ValuePress!

プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索


「トゥルリラ、トゥルリラ~♪風に吹かれて~♪」

気づけば5月も半ば。
鬱陶しい夏(笑)の前の快適なこの時期は、
風が爽やかで小躍りしたくなる平木です。
ところで“トゥルリラ”ってどういう意味なんでしょうね。。。


先日、思わず目に留まってしまったコチラの記事。


「ミドル」と「シニア」の境界線は? 50・60代300人アンケート
http://u.value-press.com/TyJhWE/$val3


40代も半ばに差し掛かり、「ミドル」は地で行っていますが、
「シニア」というキーワードも昔ほど「遠い未来の話」とは思えなくなってきている今日この頃(笑)。

記事でも「気持ち」と「体」のギャップに開きがあることが謳われていますが、
とは言えまだまだ40代。

確かに駅の階段を駆け下りる女子高生には勝てませんが、
気持ちも体も「ヤング」よろしく、このところスポーツとはほぼ無縁でしたが、
先日、私が最年長となる知人のグループでスポッチャに参戦して参りました!


スポッチャ
http://u.value-press.com/bRqHrX/$val3


結構な混み具合だったのですが、
ローラースケート、3on3、バッティング、バドミントン、オートテニス、ダーツ、ビリヤードと、
結局5時間くらいはいた感じでしょうか。
まぁ体が思うように動かないこと動かないこと(笑)。

ローラースケートはいわゆるインラインスケート(靴底のローラーが一列になっている)で、
インラインスケートは初挑戦だったのですが、
若い頃(20年以上前)、アイススケートで羽生結弦選手の100分の1くらいは滑ることができていたので、
「楽勝でしょ♪」などとタカをくくっていたのですが、
開始5分後に後方転倒をかまし、更に5分後もまったく同フォームにて転倒。
尾てい骨を2度強打し、未だに力むと痛みが走る始末。
後半コツは掴めてきたものの尾てい骨の痛みで敢え無くリタイア。。。

3on3(実際は2on2)も移動すべき場所はわかっているのに足は追いつかない、息はあがりまくるで、
実際は2on1+ゲームを邪魔する酔っぱらい1名状態。
恐らくメンバーのほとんどは「休んでていいのに」と思ったのではないでしょうか。

これが現実です。。。

もともとの運動神経の問題という見方もありますが(笑)、
普段から運動している人であればまだしも、
たまに運動するミドル世代は、若い頃の感覚で自身を過信して無茶をするのは避け、
他人に迷惑を掛けないようにしなければならないですね。

とは言え、やはり体を動かすのは気持ちのいいものですし、
足腰を鍛えて、老後のために今から備えることは大切だと思いますので、
無理なく体を動かす習慣を身につけたいと思った次第です。

ちなみに当日はスポッチャスペース内をあちこち相当移動しましたが、
パッと見、恐らくスペース内ではわたしが最年長でした(笑)。


実践できる施設が多くないためか、知る機会がなかなかないのですが、
新しい斬新なスポーツがどんどん生まれています。
今回はValuePress!から配信されたプレスリリースから、
新しいスポーツを2種ご紹介します!


【メンバーのお勧めプレスリリース】


日本テックボール協会を設立!第1回テックボールワールドカップにWASSE選手と菅原佳奈枝選手の2名
が日本代表として出場します!
http://u.value-press.com/1ITHos/$val3

テックボールとは、卓球とサッカーの特長をミックスした新スポーツですが、
これは恐らく勢いではできませんね。
とても楽しそうですが、サッカーのリフティングの技術を伴うので、
まったくもってラリーが続く自信がありません(笑)。


【日本初上陸!】海外で人気急上昇中の新スポーツ「サッカー」×「ダーツ」=『FOOT DARTS"(フットダ
ーツ)』のお知らせ。
http://u.value-press.com/2njoZx/$val3

こちらもサッカーとの融合スポーツですが、
高さが4mもある巨大エアーダーツボードがとにかく大きくて、
恐らく目の前にした瞬間にアガりますね。
しかしながら、蹴ったボールがボードまで届く自信がありません(笑)。


最近の関心は自然を満喫しながら楽しめそうなディスクゴルフ!
無理なく続けられそうな気配がムンムンですが甘いでしょうか(笑)。


それでは、本日もよろしくお願い致します。

メルマガ関連情報

直近のメールマガジン情報

過去のメールマガジン情報

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る