皆様、こんにちは。
松谷です。


異常気象で急な雷雨になったり、
かと思えば、素晴らしい晴天になったり、
安定しない春の気候が続きますが、


皆様いかがお過ごしでしょうか?



本日は、先週開催致しました、
広報PR講座についてお話しさせていただきます。
今回は『東洋経済オンライン』の、
若き編集長・佐々木様にご講演頂きました。



急なお仕事や、日程が合わず、
ご参加頂けなかった方もいらっしゃると思いますので、

オンラインビジネス誌の中で、PV数が最も低かった
『東洋経済オンライン』が

昨年のリニューアルによって、
どのように、現在NO.1の月間5,300万PVへと変化したのか。
“リニューアルの狙い”についてお伝えできればと思います。



『東洋経済オンライン』のリニューアルの狙いは、
まさに“新世代リーダーのためのビジネスサイト”
というコンセプトのもと、


“新しいメディア”をつくることでした。


これまでの、
新聞・ビジネス誌のオンライン版というと?


大半は、紙面(誌面)に載っているものが
そのままネット化するというもの。
リニューアル前の『東洋経済オンライン』も、同様でした。


そこで、『東洋経済オンライン』は、


新しいコンセプトとして
“新世代リーダーのためのビジネスサイト”を掲げ、



ビジネスパーソン・知識人・企業・女性など、
あらゆる領域で、
新しい事に取り組む方々に向けたコンテンツを
他の媒体より多く取り上げようという事になりました。


他誌が40~50代の層をターゲットとする中で、
『東洋経済オンライン』が30代~40代の
“新世代リーダー”をコンセプトに挙げたその理由は3つ。


1)おもしろくて意義がある


歴史上の人物をたどっても、
新しいアイディアを発揮するのは、30代が大半。


つまり、時代の変わり目には30代の人から、
新しいアイディアが浮かんでくる。

それが、“新世代リーダー”
というコンセプトを選んだ最初の理由とのこと。


2)これからは30~40代がボリュームゾーンとなる


これまでのビジネス誌は、50代の意思決定者が、
主なターゲット層でした。


しかし、

50代の意思決定者にあたる団塊の世代の引退に伴い、
従来のターゲット層がガクッと減ってしまう。
その一方で、
団塊ジュニア30~40代の層が一気に多くなります。


しかしながら、


30~40代が読んで「面白い!」
と思うような媒体が少ないのが現状でした。

そこで!
30~40代に突き刺さるような媒体をつくりたいと思い、
“新世代リーダー”をコンセプトに掲げたそうです。


3)ライバルとの差別化


昨年11月のサイトリニューアル前までは、
『日経ビジネスオンライン』
『ダイヤモンドオンライン』に比べ、
ニュースサイトとしては、後塵を拝していました。


しかし、リニューアルを期に、


「せっかくなのだから他がやっていない事をやろう」
「面白い事をやろう」


という社内からの声をもとに


他誌のオンラインよりも、
下の世代をターゲットにした内容を打ち出せば、
他との差別化になるのでは?と思い
“新世代リーダー”を、打ち出したとのこと。



ちなみに、

他誌オンラインのターゲット層はこちらです。
日経ビジネスオンライン:30〜50代のパワーリーダー
ダイヤモンドオンライン:30代~50代のビジネスエグゼクティブ



また、社内の体制の関係もあったそうです。


平均年齢31歳。
20代のいきの良い若手がメインの編集チーム。
この編集チームで、50代向けのコンテンツは合わない。


そこで、

自分たちの伝えやすいコンテンツを作ろう!
という事になりました。


以上が、『東洋経済オンライン』リニューアルの狙いです。


30代の編集長率いる、
平均年齢31歳の編集チームがつくる、
『東洋経済オンライン』。


今後は、
・おもしろく
・常識を揺さぶり

かつ、

社会的意義のあるコンテンツを
増やしていきたいとのことです。


現在、オンラインビジネス誌において、
PV数トップの『東洋経済オンライン』。


今まで、媒体のブランド維持からか、
ターゲットとする読者の年齢層を下げなかった、
ビジネス誌の“壁”を切り開いた結果だと思います。


皆様、本日ご紹介させて頂いた観点を踏まえて、
ぜひ、『東洋経済オンライン』をご覧いただけますと幸いです。
http://goo.gl/3vueN



「ValuePress!」でも、サイトのリニューアルに続き、


●「履歴効果測定ページ」のリニューアル

<強化された機能>
・アクセス解析:期間ごとのアクセス数をグラフィカルに表示
・記者閲覧数:記者がリリースを閲覧した日時を表示
・SNS解析:リリースに関連したTwitterとFacebookの投稿を表示

●メディアの要望を皆様へ知らせる「企画の窓口」のサービス追加

●まとめサイトでのメディアへの情報提供サービスの追加


など、

皆様により良いサービスをご提供する為に、
随時リニューアル・サービスの追加をしています。


「もっとこうして欲しい」
「ここが見にくい/使いにくい」


というご要望がございましたら、
matsutani@valuepress.co.jp まで、
ご連絡いただけますと幸いです。
サービス向上に精進致します!


それでは、本日もよろしくお願い致します。

メルマガ関連情報

直近のメールマガジン情報

過去のメールマガジン情報

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る