       https://www.instagram.com/plenrobotics/

Facebook:        https://www.facebook.com/plenrobotics

Twitter:            https://twitter.com/plenrobotics

 

【アイラ株式会社について】

アイラ株式会社は、“Info-Human Technology”を実現する技術、製品、サービスのコンサルティング、企画、ソフトウエア開発、販売にフォーカスし、お客様のご要望を形にすべく、活動しています。

 

会社概要

本社:                 〒100-0005東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル8階822区

代表者:              代表取締役社長  四ノ宮 力

設立:                 2016年12月

URL:                 http://www.i-la.co.jp/

事業:                 リビングテレビをサービスゲートウェイ化する生活支援ポータルサービス事業

                            Value Added Reseller事業

                            ソリューション開発における企画・技術コンサルティング

                            自社メディア運営事業

 

【本件に関するお問い合わせ】

PLEN Robotics株式会社 広報 担当

電話:06-6375- 1228

E-mail:info@plenrobotics.com

 

本ニュースリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

PLEN Robotics株式会社

代表者名

赤澤 夏郎

業種

コンピュータ・通信機器

プレスリリース情報

ジャンル

携帯、モバイル関連

カテゴリ

提携

この企業の関連プレスリリース

パーソナル・アシスタント・ロボットのPLEN Robotics株式会社、クラウド・システム構築に向け、第三者割当増資を実施
! 2017年11月27日 12時
マンション・宿泊施設向けにAIコンシェルジュ・サービスを提供する小型アシスタント・ロボット販売に関する提携
! 2017年11月27日 12時
新会社設立及び事業譲渡について
! 2017年8月2日 12時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る