プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数44,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

「すべては一人のお客様のために」お客様目線を追求する、アルネットホームがリブランディングブランドロゴリニューアル&北海道仕様の新商品「極暖の家」発表

大賀建設株式会社

!2016年12月19日 8時

大賀建設株式会社(本社 : 埼玉県さいたま市、代表取締役社長 : 須賀 亮)は、2017年1月1日より、注文住宅の「アルネットホーム」ブランドロゴをリニューアルいたします。また同日より北海道の断熱性能で、光熱費を削減し健康に暮らす住まいの提案「極暖の家」の販売を開始致します。

 

◆ブランドロゴ変更のきっかけは、家づくりはもちろん、住んでからの私たちの思いをカタチに

創業から37年がたち、地域のビルダーとして注文住宅のお引渡しが年間500棟を超える規模まで拡大した当社。これからの少子化や顧客の多様化などの社会情勢にも対応できる体制を作るため2015年にホールディングス化に移行しました。さらなる成長展開を考える委員会を設置し、社内ヒアリングや外部有識者などを踏まえ検討したところ社是に掲げる「すべてはお客様のために」をタグラインとしたブランドロゴの変更へたどり着きました。

 

5色の色には、「営業(青)」「赤(設計)」「黄(インテリアコーディネーター)」「緑(施工)」「水色(アフターサービス)」が一人のお客様へ向いて仕事をすることを意味しています。私たちの家づくりには各分野の専門家がチームを組んでプロセスを大切にお客様の希望を叶えるお手伝いを行います。建てた後、ご入居後もお客様とつながる仕組みにもチャレンジしています。  (別紙1)

 

◆北海道のあたたかさは住まいでの暮らしを上質にそして健康に「極暖の家」発売開始

関東ではこたつで暖をとったり、自分の部屋だけ暖めようとする傾向があり、居室による温度差で冷えを感じることがあります。家全体の断熱性能が高ければ、開放的な間取りでも薄着で過ごすことも可能になります。断熱性(UA値)0.46以下を実現する、樹脂フレームとトリプルサッシ、魔法びん断熱を採用した、北海道レベル

の断熱性能の住まいは光熱費の削減はもちろん、高断熱化の健康改善効果(別紙2)による医療費の軽減、ヒートショックの防止など、安心、安全の暮らしはあたたかな家からはじまります。

 

-----------------------------------------------------------------------------

別紙1 建てるとき、建てた後、お客様とのつながりを強化する新たな取り組みとは・・・

私たちは建てるときはもちろん、建てた後でもお客様とのつながりを大切にするためにさまざまな取り組みを行っています

 

【オーナー感謝祭】 年に数回、同窓会のようにオーナー様を展示場に招待し、建築後もつながるコミュニケーション活動を行っています。

 

【オーナー会報誌発行】 3ヶ月に1度、オーナー様に情報誌を お届けしています。社内でコンテンツを作成し会社の動きを発信しています。

 

【カスタマーレディ】 お引き渡しをしたオーナ様を巡回し住まいに関するご意見などを聞いたりメンテナンス情報の収集を行います

 

 

 

別紙2 北海道の断熱性能を実現!「極暖の家」の特徴

「ワンランク上の断熱性能」と「ワンランク上の暮らし」を提供することが商品コンセプトになっています

< >倍の厚みの現場発泡ウレタン断熱材を使用した「魔法びん断熱」で北海道基準※1の断熱性能を実現< >

耐震等級相当※を確保しながら、「オール寸柱+耐震パネル制震ダンパー」を標準採用

 

 

★高断熱住宅での健康改善効果について

断熱性の高い家は冷暖房費の削減効果だけでなく

健康改善にも効果があり、年間9000円ほどの医療費が

削減されることが示されております※5

 

 

※1:北海道基準とは、改正省エネ基準(平成25年基準)で定められた国内最高レベルの断熱性能(UA値:0.46W/㎡・K以下)に近い断熱性能を有します。UA値は、住宅の断熱性能を表したで、数値が小さいほど断熱性に優れていることを表します。

※2:世界トップクラスとは、トリプルガラスの空気層には断熱性能を高めるアルゴンガスを注入し、ダブルLow-Eトリプルガラスを採用することで世界トップクラスの断熱性能を実現しています。

※3:熱貫流率U値とは、熱の伝えやすさを表した値で、数値が小さいほど断熱性に優れていることを表します。

※4:耐震等級3とは:建物の強さを表す指標で、耐震等級3が最高等級となっています。数百年に一度発生する(震度6強から震度7程度)地震力の1.5倍に対して、倒壊・崩壊しない程度を想定しています。<建物条件によって異なります>

※5:出典:伊香賀俊治、江口里佳、村上周三、岩前篤、星旦二他:健康維持がもたらす間接的便益(NEB)を考慮した住宅断熱の投資評価、日本建築学会環境系論文集、vol76,No666、2011.8



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

ファイルを一括ダウンロードする

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

大賀建設株式会社

代表者名

須賀 亮

業種

建築

プレスリリース情報

ジャンル

建築

カテゴリ

企業の動向

この企業の関連プレスリリース

「太陽光・HEMS・エアコン」のゼロエネパックを73万円でゼロエネ住宅応援キャンペーン
!2016年6月28日 8時
光熱費0円住宅「ZEROの家」ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2015 優秀賞2年連続受賞
!2016年3月12日 8時
外壁タイル・床暖房・家具など、こだわりを選べる「こだわりの家」応援キャンペーン
!2015年12月29日 15時
2015年度グッドデザイン賞を受賞
!2015年9月29日 14時
太陽光発電システムなどゼロエネ仕様がついてくる!光熱費0円住宅「ZEROの家」キャンペーン
!2015年9月29日 11時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る