宿泊がそのまま“観光目的”に-「安心お宿プレミア新橋汐留店」カプセルホテル業界初* の「IoTスマートカプセルホテル」5月1日導入

株式会社サンザ

2017年4月5日 13時

株式会社サンザのプレスリリーストップ画像



 総合的なレジャーサービスの提供で新しい楽しみ方を提案している株式会社サンザ(本社:東京都新宿区、グループ代表 CEO:荻野勝朗)は、運営している進化系カプセルホテル「安心お宿プレミア新橋汐留店」に5月1日、 IoTの導入・活用を手がけているITベンチャー企業のand factory(アンドファクトリー)株式会社が提供するサービス「&IoT」との提携により、カプセルホテル業界初*の「統合IoT(Internet of Things)デバイス」を活用した「IoTスマートカプセルホテル」を導入、新しいサービス体験を提供します。

≪ IoTとは ≫
 「Internet of Things(モノのインターネット)」の略で、PCやタブレット、スマートフォンなどのモバイル端末と多彩な設備やデバイス、ガジェットがつながることで、端末1つの操作でさまざまな設備の操作や情報の把握が可能になるシステムの1つです。
 
 当店のカプセルルームに設置しているタブレットで照明のコントロールをはじめ、大浴場やラウンジなど館内の設備の混雑状況を把握したり、フロントへのオーダーも可能に。さらに、マルチ言語にも対応して各国語で日本・東京の観光案内も閲覧できます。
 お客様へ“常に新しい感動体験”の提供を最優先に考え、開業当初より「VR THEATER(VRシアター)」を導入し好評を博している当店は、日本を訪れる外国人観光客に“進化系カプセルホテル「安心お宿プレミア新橋汐留店」に泊まること=観光”になる最先端の体験を提供していきます。

▼進化系カプセルホテル「安心お宿」公式ウェブサイト:https://www.anshin-oyado.jp/


■カプセルホテル業界初*の最先端体験を提供
 ITベンチャーのand factory(アンドファクトリー)株式会社との提携で、カプセルルーム内のタブレットで館内施設の利用状況や観光案内が把握できるなど最先端の「統合IoT(Internet of Things)デバイス」である「IoTスマートカプセルホテル」を導入し新しいサービス体験を提供するのは、株式会社サンザが2016年11月に東京・港区東新橋にオープンした「安心お宿プレミア新橋汐留店」です。

 今回導入する「IoTスマートカプセルホテル」は、and factory株式会社が提供する「&IoT」をベースとしています。これはIoTデバイスを連携させたアプリで、各IoTデバイスごとに部分最適化されてきたものを、ひとつにまとめ、ユーザーにとって最適化された体験を提供するプラットフォームです。これまで複数のIoTデバイスを制御しようとした場合、それぞれのデバイスごとの操作アプリが必要でしたが、それぞれのデバイスを横串で連携することで個別の操作アプリを介さず、ひとつのアプリ(&IoT)で操作することで、より直感的な操作性、利便性を実現しています。
 なお、館内施設の利用状況確認には、andfactory(アンドファクトリー)と提携しているバカン社の空席管理サービスと連携して、館内の各階のトイレや、大浴場、共有カフェスペースの満空、混雑状態を可視化しています。
 
 

 これまで、ホテルやホステルでのIoT導入・活用例はみられましたが、カプセルホテルでの本格採用は「安心お宿プレミア新橋汐留店」が業界初*となります。「安心お宿プレミア新橋汐留店」への「統合IoTデバイス」導入でユーザーに次のような新しい体験を提供します。

1.カプセルルーム内のタブレットで館内設備の利用状況を把握
 カプセルルームで利用できるタブレットで、大浴場やトイレ、ラウンジなどの利用状況が把握できるほか、フロントへのオーダーも可能になります。(※バカン社の空席管理サービスと、andfactory社のIoTプラットフォーム「&IoT」の連携により実現)
2.カプセルルーム内のタブレットで照明のコントロールなどが可能に
 カプセルルームで利用できるタブレットで、照明のコントロールが可能になります。
※プレミアムルームの計5部屋
3.マルチ言語対応の観光案内
 カプセルルームで利用できるタブレットで、日本語をはじめ各国語の観光案内が閲覧できる予定です。日本のユーザーだけでなく、訪日外国人観光客にも「進化系カプセルホテル『安心お宿プレミア新橋汐留店』での宿泊」がそのまま「観光」となる新しいエンターテインメント体験の提供を目指しています。

 

 
 
 
 株式会社サンザが運営する「安心お宿プレミア新橋汐留店」に5月1日に提供する「IoTスマートカプセルホテル」は、下記のITベンチャーとの提携で実現しました。

<and factory(アンドファクトリー)株式会社について>
所在地:〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-6-28 住友不動産青葉台タワー1F
代表者:代表取締役CEO 小原崇幹
設立:2014年9月
電話番号:03-6712-7646(代表)
URL:http://andfactory.co.jp/
事業内容:スマートフォン用アプリやウェブビジネス・ウェブサービスの開発、IoTを活用したプラットフォーム開発・提供

<株式会社バカンについて>
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山3丁目5番2号
代表者:代表取締役社長 河野剛進
設立:2016年6月
URL:http://www.vacancorp.com/
事業内容: IoT・ITを活用した空席情報検索プラットフォーム開発・提供

*業界初:and factory株式会社調べ


【株式会社サンザについて】
本社:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-4-10 KDX東新宿ビル7F
代表者:グループ代表 CEO 荻野勝朗
設立:1986年11月
電話番号:03-5155-1651(代表)
URL:http://www.sanza.jp/index.html
事業内容:ホテル・ブライダル・テーマレストラン・自主企画イベント&ツアーの開催等各種レジャー産業の企画運営

【本件に関するお問い合わせ先】
ニュートン・サンザグループ
広報課 杉崎 悠紀
TEL:03-5155-1650
Email:koho@sanza.jp

リリース添付資料

応援するとは?

応援ボタンを押すと、このプレスリリースがランキングで上位表示され、記者から閲覧されやすくなります。
また、FacebookやTwitterでシェアすることによって、より多くの記者・一般ユーザー・業界関係者の目に留まる手助けができます。

ログインして応援しよう

応援にはFacebookアカウントが必要です。

Facebook 認証中

ValuePress!が許可なく
Facebookなどへ投稿することはありません。

検索結果