プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数49,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

日本初!子どもたちに“きぼう”の種(宇宙種)を提供する民間企業プロジェクトが始動 −幼〜小はベネッセ、中〜高はリバネスが担当、希望校を募集−

株式会社リバネス

! 2009年3月11日 10時

株式会社リバネスと、株式会社ベネッセコーポレーションは、幼児から高校生を対象に、国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟に保管された植物の種を活用した、教育プログラムを提供します。 この度、本プログラムに参加を希望する幼稚園・保育園・小学校・中学校・高等学校を募集し、約6,000校への配布を目指します。

【報道関係各位】

2009年3月11日
株式会社リバネス 代表取締役 兼 CEO 丸 幸弘
株式会社ベネッセコーポレーション 代表取締役社長 兼 COO 福島 保 (コード番号 9783 東証・大証第一部)

株式会社リバネス(本社:新宿区、以下:リバネス)と、株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、以下:ベネッセ)は、幼児から高校生を対象に、国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟に保管された植物の種(以下:宇宙種)を活用した、教育プログラムを提供します。
このたび、このプログラムに参加を希望する幼稚園・保育園・小学校の先行募集と、中学校・高等学校の二次募集を開始し、約6,000校への配布を目指します。

【企画概要】
本教育プログラムは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の公募による国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の第1回有償利用の機会を活用して実施されています。シロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana、アブラナ科)とミヤコグサ(Lotus japonica、マメ科)という、世界中で研究が行われている2種類の植物の種子を6か月間国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟にて保管後、地球に持ち帰ります。シロイヌナズナの種子はベネッセが、公募により選ばれた幼稚園、保育園と小学校に配布し、ミヤコグサの種子はリバネスが、公募により選ばれた中学校・高等学校に配布します。
ベネッセが行う幼稚園・保育園と小学校向けのプログラムは「ベネッセコーポレーション宇宙のたね大実験ミッション2009」、リバネスが行う中学校・高等学校向けのプログラムは「宇宙教育プロジェクト(TM)宇宙種出前実験教室2009」という名称でそれぞれ実施します。

【背景】
幼児から高校生までを対象にした通信講座「こどもちゃれんじ」「進研ゼミ」を展開するベネッセと、「身近なふしぎを興味に変える(R)」をキャッチコピーに実験教室を中心とした科学教育事業を展開するリバネスの、若い世代に先端科学に触れてほしいという想いが一致し、本プロジェクトの共同展開を実施するに至りました。
ベネッセでは、生後6か月の幼児から高校生まで、通信講座「こどもちゃれんじ」「進研ゼミ」を通じて、全国に約396万人(08年4月現在)の会員がいます。事業を通じて、日々子どもたちと接する中で、定期テストや受験のような短期・中期的目標に向けて学習効果が上がる、というだけでなく、学習への動機づけを行い学ぶことの楽しさを伝える、子どもの将来まで視野に入れた学習支援に対するニーズがますます高まっていると感じており、今回リバネスが実施する「宇宙教育プロジェクト(TM)」への協賛・実施へと至りました。
リバネスは、2002年6月に設立された日本初のバイオ教育の会社で、おもに中学生・高校生を対象に、若手研究者が最先端の科学をわかりやすく伝える出前実験教室を年100回以上実施しています。小・中学生向けにはサイエンスショーの実施や、教育委員会と連携した理科授業カリキュラムの開発も手がけています。また、企業のCSR活動としての科学実験授業の企画開発や、イベントの実施も行っております。さらに、対面型の企画だけでなく、先端科学キットの開発に加え、高校生向け科学雑誌『someone』を全国の高校生に7万部、教員向け科学教育情報誌『教育応援プロジェクト』を全国の高校の理科教員に無料配布し、科学に興味を持つ次世代の育成を支援しています。本年2009年が世界天文年(ガリレオが自作の望遠鏡で宇宙を研究してから400年)であることや、7月22日の皆既日食、国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟での若田宇宙飛行士の長期滞在の開始など、宇宙に対する社会の興味関心が高まる年であり、より多くの人々が宇宙と生命に対する興味をもつきっかけをつくりたいとの想いから、宇宙教育プロジェクト(TM)を発足させ、宇宙に関する教育プログラムを開発いたしました。
全国の幼児、小学生、中学生、高校生が、宇宙種を使って研究を行う本プログラムを通して、若い世代の科学への興味を引き出し、楽しく理科を学ぶきっかけを与えることを目的としています。

【プログラム詳細】
■幼稚園・保育園・小学校対象■
□正式名称:「ベネッセコーポレーション 宇宙のたね大実験ミッション2009」
□主催:株式会社ベネッセコーポレーション
□後援:文部科学省
□目的:幼児・児童に、日常生活では体験できない「最先端の科学実験」を身近に感じてもらうことで、植物の命に関する意識の向上、科学への知的好奇心を醸成してもらいたい。
□内容:ベネッセが、全国の幼稚園、保育園、小学校の児童・生徒に「宇宙種栽培キット」を提供し、園・学校単位で宇宙環境で過ごしたシロイヌナズナの「宇宙種」を育成し、「地球種」(宇宙に行っていないシロイヌナズナの種)との発育状況を比較検証してもらう。
□募集対象:全国の幼稚園・保育園・小学校 約6000校(最大)
□提供物:「ドキドキ!うちゅうガーデン〜夢の宇宙種栽培キット〜」 
 ・各園/校につき、上記栽培キットを提供
 ・キット内容:宇宙種・地球種 各30粒前後、進研ゼミオリジナル鉢・観察補助グッズ
□参加費:無料
□募集期間:小学校: 2009年3月12日〜6月末日/幼稚園・保育園:2009年4月〜7月末日
□提供時期:2009年9〜10月頃(*シャトルの帰還時期により変わります。*栽培期間は2〜3か月程度)
□応募・問い合わせ先:ベネッセコーポレーション「宇宙のたね大実験 ミッション2009」ホームページ   
http://www.benesse.co.jp/tane/
※幼稚園・保育園の応募受付:4月より開始

※その他 家庭向け:園・学校単位の参加だけでなく、家庭単位での参加も可能です。
 募集:2009年9月〜
 対象:家庭単位〜20,000人(最大)
 参加方法:学校・幼稚園経由での参加申し込み
※個人での直接応募はできません。
※詳細は、各園・学校への栽培キットお届け時にご案内します


■中学校・高等学校対象■
□正式名称:「宇宙教育プロジェクト(TM)宇宙種出前実験教室2009」
□主催:株式会社リバネス
□後援:宇宙航空研究開発機構(JAXA)、農林水産省
□目的:中学校・高等学校の生徒が、宇宙に半年間保管されたミヤコグサの種子を育成し、どのような変化が起こっているかを観察・調査することで、宇宙や生命を中心とした科学技術に興味を持ってもらいたい。
□内容:リバネスが、中学生・高校生に対し、近隣の大学等で実施する宇宙種授与式で宇宙種を渡し、若手研究者による出前授業を通じて最先端の研究の今を学んでもらう。そして2〜3か月程度育成した種子を観察し、その結果をまとめてもらう。
□募集対象:全国の中学校・高等学校 約100校(最大)
□提供物:「宇宙教育プロジェクト(TM)宇宙種出前実験教室2009」
 ・各校につき、上記実験教室を提供
 ・学校1校あたり〜30名程度、参加校の理科実験室にて実施
 ・サービス内容:若手研究者2名派遣(講師・アシスタント各1名、5時間)、宇宙種・地球種 各100粒前後、リバネスオリジナル植物育成キット 40名分、DNA抽出キット 40名分
 ・必要機材:人工気象器(照度:7500lx以上)※お持ちでない学校はご相談ください。
□参加費:20万円(税別、実験機材、研究者派遣の実費として)
□募集期間:中学校、高等学校とも2009年2月〜4月20日17:00 <二次募集>
□提供時期:2009年6〜10月頃(*シャトルの帰還時期により変わります。*栽培期間は2〜3か月程度)
□応募・問い合わせ先:リバネス「宇宙教育プロジェクト(TM)」ホームページ
http://www.space-education.jp/
※現在中学校・高等学校の応募受付中:4月20日まで
□協賛企業・協力大学:URL:http://www.space-education.jp/sc/
※協賛企業、協力大学随時受付中

※その他 大学向け:中学校・高等学校の参加だけでなく、大学での参加も可能です。
 募集:2009年2月〜4月20日17:00 ※現在受付中
 対象:大学単位 1大学あたり〜30名程度
 参加方法:大学経由での参加申し込み
※個人での直接応募はできません。


【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ベネッセコーポレーション 広報・IR部
担当:坂本、濱野、西沢、中島
電話:042-356-0657  FAX:042-356-7301

株式会社リバネス 宇宙教育プロジェクト事務局
担当:藤田、伊地知、立花、佐野
電話:03-6277-8041  FAX:03-6277-8042


<添付資料>

【株式会社リバネスについて】
株式会社リバネス
所在地:東京都新宿区四谷2丁目8番地
代表者:代表取締役兼CEO 丸 幸弘
資本金:3,000万円
URL:http://www.leaveanest.com/

【株式会社ベネッセコーポレーションについて】
株式会社ベネッセコーポレーション
所在地:岡山県岡山市南方3丁目7番地17
代表者:代表取締役社長兼COO 福島 保
資本金:136億円
URL:http://www.benesse.co.jp/

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社リバネス

代表者名

丸 幸弘

業種

その他サービス

プレスリリース情報

ジャンル

教育

カテゴリ

告知・募集

この企業の関連プレスリリース

研究アイデアのオープンイノベーションプラットフォーム『L-RAD』に関し、東京都市大学との連携協定締結 ~ 大学等研究機関における新規外部資金獲得を支援 ~
! 2017年6月21日 10時
ノーベル賞・中村修二氏が共同設立したSORAA社や板橋区発ベンチャー等、4社共同で新型植物工場システムの開発を開始
! 2017年2月13日 9時
リバネスが墨田区の町工場「浜野製作所」と資本提携台風発電のチャレナジーなど、テクノロジーベンチャーのものづくり支援を加速
! 2016年8月24日 12時
ジェイテクト、新規テーマ創出に向け研究者が持つ技術開発等の研究アイデアのオープンイノベーションプラットフォーム『L-RAD』に参画
! 2016年8月8日 14時
大塚製薬、田辺三菱製薬、新規テーマ創出に向け研究者が持つ技術開発等の研究アイデアのオープンイノベーションプラットフォーム『L-RAD』に参画
! 2016年8月1日 12時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る