プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数45,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

「大橋さくらんぼ園」オリジナルのさくらんぼ酢「黄色のさくらんぼ酢<月山錦>」が、本年3月から国内国際線・ファーストクラス機内食に採用。

有限会社大橋さくらんぼ園

!2014年2月17日 10時

「大橋さくらんぼ園」は、さくらんぼの新たな名所として注目される北海道・芦別で、30品種以上1,500本のさくらんぼを栽培しています。オリジナルの「黄色のさくらんぼ酢<月山錦>」は、まろやかな酸味が特徴で、サラダやピクルスのドレッシングのほか、炭酸水などで割ってもおいしく飲むことができます。

有限会社大橋さくらんぼ園のプレスリリースアイキャッチ画像
「大橋さくらんぼ園」(所在地:北海道芦別市、代表者:二代目園主 大橋 正数、URL: http://www.oh-cherry.com/think )が栽培・収穫したさくらんぼ「黄-月山錦」を素材とした、オリジナルの「黄色のさくらんぼ酢<月山錦>」が、本年3月から国内国際線のファーストクラス機内食に使用されることとなりました。

「黄色のさくらんぼ酢<月山錦>」は、当園で栽培・収穫したさくらんぼ「月山錦」を、北海道・札幌市の酢醸造会社に委託して、静置発酵により醸造熟成し数年寝かせた酢を濾過し、オリゴ糖等を加えて熱処理、瓶詰めした本格的な果実酢です。

まろやかな酸味が特徴で、サラダやピクルスのドレッシングのほか、炭酸水などで割ってもおいしく飲むことができます。

大橋さくらんぼ園では、2011年から、当園で栽培・収穫した、いずれもさくらんぼの品種として有名な「佐藤錦」よりも高級品種とされている、大玉のさくらんぼ「赤-南陽」、黄色のさくらんぼ「黄-月山錦」、日本一の大玉の黒いさくらんぼ「黒-サミット」を原料に、贅沢な酢を製造・販売してきました。

「さくらんぼ酢<赤-南陽>」は、2013年12月から、北海道産品の消費拡大を目指す北海道と一般社団法人北海道食産業総合振興機構(略称:フード特区機構、URL: http://www.h-food.or.jp/ )の働きかけにより国内の国際線ラウンジや機内食で使用を開始した北海道の食材のひとつとして採用されました。

本年2月末まで、成田国際空港および東京国際空港の国際線ファーストクラスのラウンジで提供される魚料理の調味料として使用されていますが、このほど、本年3月からは国内の国際線のファーストクラス機内食に使用されることとなりました。

さくらんぼの栽培では、全国的に山形県が知られていますが、現在では、温暖化の影響もあり、北海道がさくらんぼ栽培の最適地になってきたといわれています。大橋さくらんぼ園が位置する北海道・富良野に隣接する芦別(あしべつ)市は、特に、開花時期の5月頃は天候も良く、また、収穫時期の7-8月は糖度が高くなるために必須の気象要件である昼と夜の寒暖差が大きく、品質の良いさくらんぼが栽培されています。

当園では、1960年代の半ばから、さくらんぼの栽培を始め50年が経ちました。1970年(昭和45年)には、日本で初めてのさくらんぼ狩り園を開園し、現在は、さくらんぼ狩りに加えて、直接消費者にさくらんぼを届けるインターネットを中心とした通信販売を専門としています。

さくらんぼ園の面積は、東京ドームを上回る47,000平方メートルで、全域を雨よけドームで覆い天候に左右されることなくさくらんぼ狩りを楽しむことのできる、日本最大級のさくらんぼ園です。

著名な「佐藤錦」「紅秀峰」「南陽」「月山錦」をはじめ、18世紀からヨーロッパで栽培されナポレオンの死後1821年にベルギー王が命名したという「ナポレオン」、寒さに弱い「おりひめの季節」、栽培が難しいとされる「華駒」などの希少種をふくめ30種以上、約1500本のさくらんぼを栽培しています。

さくらんぼが熟する7-8月は、ラベンダーの開花期とも重なり、富良野や旭川など北海道の広大な自然を楽しむ観光とあわせて、毎年、日本国内はもとより海外からも多くの観光客を迎えています。

4年前の2010年からは、それまでのさくらんぼ狩りと通信販売、さくらんぼジャムに加えて、「さくらんぼパン」、「干しさくらんぼ」、「さくらんぼクッキー」などのさくらんぼ加工食品の開発を本格化しました。2011年には「さくらんぼ酢」、2013年には「さくらんぼチーズタルト」「さくらんぼパイ」「さくらんぼピクルス」を開発・商品化し、ラインナップを充実しました。

当園では、今回の「さくらんぼ酢」の国際線ファーストクラスの機内食採用を機に、北海道・芦別の「さくらんぼ」の周知を図っていくとともに、さくらんぼ加工食品の販売にも注力していきます。
【「大橋さくらんぼ園」概要】

■名 称 大橋さくらんぼ園
社名:有限会社大橋さくらんぼ園
■代表者 二代目園主 大橋 正数
■開園期間 7月上旬~8月下旬
*栽培状況により異なります。
■所在地 〒079-1371 北海道芦別市上芦別町469番地
■面 積 47,000平方メートル(14,500坪)
■栽培品種 約30種類以上
■栽培本数 約1,500本
■入園料 大人(中学生以上) 1,000円/小学生 700円/3歳以上の未就学児 400円
*収穫時期、品種の畑による追加料金あり。消費税■■
■収容人数 1日約1,000人収容可能
■駐車場 500台収容可能
■URL  http://www.oh-cherry.com/think
■問合せ TEL:0124-23-0654
FAX:0124-23-2828
Email info@oh-cherry.com

ファイルを一括ダウンロードする

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

有限会社大橋さくらんぼ園

代表者名

大橋 正数

業種

農林水産

プレスリリース情報

ジャンル

農林水産

カテゴリ

製品

この企業の関連プレスリリース

今年度(2015年)もまた「大橋さくらんぼ園」が製造・販売している「黄色のさくらんぼ酢<月山錦>」が日系航空会社国際線ファーストクラスの機内食に採用
!2015年2月6日 12時
日本最大規模のさくらんぼ農園「大橋さくらんぼ園」で収穫した、今が旬のさくらんぼが「ANAショッピングA-style」から、販売開始。
!2014年5月16日 18時
「大橋さくらんぼ園」オリジナルの「さくらんぼジャム<赤・南陽>」、本年3月から国内国際線・ファーストクラスの機内食に採用。
!2014年3月4日 6時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る