まるで魔法!?太陽の光で浮かび上がるソーラープリントによる世界初の量産体制がついにスタート!!

これまでにも、「あっ!」と驚く特殊色材インクの開発を手掛けてきたベンチャー企業の株式会社SO-KEN(社名:そうけん、所在地:大阪府箕面市、代表取締役:浅尾孝司)が、このたび、エンタテインメント市場へ向けた高付加価値なメディア・パッケージの企画・製造大手、株式会社ジャパン・スリーブ(所在地:東京都墨田区、代表取締役:金井彬)との共同により、2015年12月2日(水)より、両社にて、ソーラープリント(フォトクロミック印刷)の手法を用いた、オフセット印刷サービスを開始することとなった。

 

 

▼詳細はこちら

URL: http://goo.gl/2XLbQD

 

これまでにも、「あっ!」と驚く特殊色材インクの開発を手掛けてきたベンチャー企業の株式会社SO-KEN(社名:そうけん、所在地:大阪府箕面市、代表取締役:浅尾孝司)が、このたび、エンタテインメント市場へ向けた高付加価値なメディア・パッケージの企画・製造大手、株式会社ジャパン・スリーブ(所在地:東京都墨田区、代表取締役:金井彬)との共同により、2015年12月2日(水)より、両社にて、ソーラープリント(フォトクロミック印刷)の手法を用いた、オフセット印刷サービスを開始することとなった。

 

【開発経緯】

太陽光線により無色からフルカラーに発色する体感型インクとして、注目度を集めているソーラープリント(フォトクロミック印刷)ではあるが、インクジェットプリントによる印刷手段での受注しか対応できなかった状況では生産性が低く、より多くのニーズに応えることが出来なかったため、2年半の歳月を費やし、ようやくオフセット印刷による生産体制を確立した。

【特徴】

ソーラー(フォトクロミック)のインクは、屋内と(太陽光のある)屋外で、従来の印刷物では不可能であった、異なる視覚的変化を体感することができる。その用途として、様々な消費者向け製品の付加価値をより印象的にアピールするための販促物や、ユーザーの所有したい気持ちをそそる魅力的なアイテムづくり、また絵柄が変化する特性を利用し、印刷物を手にしたユーザーを屋内から屋外(またはその逆)へ誘導する“仕掛け”等、コンサートやイベント、アミューズメントなど企画連動型の用途もターゲットとして見込まれている。また、使用するオフセット印刷機の最大用紙サイズは740×530mmであり、最大印刷可能範囲は700×500mmである。

【将来性】

最低ロットを3,000通しとして、初年度の売上は両社で5億を見込む。我々はこの商品を、実際に手にしたユーザーに「ずっと持っておきたい」「他の人に見せたくなる」といった衝動を、価値として与える事ができると考えており、将来的には、「あっ!」と驚く商品の企画や開発を行うことで、ソーラープリント(フォトクロミック印刷)の更なるマーケット市場の拡大や可能性を延ばしていきたい。

 

【会社概要】

■会社名 株式会社SO-KEN

■代表者 代表取締役 浅尾孝司

■資本金 50,000,000円(資本準備金含む)

■設 立 2002年4月

■所在地 〒562-0035 大阪府箕面市船場東3-3-12 船場オスカービル3F

■TEL 072-726-8266

■FAX 072-726-8267

■URL http://www.trickprint.com

■Email info@trickprint.com

■事業内容 「あっ!」と驚く印刷技術を創造・研究開発し実現する会社



添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社SO-KEN
代表者名 浅尾孝司
業種 その他サービス

コラム

    株式会社SO-KENの
    関連プレスリリース

    株式会社SO-KENの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域