プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索

記者100人の声のロゴ画像

レディー・ガガのダイエット記事がアクセスランキングで1位に

フリーライターとして活躍するピーリング麻里子さん。『TechinsightJapan』『美レンジャー』などで執筆しています。「印象に残る記事・番組」「広報担当者へのメッセージ」などについて伺いました。

Qご自身で書いた記事の中で、特に印象に残っているものはありますか?


セレブ情報をはじめ、日本の芸能、ドラマ、海外の仰天ニュースなどが盛りだくさんの総合エンターテイメントサイト『TechinsightJapan』に掲載した、<ahref="http://japan.techinsight.jp/2012/11/momo-lady-gaga-secret-slim-down-treaner.html" target="_blank">レディー・ガガのダイエット記事です。一時激太りして話題になったレディー・ガガさんですが、彼女のトレーナーがダイエットの内容について話をしたので、それを記事にしてご紹介しました。はじめて、アクセスランキングで1位をとったので嬉しかったです。

 

Qこれまで印象に残っている、企業・広報担当者とのやりとりがありましたら教えてください


私は、色々な分野で活躍する美のプロが、年齢を問わずキレイになりたい女性に美へのヒントをお伝えするサイト『美レンジャー』での執筆をはじめ、美容関連の記事を手がけることが多いので、美容のPRさんとお話しする機会がよくあります。

PRの皆さんは、やはり美容マニアの方が多く、雑談的に「どのコスメが良いですか?」など逆質問されて、長い時間コスメについて互いに語り合うことも少なくありません。自身がPRする商品を愛するのはもちろんですが、その分野についてたくさんの愛と興味を持つと、話が広がって記事のネタになったりするので、すごくありがたいです。

 

Q記者・ライターからみて、広報はどうあるべきだと考えますか?


商品に対してはもちろんですが、目の前の記者やライターにも興味を持つ、といことでしょうか。それは決してプライベートに突っ込むということではなくて、さりげなく相手にも興味を持つというか…。例えばキャラバンで、商品の説明のみでさようなら、となると本当に魅力的な商品以外は記憶に残らないし、広報さんの記憶も残りません。少しでも商品、そしてその分野で話が弾むと、広報さんの顔や何を話したかなどが記憶に残るし、今後の関係もスムーズに行くかと思います。

ピーリング麻里子氏

媒体名
フリーライター
プロフィール
【執筆媒体】
(元は雑誌『Body +』(実業之日本社)、『ar』(主婦と生活社))、現在は『TechinsightJapan』『美レンジャー』

【最新】記者100人の声

無料会員登録をする

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る