近畿圏で初めて(※)の「防音地下室」付きマンション。 「ハイネスクラウズ宝塚 清荒神<夢奏館>」  阪急宝塚線「清荒神」駅 徒歩2分。総戸数35戸

ハイネスコーポレーション株式会社(大阪市中央区。代表取締役社長:緒方一彦)が兵庫県宝塚市で販売しております「ハイネスクラウズ宝塚 清荒神<夢奏館>」では、このたび、1階住戸に設けた『防音地下室』が、近畿2府4県で初めてであるとの報告を受けました。(※1995年以降の近畿2府4県での民間分譲マンションで初。調査:㈲MRC)

ハイネスコーポレーション株式会社(大阪市中央区。代表取締役社長:緒方一彦)が兵庫県宝塚市で販売しております「ハイネスクラウズ宝塚 清荒神<夢奏館>」では、このたび、1階住戸に設けた『防音地下室』が、近畿2府4県で初めてであるとの報告を受けました。(※1995年以降の近畿2府4県での民間分譲マンションで初。調査:㈲MRC)

本物件の場所は地盤の固い支持層が浅いため、その特性を生かして、杭を打たない「全面ベタ基礎」を採用、その基礎部分を活用して、1階の4住戸に38.33㎡~50.10㎡の広さがある本格的な『防音地下室』を設置しております。

防音地下室はリビングと階段で通じており、階段下は収納スペースとして利用できるほか、グランドピアノが入る大きさの搬入口を1階の専用庭へ通じる形で設け、ここからの採光も可能です。防音性能を高めたため、楽器の練習、ホームシアターの設置のほか、スポーツのトレーニングなどを存分に楽しむことができる、「夢奏館」というネーミングにふさわしいスペースが誕生します。

 

本物件の土地は、古くは阪神競馬場に競走馬を送り出していた牧場で、その後、関西有数の名門テニスクラブやオリンピック選手を輩出するスイミングスクールになるなど、多くの人たちの夢を育んできた歴史があり、「この場所にふさわしい、夢のあるマンションを」という要望とともに、地主から直接譲り受けた経緯があります。「夢奏館」という名称は、夢を育んできた歴史ある土地に相応しいマンションという意味を込めたものです。

本物件は、阪急「宝塚」駅へ1駅の「清荒神」駅から徒歩2分という交通利便性に加え、文化発信拠点として広く知られるベガホールに隣接した希少な立地となります。地元で人気の高い宝塚小学校・御殿山中学校の校区であり、また商業施設、公共施設、病院・金融機関などが徒歩圏内に揃う、子育て世代にもシニア世代にも適した住環境と言えます。住戸タイプは防音地下室付き以外にも、ルーフバルコニー付きやワイドリビングを採用した住戸など18タイプを用意しております。

【ハイネスクラウズ宝塚 清荒神<夢奏館>/所在地:宝塚市清荒神1丁目1-3その他4筆(地番)。総戸数35戸。専有面積:70.51㎡~143.03㎡。2LDK+N~4LDK。入居予定:2017年2月】

防音地下室の完成イメージ

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 ハイネスコーポレーション株式会社
代表者名 緒方一彦
業種 不動産

コラム

    ハイネスコーポレーション株式会社の
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域