ValuePress!

プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索


こんにちは。
スケジュール帳を手作りしている菊池です。


厳密には、市販のA5バインダーを買って、
そこに手作りのスケジュールをとじています。


この時期は、
お店に来年のスケジュール帳がたくさん並んでいてワクワクしますね。



糸井さんの「ほぼ日手帳」を買おうかな~

いやいや、A4サイズのたくさん書き込めるのが良いかな~


と、毎年物色はするのですが、
結局いつもの手作りに落ち着いています。



私の場合、


・1週間の予定を一望したい

・予定を30分単位で記入したい

・持ち運びやすいサイズが良い

・その日のタスクをたくさん記入したい


といった願望があだとなり、
なかなか、希望に合う手帳を見つけられません。


エクセルにデザインして、A4で印刷し、
半分に切って、A5サイズのバインダーにとじて使っています。


使用歴は、もう3年になります。


本コラムの末尾に、ダウンロードできるURLを記載していますので(笑)、
もしご興味のある方は、見てみてください。




さて今日は、
文章を校正する上で大切とされている「音読」について、

前回に引き続き、谷崎潤一郎さんの『文章読本』から
ご紹介したいと思います。



===== 以下、『文章読本』より一部抜粋 =====


■ 「黙読」でも結局は「音読」


人々は心の中で声を出し、
そうしてその声を心の耳に聴きながら読む。

黙読とは云うものの、結局は音読しているのである。


⇒自分にあてはめて考えてみても、そのとおりだと思います。



■ 文章の音楽的要素がないがしろにされている


現代の人はちょっとした事柄を書くのにも、
多量の漢字を濫用し過ぎる幣があります。

この弊害の由って来たる今一つの原因は、
昨今音読の習慣がすたれ、文章の音楽的効果と云うことが、
忽諸(こっしょ)に附されている所に存すると思います。

つまり、文章は「眼で理解する」ばかりでなく、
「耳で理解する」ものでもあるのに、

当世の若い人たちは見て分るように書きさえすればよいと思って、

語呂とか音調とかに頓着せず、
「何々的何々的」と云う風に無数に漢字を積み上げて行く。


⇒確かに、漢字や熟語を多用する方が良いと思っていました(汗)

 私も、小・中・高までは、
 国語の授業で音読をしていたと思うのですが、

 大学や社会人になってからは、すっかり音読と疎遠になっています。



■ 音楽的要素を無視すると・・・


ですからあまり沢山の漢字を一遍に並べられると、
耳は眼の速力に追い付けなくなり、
字形と音(おん)とが別々になって頭へ這入(はい)る、

従って、内容を理解するのに手間が懸るのであります。


⇒これは、肌感覚でご理解いただけるかと思います。


==========================




谷崎さん自身も、青年時代からずっと


「文章を綴る場合に、
 まずその文句を実際に声を出して暗誦(あんしょう)し、

 それがすらすらと云えるかどうかを試してみること」


を実践していたそうです。



プレスリリースにしても、Webのコンテンツにしても、
「眼で理解」して、「耳で理解」する脳のはたらきは同じです。


私も、公開前のひと手間、「音読」を
忘れないようにしていきたいと思います。



それでは、本日もよろしくお願いいたします。



※今日ご紹介した図書(リンク先はAmazonです)

谷崎潤一郎著 『文章読本』
http://u.value-press.com/RH8deX/$val3


※手作りエクセルスケジュール(リンク先はfirestorageです)
http://xfs.jp/LJPne

メルマガ関連情報

直近のメールマガジン情報

過去のメールマガジン情報

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る