ゴールデンウイーク旅行に関するアンケート調査実施 6割が計画、男女で行き先や目的に大きな違い、女性はアクティブにアジアやヨーロッパ、男性は国内でのんびりを望む

株式会社アップルワールドは運営する海外ホテル比較&予約サイト アップルワールド.comにてゴールデンウイークの海外旅行に関するアンケート調査を実施し、その結果をまとめました。

 今年のゴールデンウイークは5月に休日が集中する後半型。4月30日、5月1日もしくは5月7日、8日に休める人であれば9連休や12連休を取得することが可能で、海外旅行にも行きやすい曜日配列となっています。ただ、こうした日並びに加え、円高や燃油サーチャージの値下げといった明るい話題がある一方、景気減退に伴う心理的な手控えが強まるなど、海外旅行需要を取り巻く環境は混沌としています。そんな中で海外個人旅行を好む人が多いアップルワールドの利用者・閲覧者のゴールデンウイーク旅行の意向を把握することで、旅行消費の実態を探ろうと考えました。

 アンケート結果では、ゴールデンウイークに1泊以上の旅行を計画している人が59.5%となり、まだわからないと決めかねている人も2割以上いました。

 行き先は国内旅行が24.5%でトップ。タイ、シンガポール、インドネシア、マレーシアの東南アジアが20.4%、ヨーロッパが13.3%で続きました。ただ、内訳をみると、男女で大きく結果が分かれる結果になったのが特徴です。男性は国内旅行が32.7%と15.4%で2位の東南アジアにダブルスコアをつける格好となった半面、女性は東南アジアが26.1%でトップ。2位には19.6%でヨーロッパが続き、国内旅行は15.2%で3位にとどまりました。男性に比べ女性に海外旅行意欲が強い様子が顕著にうかがえます。

 また、ゴールデンウイーク旅行の目的を尋ねた質問でも男女における違いがくっきり。トップは男女ともにのんびりして疲れをとるで28%でしたが、この選択肢への回答率が男性で32.7%だったのに対し、女性22.7%と10ポイントの差がつきました。特に男性30代では4割が回答しており、働き盛りの世代が旅行に対して強く癒しを求めているとも言えそうです。また、女性の2割が回答したアクティブに観光や体験プランに参加するが、男性では1割。男性が日頃の疲れの回復や家族サービスの一環と考える一方、女性は能動的に楽しみたいという人が多いようです。

 なお、旅行日数は6泊7日以上が34.7%と4泊5日もしくは5泊6日の33.7%が拮抗。4泊以上を予定している人が7割近くに上りました。1人当たりの旅行費用は10から20万円が26.3%でトップ。5から10万円が23.2%で続きました。 

 アップルワールドでは今後も海外旅行をテーマに、旬の話題に即した様々なアンケートを実施し、海外旅行を取り巻く課題を浮き彫りにできるような情報提供に努めてまいります。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社アップルワールド
連絡先:03-3980-7386 メールアドレス:press@post.appleworld.com
担当:小栗(おぐり)、落越(おちこし)、武原(たけはら)


《関連URL》
http://appleworld.com/apl/enquete/1177370_160810.html

企業情報

企業名 株式会社アップルワールド
代表者名 竹中 公道
業種 旅行・観光・地域情報

コラム

    株式会社アップルワールドの
    関連プレスリリース

    株式会社アップルワールドの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域