ValuePress!

プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索



GWもあっと言う間に過ぎ、

連休疲れを引きずって、
週末が待ち遠しくて堪らない今日この頃。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。


最近、やけに鼻毛の成長が著しい平木です!


これはどうやら老化が原因のようですね(笑)。
http://goo.gl/NRN8s


寝不足が続いているときなどは、朝、定時に起きられず、
家を出るまで非常にバタバタしているためか、
会社のトイレで鼻毛が出ていることに気づくことも!


以前ご紹介した、鼻毛通知代行サービス「チョロリ」。
http://goo.gl/HK4F5


こうしたサービスが生まれてくるあたり、
鼻毛が出ていることは自身の想像以上に、
周囲に迷惑を掛けるようですので、
美魔男(びまお)目指して精進しないといけませんね!


ちなみに現在私は鼻の下とあご下に髭を蓄えておりますが、
鼻下の髭が、鼻から飛び出た鼻毛と同化することで、
鼻毛が出ていることに気付かれず済むことに、一役買っていることは内緒です。




さて、またくだらない話が長くなりましたが、
今日は最近始めた私の習慣についてお話したいと思います。



私は、どうにもこうにもアラフォードストライクなお年頃なわけですが、
やはり気になるのはポッコリお腹。
少し前まで、腹筋ボコボコボディを目指すべく、ダイエットに励んでおりました。


どんな方法でダイエットをしようかと考えていたときに、
以前流行った「コアリズム」というエクササイズを思い出したのです。


「コアリズム」
http://goo.gl/dvP8Z


会社のスタッフにその話をしたところ、
結婚式二次会のビンゴで当たって持っているとのことで、
早速拝借して、夜中に腰振りエクササイズを始めることになりました。


初心者がトライするDVD第1巻(全3巻セット)は40分ほどあって、
自身も含めて、普段体を動かしていない人からすると、
40分は相当に長く、キツい運動というのもあると思いますが、
どうも楽しんで取り組めなかったのです。


通っていたとまでは言えませんが、
若い頃(笑)はたまにクラブに出入りしていたこともあり、
ダンスで体を動かすのはむしろ好きな方で、
当時は、3時間くらいフロアで踊り続けるくらいは余裕でした。


そこでこのエクササイズを楽しめない理由を分析し、
楽しめる方法を導き出しました。

その結論は、「コアリズム」の基本的なステップを覚えて、
自身の好きな曲で「コアリズム」のステップを実践するというもの。


自身が好きな曲なので、当然テンションがあがります。
単純な改善策ではありますが、
おかげで40分があっという間に感じられるようになりました。

いつでも好きな曲に変更できるのも飽きない要因ですね。


そうして少し効果が出てきたかな?と思ったときに出会ったのがコレです。


「TRF EZ DO DANCERCIZE」
http://goo.gl/6gxLT


アラサーからアラフォー世代にはやや懐かしい感のあるTRFですが、
そのTRFのメンバーと一緒に、
TRFの往年のヒットナンバーでダイエットエクササイズをしよう!という商品です。


体型の崩れが最も気になるのは、この世代ではないかと思うのですが、
まさにこの世代にマッチしたコンテンツですよね。


この商品は、私が考えた、

「コアリズム」を楽しく実践するには?⇒知っている曲(好きな曲)なら楽しいかも?

という考え方と
同じ発想で生まれてきたのではないかと思っていたところ、

先日の「宣伝会議」(4/15号)でこの商品の紹介記事が掲載されており、
この部分についても触れられていました。


この商品の開発背景(課題)として挙げられていたものの中に、


・海外発エクササイズDVD市場の伸び悩み

・エクササイズに興味はあるがなかなか始められない人への訴求


といったものがあり、
これらの解決手段として、


・ターゲットに馴染みのある楽曲を起用

・ターゲットに馴染みのあるアーティストをトレーナーとして起用


という結論を導き出したということのようです。


まさに私が感じた「知ってる曲なら楽しくできるのに」という要素が、
課題解決策になったわけです。


ちなみにこの商品、2月末の総売上枚数(4枚のDVDを発売)は100万枚超!


普段我々が生活をしている上で感じる「●●だったらいいのに。。。」という感情は、
こうしてビジネスの成功(ヒット)を生み出すカギになると思うのですが、
意外と忘れてしまうことが多いように思います。


ここでようやく私が最近始めた習慣に繋がるのですが、
この出来事をキッカケに、

普段、生活をしている中で感じる、ありとあらゆる「だったらいいのに」を
忘れないように書き留めておくことにしたのです。


何のために?とお思いですか(笑)?


まず、自身が楽しいというのもありますが、
これは課題発見能力を養う一助になりそうだと考えています。


また、新しいビジネスプランを考えることが趣味になっている今日この頃ですが、
私が考えるプランはいつも“課題を解決する”ものが多いのです。

このメモによって、更にその幅が広がるのではないか、
そして、このメモに書き留めた「だったらいいのに」のひとつが、
自社サービスにも活かせるのではないかと感じています。



ちなみに、この「だったらいいのに」シリーズは、
意外に盛り上がる話のネタとしても重宝しています。


例えば、身近なところでいくと、

「公衆トイレの個室に●●があるといいと思わない?」

「コンビニでこんなサービスをやってくれたら嬉しいよね!」

「この作業を代行してくれるサービスがあるといいよね!」

といった感じでしょうか?


私は結構ワガママな(良く言えばこだわりがある)方だと思いますので、
恐らく他の人よりも「だったらいいのに」を
感じる機会が多いのではないかと思います。


「何でValuePress!がこんなサービスを?」と
みなさまが思われるようなサービスがリリースされたときは、

私がプロジェクトリーダーになってるかも知れません(笑)。



それでは、本日もよろしくお願い致します。

メルマガ関連情報

直近のメールマガジン情報

過去のメールマガジン情報

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る