ValuePress!

プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索


おはようございます。
気がついたら、テニス歴が15年を超えていた菊池です。


5月も中盤にさしかかり、テニスファンにとって
楽しみなシーズンが近づいてまいりました。

24日からは全仏オープン、
そして、6月末からはウィンブルドンが始まります。


WOWOWの見れる友人宅に集まったり、
スポーツバーに行ったり、今からとても楽しみです。



さて、そんな錦織選手の活躍で人気再燃中のテニスですが、
ここ数年、データ分析が盛んになっているのをご存知でしょうか。


野球やサッカーで先行する「IT × スポーツ」の流れが、
テニスにもやってきているのです。


たとえばこちら。


▼スポーツにデータがやってきた!女子テニスを分析するSAP(ASCII.jp)
http://u.value-press.com/DLYDGG/$val3


===============

テニスファンが会場で、あるいはTVで試合を楽しむ一方で、
ボールの動き、選手の位置などすべてがデータとして収集されていた。
試合が終わると、コーチと選手は収集されたデータから割り出された数値をもとに、
自分、そして相手のパフォーマンスを分析する。

~省略~

ボールの速度、スピン数、選手の位置、1回目のサーブが落ちた場所、
2回目の場所、サーブを返した(リターン)場所などさまざまなデータを収集し、
スコアと掛け合わせて状況から分析することができる。

===============
(本記事より抜粋)



以前から、ポイントの獲得数やエラーの数、
サーブの入った確率といった、
目で追ってカウントできるデータは取得されてきました。


ただそれは、野球でいう打点や盗塁率といった
累計といいますか平均値といいますか、
その状況やコンディションとの相関性を持たない、ただの数値でしかなかったのです。


相手選手との数値上の差はわかるものの、
勝つために何をすれば良かったのか、どこを鍛えれば良いのかが、
わかりづらいものでした。



それが、
試合中のあらゆるデータを取得できるようになったことで、

・どういう状況のときに、サーブの入る確率が下がるのか
・ゲームのどの辺りで、エラーが減ってくるのか


など、シチュエーションや
自身のメンタルとの因果関係が見えるようになってきました。


テニスの場合、
シングルスであれば、コート内にいる選手は2人だけですから、
影響する要因や変数も少なく、
そのデータは、かなり正確な現実を反映しているのではないかと思います。



また、アマチュアにもデータ化の波は来ています。
昨年ソニーが「スマートテニスセンサー」を発表しました。


▼スマートテニスセンサー(SONY)
http://u.value-press.com/vjXJXu/$val3



ラケットのグリップエンドに取り付けると、

ボールがラケットのどこに当たったのか、
どれくらいボールに回転がかかっているのかなど、

さまざまなデータを取得し、
Bluetoothで自身のスマートフォンに送信してくれます。


発売当初は、このセンサー対応のラケットが
「YONEX」というメーカーのものに限られていたのですが、

今は「Wilson」や「HEAD」、「Prince」といった
他メーカーにも対応範囲が広がってきました。


私も、自分のラケットが対応したら、
ぜひ購入して、データを収集してみたいと思います。



そして、データが集めやすくなるに伴い、
現在は、そのデータを分析・活用するスキルも求められるようになりました。

ご興味のある方には、
こちらのリリースをおすすめします。


▼「仕事に活かせるヤバイ統計学」白ヤギコーポレーションCEO/
データサイエンティストのシバタアキラが、schoo WEB-campusで講座を開講
http://u.value-press.com/xlTEg4/$val3


5月12日(火)に第一回目が開催されるようです。

キュレーションニュースアプリ『カメリオ』を提供する
白ヤギコーポレーションの代表で、
データサイエンティストのシバタさんがレクチャーしてくれます。


身近にあるCSVやExcelといったツールを使って、
統計学を、どうデータ分析に応用できるかが学べるのは面白そうですね。



私は文系なので特にそうかもしれませんが、
データに対して過剰な期待や恐怖を覚えることが良くあります(笑)


今年は、身近なスポーツや、こういった入門講座で、
少しずつデータに慣れ親しんでいきたいものです。



それでは、本日もよろしくお願いいたします。



(おまけ)
錦織選手の強さをデータで検証している記事を3つご紹介します。


▼データで見る錦織圭の強さ(WEDGE Infinity)
http://u.value-press.com/u6SCUb/$val3


▼ファーストサーブと「5~9打」。錦織圭の強さを示す2つのデータ。(Number Web)
http://u.value-press.com/Gi3Uiv/$val3


▼錦織圭の武器は何か、試合統計データから考える(Credo)
http://u.value-press.com/OYZ6PS/$val3

メルマガ関連情報

直近のメールマガジン情報

過去のメールマガジン情報

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る