プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数46,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
第1回 プレスリリースに関する記者の反応調査のトップ画像

ValuePress!

第1回 プレスリリースに関する記者の反応調査

!2014年8月7日

ValuePress!に登録するメディア記者80名に、プレスリリースに関する反応を調査しました。リリースを受取る記者の約7割が 「タイトルを読んで気になったもの」のみを読み、「タイトルで内容が理解できないもの」は本文を読まないといった回答が寄せられました。

サマリー


記者の視点。リリースで最も重要なポイントとは?


ValuePress!ではネットでのリリース配信を行っていますが、

●リリースを受取る記者の約7割が
●「タイトルを読んで気になったもの」のみを読み
●「タイトルで内容が理解できないもの」は本文を読まない

と回答がありました。

また「新規性があると判断される期間」については、

●3日以内が23%
●1週間以内を含めると過半数

を占めます。

 

調査結果


新規性があると捉える期間は、過半数が1週間以内と回答


新規性があると捉える期間は、過半数が1週間以内と回答

1日で受取るリリースは10本~100本が最も多く、300本以上受取る記者も!


1日で受取るリリースは10本~100本が最も多く、300本以上受取る記者も!

実際に目を通すリリースは、5~10%


実際に目を通すリリースは、5~10%

約7割の記者が「タイトルを読んで気になったもの」だけを読みます


約7割の記者が「タイトルを読んで気になったもの」だけを読みます

「タイトルで内容が理解できないもの」は本文を読まれません!


「タイトルで内容が理解できないもの」は本文を読まれません!

新サービス以外にも、様々な切り口のリリースが求められています


新サービス以外にも、様々な切り口のリリースが求められています

 

記者からのコメント


地方紙記者より


タイトルを工夫してほしい。
地方紙としては、地方に関係するかどうかが重要。膨大なリリースがある中で、タイトルに企業名が書かれていないリリースは困ります。仮に関係する内容であっても、読まずに削除してしまう可能性が高まります。

ファッション業界専門誌記者より


ValuePress!から配信されるリリースのほとんどの要約は1行になっていますが、今の2倍程度の文字数でもよいかと思います。

他にも、受取るジャンルのカテゴリーを更に細かく指定したい、指定した地域のみの関連リリースを受取りたい等、システム関連のご要望もいただきました。

 

まとめ


まずは、「読まれる」というハードルを越えるため、リリース作成時には、

●タイトルで内容が理解できるか
●ニュースとして扱える新しい情報であるか
●新発表以外の切り口を上手く活用できるか

上記のポイントを確認してみていただければと思います。

 

調査概要


●調査期間:2014年7月3日(木)~7月25日(金)
●対象:ValuePress!のリリースを受信する記者
●サンプル数:80名

【最新】セレクション

無料会員登録をする

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る