プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数45,000社の実績で国内NO.1

詳細検索

M研究・調査報告に関するプレスリリース

研究・調査報告のプレスリリースが6,469件見つかりました。このページでは「アンケート、ランキング、最新動向、研究所、オタク、意識調査、満足度、研究者、レポート、調査会社、、、」など、研究・調査報告に関する最新プレスリリースを45,000社の利用企業の中から紹介しています。「詳細検索」をクリックしてキーワードや地域、配信期間などの条件を指定すると、より最適化された研究・調査報告のプレスリリースを探すことができます。

母の日目前、東の<ママ>と西の<おかん>を徹底比較 オシャレ度、教育ママ度、愛情ママ度は東西どっちが上? 性格に合わせたギフト選びで、7割のママが愛情を感じる!

Afternoon Tea LIVING 「Mother’s Day 2017」開始

株式会社サザビーリーグ

  • !2017年4月27日 11時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

~若手社員400人に聞いた!働き方に関する調査~テレワークの障害はデジタル環境だった!デジタル世代の半数は自宅で仕事ができると回答

オフィスコンサルティング事業を行う株式会社フロンティアコンサルティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:川原 邦章)は、2017年4月に全国の若手社員400人(社会人1年目から9年目までの男女)を対象に「働き方に関する調査」を実施いたしましたので、ご報告いたします。

株式会社フロンティアコンサルティング

  • !2017年4月27日 11時
  • a建築
  • a研究・調査報告

Instagramレポート2017 【フォロワー数別にみる「いいね数」と「いいね率」】〜キャスティング編〜

Instagramを活用する誰しもが気にする「いいね」について、”いいね数”と”いいね率”の2つの観点から考察しました。今回は、キャスティング編ということで、「どれだけのフォロー数を抱えるインフルエンサーをキャスティングするべきなのか」など、instagramマーケティングにおいて役立つ情報となっています。

株式会社パスチャー

  • !2017年4月27日 9時
  • aネットサービス
  • a研究・調査報告

現場改革に取り組む、『現場活性化研究会』を初開催。 現場を取り巻く課題の発掘と見える化について情報を交換   

 株式会社エー・エス・ディ(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:内山岳彦 )は、去る4月21日、建設現場の活性化を目指し、第1回目となる『現場活性化研究会』を開催したことを報告します。 現場活性化研究会は、“現場に利益の源泉がある”をテーマとして、活き活きとした現場に変革するために、同じ課題に直面する仲間が集うネットワークを作りたいという思いから発足しました。今後も継続して、現場改革に取り組む方々にとって関心の高い話題を提供するセミナーや、有用な情報交換の場を設けてまいります。

株式会社エー・エス・ディ

  • !2017年4月26日 11時
  • a建築
  • a研究・調査報告

今後、ニーズが高まると思うのは「AWS」「次世代ファイヤーウォール」「Java」「IoT」【IT技術に関する調査】をVSNが発表

人材サービスの株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 川崎 健一郎)は、IT技術者を対象に、「今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術に関する動向調査」を実施。計225名から回答を得ました。

株式会社VSN

  • !2017年4月26日 10時
  • aビジネス・人事サービス
  • a研究・調査報告

絵を描くと、ストレス状態を示すβ波が7割の人で減少。 記憶力の高まりとリラックス状態を示すθ波が9割の人で増加。「絵を描くことが脳波に及ぼす影響」調査結果発表

3色パステルアート(主宰者:浜端望美、本部所在地:東京都町田市)は、2017年4月25日(火曜)に、絵を描くことが 脳波に及ぼす影響の調査結果を発表いたします。 3色パステルアートは赤・青・黄・の三本のソフトパステルだけで手軽に絵を描くアートセラピーです。今回は3色 パステルアートの技法を用いて絵を描き、それが脳波にどのような影響を及ぼすのかについて調査を行いました。

3色パステルアート

  • !2017年4月26日 10時
  • aその他サービス
  • a研究・調査報告

「地球の歩き方総合研究所」の研究員に選定されました

株式会社プレステージ・インターナショナルの連結子会社である株式会社AppGTの吉澤 勉が、ダイヤモンド・ビッグ社により4月11日に発足された「地球の歩き方総合研究所」の研究員に選定されました。

株式会社プレステージ・インターナショナル

  • !2017年4月25日 17時
  • a旅行・観光・地域情報
  • a研究・調査報告

留学ジャーナル『留学白書2017』を発表 ~不安定な欧米情勢がアメリカ人気に影響を与える結果に。人気留学先トップは2年連続カナダがランクイン~

雑誌「留学ジャーナル」の発行元であり、日本最大級の留学エージェントでもある株式会社留学ジャーナル(本社:東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル、代表取締役社長:安藝 清、以下「留学ジャーナル」)ではこの度、日本人留学生および留学希望者の動向をさまざまな視点から調査・分析する『留学白書2017』を取りまとめましたので、ここに調査結果の要旨をご報告いたします。主な調査結果の概要は下記の通りです。

株式会社留学ジャーナル

  • !2017年4月25日 14時
  • a教育
  • a研究・調査報告

【ECのミカタ 独自調査】再配達に対する消費者の声

 EC市場は、2009年から2013年の5年間で約1.8倍という規模に拡大しました。それに伴い、日本全体の宅配便の取扱い個数も増加。国土交通省の発表によると、2015年度の宅配便取扱個数は37億4,493万個で、前年度から3.6%増加しています。EC業界としても、商品をお客様の手元に届けるために欠かせない「配送」の実態を知り、どのように向き合っていくか考えるべきだとの思いのもと、「再配達の原因」や「消費者の意見や要望」など「再配達の実態に関する調査」を行いました。

ECのミカタ株式会社

  • !2017年4月25日 14時
  • aネットサービス
  • a研究・調査報告

「家を買って転勤になった人」に聞いた、マイホームの活用方法家持ち転勤者の4割がお金にしていた!

不動産関連の比較査定サイト「スマイスター(https://www.sumaistar.com)」を運営する株式会社シースタイル(本社:東京都中央区、代表取締役:川合 大無)は家を買ったら転勤になった20代以上の男女、全国100人の「スマイスター」利用者を対象に『マイホームの活用方法』についての調査を行いました。

株式会社シースタイル

  • !2017年4月25日 11時
  • a不動産
  • a研究・調査報告

2017年度 新入社員の初任給調査~東証第1部上場企業228社の速報集計。70.2%が初任給を据え置き~

民間調査機関の(一財)労務行政研究所(理事長:猪股 宏、東京都品川区西五反田3-6-21)では、2017年4月の新卒入社者の初任給を調査し、東証第1部上場企業228社について速報集計をまとめた。調査では、29.4%の企業が2017年度の初任給を「全学歴引き上げ」した結果となった。一方、初任給を前年度と同額に「据え置き」した企業は70.2%。初任給水準の決定に当たっては、新卒者の労働力需給や世間相場が影響を及ぼし、また、賃金体系を考慮した在籍者賃金とのバランス、賃上げ率(特にベースアップ)の結果と配分との関係も考慮する必要がある。16年以降賃上げは抑制傾向にあり、初任給据え置き率も2年連続で上昇。初任給額は、大学卒で21万868円、高校卒で16万6231円の水準。同一企業で見た前年度の金額に比べ、それぞれ1180円・0.6%、960円・0.6%の上昇である。

一般財団法人労務行政研究所

  • !2017年4月25日 11時
  • aビジネス・人事サービス
  • a研究・調査報告

今夏の脱毛で20代女性が考える予算は5万円以下が半数以上

脱毛に関するノウハウサイト『NII-NA[ニーナ]』を運営するNII-NA編集部では、20代の女性100人を対象に「2017年の夏の脱毛計画」についてアンケートを実施しました。脱毛計画の時期や脱毛を考えている部位から予算まで、気になるけど聞けない脱毛に関する貴重なエピソードも公開しています。

ニーナ編集部

  • !2017年4月24日 13時
  • aその他サービス
  • a研究・調査報告

若手OL500名の実態を調査 OLの約8割は新年度“デビュー”にチャレンジ 約4割は“デビュー不発”を経験! リベンジ時期はGW明け

7割超がナチュラルなのに華がある「攻めのナチュラル」に憧れ

ロート製薬株式会社

  • !2017年4月24日 11時
  • a医療・健康
  • a研究・調査報告

ここだけは嗅がれたくない!?女子のニオイ事情を調査

2016年秋に放送され、阿部寛と香川照之の共演で話題を呼んだドラマ『スニッファー 嗅覚捜査官』。2013年ウクライナ制作の世界的な大ヒットドラマを、日本のNHKが世界に先駆けてリメイクした本作では、“スニッファー(ニオイを嗅ぐ人)”の異名をとる主人公の華岡信一郎が、超人的な嗅覚を使って難事件を解決していく。トーキョー女子映画部では、普段はなかなか聞くことができない“女子のニオイ事情”を調査した。

株式会社TSトーキョー

  • !2017年4月21日 12時
  • aエンタテインメント・音楽関連
  • a研究・調査報告

「ストレス解消には眠るのが一番!?」職場環境のストレスよりも睡眠の問題がストレスチェックの結果に大きく影響

ストレスケア総合サービス「STRESCOPE ストレスコープ」(運営会社:株式会社こどもみらい、本社:東京都世田谷区)は、睡眠の問題がストレスチェック結果に及ぼす影響度について、大学と連携調査を行い、ストレス対策において、職場環境を改善するのと同等かそれ以上の効果が、睡眠改善によって期待できる結果を導き出しました。本調査結果について、2017 年 5 月 12 日に東京ビッグサイトで開催される日本産業衛生学会にて発表致します。

株式会社こどもみらい

  • !2017年4月21日 10時
  • a医療・健康
  • a研究・調査報告

低身長妊婦は妊娠高血圧症候群のリスクが高いことを証明

日本産科婦人科学会のデータベースを使用して20万人超の妊娠データを解析国立成育医療研究センター社会医学研究部の森崎菜穂室長、同産科の小川浩平医員らのグループは、妊婦の身長と妊娠高血圧症候群発症のリスクとの間には関連があり、身長が低いほど発症リスクが高いことを日本産科婦人科学会のデータベースを使用した解析で明らかにしました。同研究では妊娠高血圧症候群だけではなく、胎児に重要な影響を及ぼす常位胎盤早期剥離やSmall for gestational age (週数に比して小さい児)の発症リスクとも相関関係にあることを明らかにしました。この研究成果は2017年3月20日に権威ある産科系雑誌であるPediatric Perinatal Epidemiology誌より発表されました。

国立成育医療研究センター

  • !2017年4月20日 10時
  • a医療・健康
  • a研究・調査報告

様々な性分化疾患の原因となるNR5A1遺伝子の新規変異を同定

NR5A1蛋白のカルボキシ末端領域の機能的重要性、および表現型の多様性を示唆国立成育医療研究センター分子内分泌研究部の服部共同研究員、福井特任研究員、深見部長らのグループは、那覇市立病院の瑞慶覧医師らのグループと連携し、46,XY性分化疾患症例においてNR5A1遺伝子の新規変異を同定しました。この結果から、46,XY性分化疾患症例においてNR5A1蛋白のカルボキシル末端領域が重要な機能を持っていることが明らかとなりました。また、今回の症例の症状や血液検査の結果から、NR5A1変異による性腺機能低下症が経時的に進行する可能性が示唆されました。また、NR5A1遺伝子変異の症状としてよく知られる原発性性腺機能低下症に加え、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症や副腎皮質機能低下症を示唆する所見が見出されました。

国立成育医療研究センター

  • !2017年4月19日 18時
  • a医療・健康
  • a研究・調査報告

思春期早発症の新たな原因を解明

Gタンパク共役型受容体の機能亢進を招く新たなメカニズムを解明国立成育医療研究センター分子内分泌研究部の鈴木研究員、深見部長らのグループは、薬剤治療研究部の山内室長、浜松医科大学小児科の緒方教授らのグループと連携し、思春期早発症患者においてPROKR2遺伝子変異を同定しました。PROKR2は、Gタンパク共役型受容体(GPCR)の1つで、脳におけるホルモン分泌制御に関与しています。 PROKR2遺伝子は、思春期遅発症の原因遺伝子としてよく知られています。今回同定された変異タンパクはシグナル伝達能を喪失していましたが、同じ細胞内に存在する正常なPROKR2タンパクの機能を高める作用があることが見出されました。患者さんは正常なPROKR2と変異のあるPROKR2の両方を持っていたことから、変異タンパクが正常タンパクの機能亢進を介して過剰ホルモン分泌を招いたと考えられます。

国立成育医療研究センター

  • !2017年4月19日 16時
  • a医療・健康
  • a研究・調査報告

「次世代を守り、未来をつなぐ」医療を支援するプロジェクト TSUNAGU ∞ PROJECT 第一弾 『卒業寄付(グラドネ)』

国立成育医療研究センターは、株式会社サンクラッド(本部:東京都世田谷区、代表取締役:馬場 加奈子)および株式会社バリューブックス(東京事務所:東京都渋谷区、代表取締役:中村 大樹)ならびに株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区、代表取締社長:植野 伸一)との協業により、 「次世代を守り、未来をつなぐ」医療を支援するプロジェクト“TSUNAGU ∞ PROJECT”の第一弾として、『卒業寄付(グラドネ)』を始動しました。

国立成育医療研究センター

  • !2017年4月19日 14時
  • a医療・健康
  • a研究・調査報告

妊産褥婦の自殺にかかる状況および社会的背景の調査を開始

産後1年未満の自殺件数についての把握と、その属性や地域などの特性について明らかにする国立成育医療研究センターは聖路加国際大学大学院 国際看護学 大田えりかと国立成育医療研究センター 政策科学研究部 部長 森臨太郎と、東京大学大学院との科研分担研究で人口動態調査票情報(出生票及び死亡票、死産票)を連結し二次解析することで、産後1年未満の自殺件数について把握するとともに、その属性や地域などの特性について明らかにすることを目的とする研究を開始いたします。

国立成育医療研究センター

  • !2017年4月19日 12時
  • a医療・健康
  • a研究・調査報告
検索条件を追加・変更する

a人気のまとめ

注目のまとめ

c地域特集

ï開く è閉じる

Mカテゴリ

ï開く è閉じる

Kジャンル

ï開く è閉じる

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る