ValuePress!

プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索



おはようございます。
最近、外出が増えた菊池です。


といいますのも、

現在弊社では、ValuePress!のサイト上で、
“広報インタビュー”という特集を組んでいまして、

私も、広報担当者さんに取材をして回っています。



先日、10月1日に最年少で東証一部に上場した
リブセンスへ行ってきました。



インタビュー前に色々と情報収集する中で、
下記書籍を読みました。


『リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事』
 http://goo.gl/obsNW
(Amazonへのリンクです)


ライターの上坂徹さんが、
村上社長へインタビューする形式で

その生い立ちや想い、サービスの強みなどを綴った書籍です。



私はたまたま、村上社長と大学の学部が同じなので、

村上社長が表彰された
「ベンチャー起業家養成基礎講座」

も受講していましたし、


テニスサークルに入っていたので、

1年間理不尽な球拾いをさせられたという
高校テニス部の恐らく先輩が、私の同期にいたりします(笑)



なので人一倍、

「今までと違うタイプの経営者」という

書籍が掲げるメッセージにも合点がいきました。




そんな書籍や各メディア、同社HPなどで語られる
リブセンスの強みといえば、「SEO」。


創業当時、お金がなく、
自分たちでやるしかなかったという状況から

試行錯誤を繰り返して
社内にノウハウを蓄積していったとのこと。




ではいったい、どれくらい凄いのか?


凄いというのは本当なのか?




今日は、

無料のSEO解析ツール『SEO TOOLS』を使って


リブセンスと競合5社の
SEO対策を比較した結果をお伝えします。


▼無料のSEO解析ツール『SEO TOOLS』
 http://goo.gl/PSZLv




実際に並べてみると、

確かに「ジョブセンス」(リブセンス運営)の
評価は高いのですが、


競合の「フロムエー」(リクルートジョブズ運営)が
群を抜いていて、


「ジョブセンス」は、その他と横並びの結果となりました。



これだけを見ると、少し疑いたくなりますね(笑)


▼解析結果: http://goo.gl/MyNq4




ただ、次にキーワード別の順位を見てみると、


スモールキーワードになればなるほど、
(検索数が少ない、複数ワードの組み合わせなど)


「ジョブセンス」が一番に表示されています。


▼キーワード別順位: http://goo.gl/FDZZr



そして二位につけているのが「フロムエー」。




「フロムエー」は、
2009年に紙媒体を廃刊して土俵をWebに移しているので、

「ジョブセンス vs フロムエー」


すなわち、

「リブセンス vs リクルート」


の構図が見えてきますね。




今回の調査を踏まえると、

「ロングテールSEO」、それに
「成功報酬型」「採用祝い金」といった特徴がある分、

リブセンスが一歩先を行っている印象ですが、
今後の両社の動向を注目していきたいと思います。



11月2週目には、ValuePress!のサイト上に
リブセンスの広報インタビューも公開されますので、
そちらもぜひ、楽しみにしていて下さい。



それでは、本日もよろしくお願いいたします。

メルマガ関連情報

直近のメールマガジン情報

過去のメールマガジン情報

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る