プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

人工知能のキャラクターデザイン!宝塚大学東京メディア芸術学部 渡邉哲意研究室が、静岡大学狩野芳伸研究室とAI「人狼知能」のUIデザインを制作中!

宝塚大学 東京メディア芸術学部(新宿キャンパス)

! 2017年11月10日 10時

宝塚大学東京メディア芸術学部の渡邉哲意研究室が、静岡大学狩野芳伸研究室と共同でAI「人狼知能」のUIデザインを制作しています。デザインされたキャラクターは国内最大のゲーム開発者会議CEDEC2017の人狼知能セッションで公開され、その様子はTBS「Nスタ」で紹介されたほか、NHK Eテレ「人間てナンだ?超AI入門」でも使用されました。今後は対人対戦に向けた画面デザインを進め、学会発表などで順次公開していく予定です。

宝塚大学東京メディア芸術学部の渡邉哲意研究室が、静岡大学狩野芳伸研究室と共同でAI「人狼知能」のUIデザインを制作しています。

人狼知能とはテーブルトークRPG「人狼ゲーム」を人工知能によってプレイさせるもので、囲碁や将棋などのゲームに関する情報が全てのプレーヤーに明かされている「完全情報ゲーム」、運の要素が全くない「決定論ゲーム」と異なりゲームに関する情報が全ては開示されない「不完全情報ゲーム」、運的要素の入る「非決定論ゲーム」です。この「不完全情報ゲーム」「非決定論ゲーム」は、AIによって攻略が進む「完全情報ゲーム」「決定論ゲーム」に対して人工知能研究の分野で新たに注目されている分野です。

渡邉研究室の学生たちはこの「人狼知能」のUI(ユーザーインターフェース)デザインを担当し、キャラクターとその動き、背景など視覚情報分野のデザインを行い、静岡大狩野研究室の学生が制作する人工知能プログラムと組み合わされます。

デザインされたキャラクターは国内最大のゲーム開発者会議CEDEC2017の人狼知能セッションで公開され、その様子はTBS「Nスタ」で紹介されたほか、NHK Eテレ「人間てナンだ?超AI入門」でも使用されました。

今後は対人対戦に向けた画面デザインを進め、学会発表などで順次公開していく予定です。

 

 

< 宝塚大学 東京メディア芸術学部 概要 >

・所在地 :東京都新宿区西新宿7丁目11番1号

・学部長 :北見隆

・アクセス:JR新宿駅西口から徒歩約5分

・設立  : 2007年4月

・学科  :メディア芸術学科

・領域  :イラストレーション領域、マンガ領域、アニメーション領域、ゲーム領域、メディアデザイン領域

・Webサイト   :http://www.takara-univ.ac.jp/tokyo/

・メールアドレス:tokyo@takara-univ.ac.jp



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

宝塚大学 東京メディア芸術学部(新宿キャンパス)

代表者名

北見隆

業種

教育

プレスリリース情報

ジャンル

エンタテインメント・音楽関連

カテゴリ

企業の動向

この企業の関連プレスリリース

日本アートマネジメント学会のシンポジウム「アートプロジェクトの可能性と未来―オリンピック・パラリンピック 2020 以降を見据えて」に田島悠史専任講師が登壇
! 2017年11月24日 16時
「水鳥ここん」がランウェイに登場!「第5回富士山コスプレ世界大会」に宝塚大学大学院の学生がデザインした下駄・擬人化キャラクターが参加
! 2017年11月24日 10時
研修医を二次元キャラクター化!宇治徳洲会病院の研修医募集広告イラストを宝塚大学大学院メディア・造形研究科の学生が担当
! 2017年11月13日 10時
アートでパラリンピックを応援!東京都主催のパラスポーツの魅力発信企画展に、宝塚大学東京メディア芸術学部の学生が出展
! 2017年11月9日 10時
2020年東京オリンピック・パラリンピック公認プログラムのウォーキングイベント「しんじゅくシティウォーク2017」に宝塚大学東京メディア芸術学部の学生達が協力
! 2017年11月8日 10時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る