男性高齢者の自立生活、“配偶者頼み”が鮮明。 介護施設の職員が考える“高齢期に自立生活に必要なこと”は、「人間関係」

アンケート調査「高齢期の自立生活に必要な備えとは?」

高齢期のライフスタイルの充実に関する研究・提言を行っております、特定非営利活動法人「老いの工学研究所」(大阪市中央区)は、「高齢期の自立した生活」に関するアンケート調査を実施し、65歳から91歳まで263名の回答を得ましたので、その結果についてお知らせいたします。なお、要介護度の高い高齢者と日ごろ接している、現役の老人介護施設の職員64名にも同じ質問を行い、自立した高齢期を過ごすためのポイントについて、考え方の違いについて分析しております。

 

1.男性高齢者の自立生活は“配偶者頼み”

本アンケートでは、『高齢になっても自宅で自立した生活を続けるためには、若いうちに(50~60歳代の頃から)、どのような備えをしておくことが必要だと思いますか?』と質問し、8項目について、「そう思う」「ややそう思う」「どちらとも言えない」「あまりそう思わない」「そう思わない」の5つから一つを選択していただきました。

 

8項目について、「そう思う」「ややそう思う」と回答した割合の合計(男女別)は、上表のようになりました。

「結婚している(世話をしてくれる配偶者がいる)」では、男女で約30Pの差がつきました。男性の3人に2人が、家事や身の回りのことを自分で行う自信がなく、高齢期に配偶者がいないと困る状況であるものと考えられます。

そのほか、「子や親族との良好な関係」「人との交流がある環境」で、女性が比較的多くなっており、高齢期の自立生活への備えとして、女性はより人間関係を重視する傾向が見られました。

 

 

2.介護職員が考える、高齢期に自立生活を営むポイントは「人間関係」

一般の高齢者に比べて、介護職員が重視している項目は、「結婚している(世話をしてくれる配偶者がいる)」がもっとも大きく、約12P。次いで、「子や親族との良好な関係」「人との交流がある環境」となっています。逆に、介護職員に比べて、一般の高齢者が重視している項目は、「蓄えがあること、お金を持っていること」で約8Pの差がありました。

要介護度の高い高齢者と接している介護施設の職員も、高齢期の自立生活への備えとして、「人間関係」が重要であると考えていることが分ります。

 

生涯、自宅で自立して暮らすことは多くの高齢者の願いですが、そのためには「健康やお金だけでなく、配偶者や親族との関係、地域などでの人間関係を良好に保っておくことが重要である」と、特に男性は改めて認識する必要があると考えられます。

 

【調査概要】

・調査期間:2018年3月25日~5月20日。

・調査方法:郵送

・回答者 :高齢者263名(65歳~91歳。男性114名/女性149名)、介護施設職員64名

 

<お問い合せ先>

特定非営利活動法人「老いの工学研究所」

大阪市中央区伏見町四丁目2番14号

理事長 川口 雅裕

TEL:06-6223-0001



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 NPO法人「老いの工学研究所」
代表者名 西澤一二
業種 その他サービス

コラム

    NPO法人「老いの工学研究所」の
    関連プレスリリース

    NPO法人「老いの工学研究所」の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域