【現役世代の死生観に関する調査】死を受け入れるのは、「認識・判断できなくなった時」。 医師による判断は半数を下回る。

20歳代~50歳代までを対象に、死生観を調査。死を受け入れるのは、「認識・判断できなくなったとき」が87%でトップ。次いで、「周囲に迷惑をかけるようになったとき」が73%となった。また、自分の死を意識している人は、意欲的・自律的・前向きで、幸福度が高いことが分かった。

高齢期のライフスタイルの充実について調査・研究・提言する、特定非営利活動法人「老いの工学研究所」(大阪市中央区、理事長:西澤一二、http://oikohken.or.jp/)は、現役世代の死生観と現在の生活姿勢などの関係について調査し、このたび結果がまとまりましたのでお知らせ致します。(詳しくは、添付資料をご覧ください。)

1. 死を受け入れるのは、「認識・判断できなくなったとき」が87%でトップ。次いで、「周囲に迷惑をかけるようになったとき」が73%。「医師に治療できないと言われたとき」は、47%と半数を下回った。

2. 自分の死を意識することで、人生が充実し、幸福度も高まる。
 ●自分の死を意識している人の特徴(意識していない人との違い)
  a)貢献や交流への意欲がある。
    死を受け入れる時を、「生きがいがなくなった」「役に立てなくなった」「交流がなくなった」時だと
    考える人の割合が、自分の死を意識していない人よりも、15%以上多かった。日頃の生活姿勢では、
    「他世代と交流している」「誰かの役に立とうとしている」が、自分の死を意識していない人よりも、
    10%以上多かった。

  b)向きで自律的。成長の実感を持っている。
    死の受容や生活姿勢に関する質問に対して、肯定する(「そうだ」「ややそうだ」)傾向があり、
    全体に前向きで、意思が明確である。また、「年齢なりに成長・成熟していると思う」と答えた人は
    76%で、自分の死を意識していない人を10%上回った。

  c)幸福度が高い
    32%が、現在の幸福度(10 点満点)を10 点あるいは9 点とした。自分の死を意識していない人
    は 16%であり、幸福度の高い人の割合は約2 倍となった。

今回のアンケートでは、自分の死をしっかり意識する人ほど、生活が充実し、幸福度も高まる傾向にありました。長寿化によって高齢期の充実が重要課題となっていますが、死をしっかり意識することが、一つの解決策となり得るのではないかと考えられます。
また、死をしっかり意識すれば、死を恐れず、死について会話をし、死を受け入れる時を明確にできるといった傾向が出ており、これは高齢者を支える子供世代にとっても、大きな恩恵になるはずです。
現代は、核家族化の進行や地域社会の変化によって、昔のように死を身近に感じる機会がなくなってきていますが、これによるマイナス面を示唆する結果となりました。

本調査では20~59 歳まで201 名に回答をいただきました。12 月には、70 歳代・80 歳代が中心の当研究所のモニター会員 約1 万2 千人を対象として、同じ内容のアンケートを実施します。高齢世代から回答を加えることにより、改めて分析を行い、発表する予定です。

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 NPO法人「老いの工学研究所」
代表者名 西澤一二
業種 その他サービス

コラム

    NPO法人「老いの工学研究所」の
    関連プレスリリース

    NPO法人「老いの工学研究所」の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域