プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
株式会社マイネット 金田 幸枝氏のトップ画像

株式会社マイネットのロゴ画像

広報と人事を総合的に実践して社内外のコミュニケーションを促進

モバイルCRMで日本一の顧客数を誇るマイネット。ソーシャルアプリ事業でさらなる飛躍を目指し、人事・広報リーダーの金田幸枝さんは奮闘する。

会社の発展に合わせて業務が広がる


Q「どこでもドアを実現する」という企業理念はユニークですね。どんな事業を展開しているのですか?


事業は大きく2つあります。利用店舗数3万件を超えるモバイルCRM「katy」(ケイティ)とソーシャルアプリ事業です。ソーシャルアプリ事業は、今年5月にリリースした本格派ファンタジーカードバトルゲーム『ファルキューレの紋章』が好調で、既にmixiやAndroidなどのマルチプラットフォームへ展開を行っております。

Q広報活動はどのように行なっていますか?


プレスリリースや、FacebookやTwitterなどのSNSを利用した情報発信が中心です。またメディアからの取材対応も私の役割です。人事も兼務していますので採用広報業務も担当しています。

Qもともとは総務担当でのご入社ですよね。


そうなんです。最初は文房具の管理などから始まりました。前職が大手通信会社の人事だったので、次第に採用や社員教育も任されるようになり、そこから採用広報、そしてコーポレート広報へ業務が広がっていった感じです。



人事と広報を統合的に行うメリット


Q人事と広報の兼務でメリットは感じますか?


マイネットでは「メンバー1人ひとりが主役」という考えのもと、活躍しているメンバーそれぞれにスポットライトを当てたいと思っています。現在当社のホームページで全員を顔写真付きで紹介しているのもその一環です。社外に向けて様々な強みをもったメンバーを紹介することで、採用や企業のイメージ作りに大いに役立っていると思います。社外、社内、採用の広報を統合的に行えるので、人事と広報を兼ねているメリットは大きいですね。

Q「統合的に」ですか。何か意識している点はありますか?


pr_interview_mynet_data_image3
会社作りについて3つの目指すべき像を掲げています。「採用」に関しては「入りたくなる会社」、「広報」に関しては「つながりたくなる会社」、「メンバー」に関しては「仕事を楽しめる会社」です。どんな業務においてもこの3つの視点を基準にしています。

例えば、弊社では四半期に1度、360度評価で選ばれたメンバーをMVPとして表彰し、トロフィーを渡しています。そのMVP制度や社内の雰囲気を『るるぶ』特別号「スゴいオフィス見学」に1ページにわたって掲載頂きました。

この『るるぶ』は、メンバーのご家族や友人の目にも触れて、本人たちだけでなくその周囲の人たちもが喜ぶ結果となりました。また大手通信会社の人事の方から「ぜひ御社のオフィスへ一度見学に行きたい」という問い合わせもありました。「採用」を意識してお受けした取材でしたが、「広報」と「メンバー」の視点でも良い影響を及ぼしてくれました。



つながりたくなる会社の素地を作る


Q「広報」の「つながりたくなる会社」についてもう少し教えてください


pr_interview_mynet_data_image1
弊社は創業時からエンジニア同士の勉強会や社外セミナーを主催するなど、他社の方々と交流する機会を多く設けてきました。また代表の上原が「この指とまれ」的な輪を作るのが上手いので、私も情報発信の仕方や外の人との交流といった代表の立ち振る舞いを参考にしています。

リアルな場で人と出会ったり、「何か面白いことをやっている」と感じてもらうために情報を発信するのも、何かの機会に他社へコラボレーションを依頼したり、逆に声を掛けてもらうための素地作りだと思っています。

最近は、アイティメディアさん、オールアバウトさん、ガイアックスさん、モバイルファクトリーさんと5社合同で新入社員研修を実施しました。これは、「シェア研修」として『日経ビジネスONLINE』で掲載頂きました。「つながりたい」と思われる会社であり続けるために、外部の方との交流と情報発信は欠かさないようにしています。



ベンチャーで働くママはかっこいい


Qベンチャーで働く醍醐味は?


pr_interview_mynet_data_image2
成長スピードが違う、責任範囲が違う、挑戦できる領域が違う。新卒からベンチャー、大手、ベンチャーと経験してきているので特にそう感じます。私は常に上を目指していけるベンチャーが大好きですね。

とはいえ、当社は子どものいる女性の働く環境にも配慮しており、例えば午前10時から午後4時までといった時短勤務の雇用形態があります。ベンチャーに在籍する女性社員は「プライベートを捨てる」「髪を振り乱して働く」というイメージがやっぱりあって、なかなか人材が定着しません。それを変えたいんです。会社としても優秀な女性が働くことができないのは機会損失だと思っています。子育てを優先しながら「会社の星を目指すママ」がいてもいいはず。「ベンチャーで働くママがかっこいい」といえる会社にしたいですね。

Q素晴らしい目標ですね。会社としてはどのような挑戦をしているのでしょうか?


グローバル展開の第一弾として、ソーシャルゲーム業界についての独自調査や分析記事を英語で発信するブログメディア「Social Game Report」(ソーシャルゲームレポート)を立ち上げました。日本のゲーム情報を知りたい海外の方はたくさんいて、大変好評を頂いています。

このメディアを通して海外ネットワークを築くと共に、日本のソーシャルゲーム事業者の海外進出を支援し、世界のソーシャルゲーム産業の発展に貢献していきたいと考えています。

金田 幸枝氏

企業名
株式会社マイネット
部署・役職
コーポレートチーム 人事・広報リーダー
設立
2006-07-01
所在地
東京都中央区銀座8-16-13 中銀・城山ビル9F
URL
http://mynet.co.jp/
プロフィール
新卒で音楽家の人材派遣ベンチャーに入社。その後、大手通信会社で人事を2年半経験。2009年4月、人事総務の知見を買われマイネットに総務担当として入社。現在は人事・広報リーダーとして活躍している。

【最新】広報インタビュー

無料会員登録をする

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る