ValuePress!

プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索



みなさま、こんにちは。


今朝、通勤途中に池と化した道路に遭遇し、
長靴のありがたみを改めて感じた平木です。


弊社は小さな会社ですので、風通しのよい職場環境を目指すべく、
フレンドリーな上司を志し、

若い世代とのコミュニケーションを円滑にするために、
私は潤滑油として「オヤジギャグ」を多用しているのですが、
最近、聞こえてない振りをするスタッフが増えてまいりました。。。


「オヤジギャグ」を嬉しそうにかましている中年って、
けっこうチャーミング(古)だと思うのですが、
そんなことはないのでしょうか。。。


間もなくやってくるであろう加齢臭の放出も踏まえ、
更に若者に疎まれることのないよう、
愛されオヤジを目標に、日々精進したいと思います!



さて、本日のお題は、
冒頭にもありました「コミュニケーション」について。


みなさまは、昨年起こった【佐川男子】ブームはご存知でしょうか?



 NAVERまとめ:
 【まさかの予約殺到】ついに写真集まで出る「佐川男子」
 http://u.value-press.com/z8jcUf/$val3



我々男性からすると「え?」という感じがしなくもないのですが、
今年はついにフィギュアがガチャで登場だそうです。



 exciteニュース:
 佐川男子ガチャ発売!開発した加藤さんの佐川男子愛とミョーな学生時代
 http://u.value-press.com/8dvm5o/$val3



そして、今月発売予定の【書店男子】と続きます(笑)。



 exciteニュース:
 会いに行ける王子様! イケメン書店員の写真集『書店男子』発売
 http://u.value-press.com/Xh27dc/$val3



確かに制服やその仕事につく方々の独特の雰囲気は、
魅力的なところがあるのかも知れませんね。


男性の視点でいくと、さしずめ【アンミラ女子(アンナミラーズ)】や
【フータ女子(hooters)】といったところでしょうか(笑)。



私の企画で、同様のコンセプトの写真集を発売するなら?と考えた結果、
【アンミラ女子】も相当に捨てがたいのですが、
やはり【スタバ女子】かなという結論に至りました(笑)。


私がスターバックス コーヒー(スタバ)に行って、
スタッフの方と接触すると、
不思議とホンワカすることが多いのは、
彼らのコミュニケーション能力が高いからではないのか?と思っています。


なんてことを思っていたら、こんなまとめを発見。


NAVERまとめ:
神がかってるスタバ店員の接客トーク
http://u.value-press.com/1vNhaS/$val3


このまとめをご覧いただくとわかると思いますが、
私が感心してしまうのは、
対応がスムーズとか丁寧とか、そういうことではなく、
愛情たっぷりのトークスキルとアクションなのです。


私の印象では、スタバのスタッフの方で、
敬語がバッチリな方はほぼいない印象です(笑)。


それでも、なんと言いますか、
それこそまさに“チャーミング”!
気を許すと好きになってしまいそうです(笑)。


正直な話、決して三ツ星ホテルで体験できるような、
洗練された接客スキルではないと思うのですが、
スタバのスタッフのみなさんはとっても愛嬌があって、
受け答えも秀逸でセンスを感じることもしばしば。


普段は、レジでの注文時は顔も上げずに、
早々にやり取りを終えて、
席で一服したいと思うことが多い中、

無意味に商品に関する質問を投げかけてみたり、
スタッフの方のオススメ商品の
オススメポイントをじっくり聞き出してみたり、

返ってくる回答に期待して、
「味噌汁が飲みたいんです!」的な無理難題で、
ちょっと虐めてみたくもなるのです(笑)。



この“愛される”コミュニケーションスキル、
プラベートで好かれたい人に対して活かされるのはもちろん、

接客業ではない仕事の場面でも、
例えば社内(上司、先輩)や取引先などの対応シチュエーションで考えても、
活かされるのではないか?と思っています。



ちなみ一例ご紹介しますと、

「~でお願いできますか?」「~で大丈夫ですか?」

という質問に対して、手でOKサインをつくって、
よくわかってますね顔で「OKです!」と答えるというもの(笑)。


あまりのたわいなさに、
「は?」と思われた方もいると思うのですが、
愛嬌の演出なんでしょうか、
意外とこれ、相手が笑顔になる場面が多いのです。


友達でもないのになぜその反応?という、
ちょっとした違和感で生まれる笑顔なのかも知れませんが、
イヤな気分にはならず、むしろ嬉しくなったりするのです。


って私だけでしょうか(笑)。



まぁ、これは一例にすぎませんので、
みなさまもスタバに行く機会があるときは、
ぜひ、じっくり観察してみてはいかがでしょうか。
ちょっとしたトキメキが味わえるかも知れませんよ(笑)。



ちなみに「女子」前提で話が進んでいるようですが、
もちろん【スタバ男子】もチャーミングですよ!
恐らく。。。
女性のみなさん、そう思われますよね?



私が皆に愛されるオヤジになるためには、
【スタバ男子】ならぬ【スタバオヤジ】
になるのが早いかも知れません(笑)。

メルマガ関連情報

直近のメールマガジン情報

過去のメールマガジン情報

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る