プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数45,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

20代福祉従事者の挑戦!現場を変えたい!福祉の質の向上を目指した福祉カレッジを継続開催したい/クラウドファンディングに挑戦中

福祉研究会MAHARO

!2016年12月26日 10時

平日は福祉従事者として高齢者や障がい者施設の支援員。休日を利用して、福祉の現場を変えたい、福祉の質を向上したい、地域を巻き込んで誰もが福祉を身近な存在だと思える環境を作りたいと、2016年より愛知県岡崎市内で大学教授や医師・当事者(障害者・高齢者等)などを招き毎月セミナーを開催してきました。(2016年赤い羽根共同募金補助事業)。2017年はこれらのセミナーを継続する他、地域住民を巻き込んだ異業種コラボセミナー(福祉×バレエ ストレッチ講座。福祉×アロマ アロマ講座。)などを企画しています。普段、高齢者と接する機会の少ない方。障がい者と接する機会の少ない方も参加・交流できる場を提供します。これらの活動を継続開催できるようクラウドファンディングに挑戦中です。

福祉の質の向上と地域ネットワーク構築を目指し活動を行っている、岡崎市市民活動団体 福祉研究会MAHARO(所在地:愛知県岡崎市、代表:米倉那菜)は、2016年12月22日よりクラウドファンディングサービス「READYFOR」にて、福祉の質の向上を目指し、福祉カレッジを継続していきたい!のプロジェクトを開始しました。

 

「●●●●福祉の質の向上を目指し、福祉カレッジを継続していきたい!●●●●」

https://readyfor.jp/projects/maharo

 

 

 

本プロジェクトでは、

福祉をもっと身近な存在に!!キツイ・汚いというマイナスイメージを変えたい!!当事者の声を1人でも多くの人にお届けできるよう専門家や当事者を招いたセミナーの継続開催を目指しています。

 

一口3,000円(学生1,000円)から支援を受け付けており、福祉カレッジ無料券や”人・自然・動物の福祉に関する”コラム・海外の福祉現場視察時に購入をしたお土産などのリターンを手に入れることができます。本プロジェクトは1月23日11時〆切であり、目標金額の10万円に達した場合のみ、プロジェクトが成立となります。

 

当団体のセミナーは、

ただ知識や技術を学ぶだけではなく、参加者同士の交流。講師と参加者との交流。など一方通行の情報提供だけでは終わりません。休憩時間には、お茶やお菓子をつまみネットワーク構築を目指しています。

また、ほとんどのカレッジは1,000円という低価格設定。当事者の方も参加しやすいセミナーを心がけています。そのため、2016年開催セミナーでは、障害をお持ちの方も何名がご参加いただきました。

必要があれば手話通訳や要約筆記なども導入しどなたでも参加しやすい環境になるよう努力しています。

1回のセミナーでの受講生は多くても40名までと決めています。100名規模のセミナーでは、講師と受講者の顔が見れず一方通行のセミナーになりがちです。参加者の顔が見れるセミナーを今後も心がけてまいります。

 

 

【クラウドファンディングとは】

 

インターネット上で個人や団体、株式会社などがプロジェクトを提案し、不特定多数の方からお金を集める仕組み。2000年代初頭から、欧米を中心に企業・団体・アーティストなどが利用したことで広まり、日本では震災後に活発化。被災地支援や医療問題、製造存続の危機に瀕した製品の継続、海外に渡航し夢を実現したい人に至るまで、あらゆる企画が「共感」によって資金を集め、企画を実現させています。

 

 

【福祉カレッジ今後の予定】

2017年1月29日(日)第16回福祉カレッジ

日本福祉大学教授 青木先生による障害年金セミナーを開催します。

 

2017年4月9日(日)第17回福祉カレッジ

日本福祉大学名誉教授 近藤先生による子どもの発達と子育てセミナーを開催します。

 

2017年7月28日~31日 スナーダイ・クマエ絵画展IN岡崎

カンボジアにあるローカル孤児院の子ども達が描いた絵画展を開催。

【福祉研究会MAHAROでは、これまでに15カ国を訪問し医療・福祉施設の

視察交流を行ってきました。その1つ、カンボジア訪問時に知り合った孤児院。

カンボジアは教員不足等で音楽や体育そして美術の授業がない学校が多く、

そんななか子ども達自らが工夫して色を作り出し描き上げる絵画を

日本で展示・販売致します】

 

後半は、バレエ講師とコラボした高齢者向けストレッチ講座や福祉従事者向け

腰痛予防講座を開催予定。

 

 

「●●●●福祉の質の向上を目指し、福祉カレッジを継続していきたい!●●●●」

https://readyfor.jp/projects/maharo

 

 

【福祉研究会MAHAROについて】

 

拠点:愛知県岡崎市

代表者:米倉那菜

設立:2015年10月

Tel:070-5253-1262

URL:http://maharo.org/

事業内容:福祉カレッジ開催・共生コラム発行・警察犬の育成・国内外の福祉研究等



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

福祉研究会MAHARO

代表者名

米倉那菜

業種

医療・健康

プレスリリース情報

ジャンル

医療・健康

カテゴリ

サービス

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る