アサヒ衛陶初 4.8L洗浄の節水型トイレ『エディ848』9月1日 新発売

アサヒ衛陶株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:町元孝二)は、節水型トイレの主力商品“エディシリーズ”より、4.8Lでの洗浄を可能とした『エディ848』を9月1日(火)から発売いたします。従来の6L洗浄に比べて、より少ない水量で流す4.8L洗浄の節水型トイレを発売することで、CO2削減の推進と節水型トイレの普及に寄与し、低炭素社会の実現に貢献していきます。

 

▲「エディ848」と温水洗浄便座「サンウォッシュDA」を組み合わせた空間イメージ

<主な特長1>新しい洗浄方式が生み出す4.8L洗浄で大きな節水効果

従来のトイレ(13L洗浄)から取り替えた場合、年間約13,900円の水道料金を削減できます。

【試算条件】4 人家族(男性2人、女性2人)が大1回/人・日、小3 回/ 人・日使用した場合で算出

(引用元:省エネ・防犯住宅推進アプローチブック)【単価】上下水道料金265 円/㎥(税込)

*従来便器13L と比較

 

クロス・スピニング洗浄

旋回流と縦回転の水流を発生させて、わずかな水でもしっかりと汚物を排出します。

  

 

 

<主な特徴2>丸みを帯びた曲線形状のタンクは見た目がすっきり・拭き掃除の負担も軽減

新設計のタンクは、前面に曲線を帯びた形状にすることで、柔和な印象を与えます。

コントラストがつくことですっきり

とした見た目になり、狭いトイレ空間

でも広く見せることができます。

 

 

 

 

 

 

前面に角がなく丸みのある形なので、

拭き掃除の際はサッとひと拭きで

お手入れできます。

 

 

 

 

 

 

 

<主な特徴3>手洗い高さを従来より56mm低くしてお子様や高齢者でも無理なく使用可能(手洗付)

誰でもラクな姿勢で使えるように、従来のタンクよりも56mm低くしました。

お子様や高齢者にかかわらず、みんなが

ラクな姿勢で使えるように、床から手洗

いボウル部分までの高さを従来よりも

56mm 低くしました。

 

 

 

 

 

 

<主な特徴4>手が洗いやすく水はねを抑える深型の手洗いボウル形状(手洗付)

手の洗いやすさを考えてボウルを深めに設計し、さらに水はねも抑えます。

ボウルを深めに設計することで、陶器部分のフチに手が当たりにくく、従来製品よりも手が洗いやすいように開発しました。同様に深さがあるため水はねも抑えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

<商品概要>

■商品名   エディシリーズ『エディ848』

■定価    75,200~96,400円(税抜) *便器とタンクの便座なしセット価格

■発売日   2015年9月1日

■カラー   ラブリーホワイト(LW)/ラブリーアイボリー(LI)

■排水方式  床排水 排水芯200mm

■洗浄水量  大4.8L/小3.8L

■備考    トイレコート標準採用

■アサヒ衛陶ウェブサイト(掲載ページ)→http://www.asahieito.co.jp/Product/category/toilet/detail.php?prm=o&no=43

 

 

<会社概要>

■会社名   アサヒ衛陶株式会社(東証2部 5341)

■創業    江戸時代 享保年間

■設立年月日 1950年(昭和25年)12月20日

■本社所在地 大阪府堺市美原区小平尾451番地

■資本金   14億300万円



添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 アサヒ衛陶株式会社
代表者名 町元孝二
業種 その他製造業

コラム

    アサヒ衛陶株式会社の
    関連プレスリリース

    アサヒ衛陶株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域