ValuePress!

プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索


こんにちは!
ようやくドライバーデビュー!運転が楽しくてたまらない土屋です。

運転の楽しさを知ったら、もう助手席には乗れませんね(笑)

1年前は運転なんて一生しないと思っていましたし、
運転にも車にも全く興味がなかったのが(本当に全否定でした)嘘のよう。

新しい趣味が1つ増えました~♪

(ではなぜ免許をとったのか・・?は、過去メルマガにて簡単にご説明しています。)
http://www.value-press.com/mail_magazine/content/75



新しい事に挑戦する度に楽しい事が増えて、ハッピーになるサイクル。(ただの能天気・・?)
いずれにせよ新しい挑戦って大事ですね。



新しい事と言えば、昨年から毎月開催している「プレスリリース書き方講座」ですが、
今月より、新たなコンセプトのシリーズを追加しました。

▼他社事例に学ぶ!プレスリリース活用講座
http://www.value-press.com/event/detail/sk_writing_step2



1年前より「2時間で書き上げるプレスリリースの書き方講座」を開催してきましたが、
http://www.value-press.com/event/detail/sk_writing

少人数制で毎回数日でほぼ埋まってしまうため、新しいシリーズを追加しました。


実はサイトにupする以外の告知を全く行っていないのですが、
初めてValuePress!をご覧になって参加される方が半数以上。

リリースが書けない!と悩む方の声を聞いてみると、
あれがないこれがないとなるケースが多いです。


その“ないない”現象を大きく3つに分けてみました。



(1)リリースの書き方を体系的に学ぶための情報が少ない

業界誌でいうと『広報会議』に連載されている「実践!プレスリリース道場」、
プレスリリースに関する書籍も多く見積もって50冊程度でしょうか。
セミナーも月1回見つかるか見つからないかレベルだと思います。



(2)プレスリリースのライティングスキルや経験が会社の中で引き継がれていない

(1)にも関係するのですが、広報専任の方が少なく、また1人で行うため、
リリースのフォーマットやルールがマニュアル化されていない。
そのため、会社の経験値がストックされず、
担当が変わるたびにゼロベースで構築の場合も多いようです。


(3)プレスリリースを書くにあたり必要な情報収集が足りていない

弊社でお客様のリリースを添削をさせて頂く際も、実はこれが多いです。
知識不足はもちろんですが、
情報を引き出すための社内のコミュニケーション不足が原因の事もあるようです。



ということで、こうしたないない現象を解決すべく、

1. 基本的なプレスリリースの理解
2. ノウハウやスキルの社内共有
(広報の担当変更にあたって育成にご活用頂くケースも。最低限のマニュアルの提供)
3. 社内における広報業務の役割や広報担当が持つべき視点についてなど、
 広報担当者としてのスキルアップ

を目的として講座を毎月開催しています。


セミナーで感動して楽しかった~とビール飲んで終わり!
という苦い体験を何度もした私の経験より(そんな人は私くらいでしょうか・・・笑)

ワークショップ形式で、極力その場での解決を目指しています。

理解して、実践して、結果を残すところまで、一緒にサポートしていきます!



でも実は、こういったセミナーが不要になるくらい、
便利なツールの提供とサイトでの情報発信をしていくのが目指していきたいところ。


どうしたらノウハウを可視化できるか?、簡単にできるか?、
私たちもこの講座を通じて更に理解を深めながら、
ValuePress!をより使いやすいサービスへと進化させていきたいと思います。

ということで、書き方講座11月枠も先日オープン致しました!



今回は事例編ですので、
広報活動の中でリリースをどう活用していくのか、
といったワークショップがメインになります。

http://www.value-press.com/event/detail/sk_writing_step2


是非皆様のご参加お待ちしております。


それでは、本日もよろしくお願い致します。

メルマガ関連情報

直近のメールマガジン情報

過去のメールマガジン情報

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る