吉田印刷所「DTP作業のメインで使用しているOS」についてのアンケートを実施 〜MacとWindowsとの利用状況は拮抗〜

DTP・印刷関係者向けのDTP情報サイト「DTPサポート情報blog」を運営する株式会社吉田印刷所(本社:新潟県五泉市 代表取締役社長:吉田 和久)は、主に吉田印刷所のサイト閲覧者を対象に「DTP作業のメインで使用しているOS」についてのアンケート調査を実施しました。

 吉田印刷所のサイト閲覧者にアンケートのウェブサービスを利用して「DTP作業のメインで使用しているOS」についての回答をして頂きました。回答は無記名方式です。

 OSの選択肢は以下の6つです。

 ・Mac OS X   ・Mac OS 9   ・Mac OS 8
 ・Windows Vista ・Windows XP  ・Windows 2000


【アンケート結果】

■圧倒的にMac OS Xが多いが、MacとWindowsの使用率で見ると差は小さい

 投票数:948票

 1位 … Mac OS X       …39.5%
 2位 … Windows XP      …25.7%
 3位 … Windows Vista    …19.5%
 4位 … Mac OS 9       …12.9%
 5位 … Windows 2000     … 2.0%
 6位 … Mac OS 8       … 0.4%


 1位は約40%の得票で「Mac OS X」となりました。

 これは以前からDTP・デザインのクリエイティブ分野はMacで行われていることが多かったので、継続してMacを利用し、OSもMac OS Xに移行していったと考えられます。

 DTPでは欠かせないIllustratorやPhotoshopもMac OS X対応のバージョンはIllustrator 10・Photoshop 7世代からCS4まで5つのバージョンが対応しています。画像などの大きなファイルサイズを扱うPhotoshopでは特に高速なCPUと潤沢なメモリ環境が必要になります。Mac OS Xではメモリの最大搭載量も数ギガバイトと従来のOSより格段にメモリ環境が改善されていることもMac OS Xが選ばれる大きな要因と考えられます。



 2位は約25%の得票で「Windows XP」となりました。

 Windows XPも基本的に一般販売は終わっていますが、オーダーメイドのPCを購入する際にWindows XPが選べる事情やWindows Vistaにアップグレードしなくても格段問題がないという事情もあり、多くの方々がDTP用途で使用されていると考えられます。

 また、例えばAcrobat 6.0 ProfessionalやIllustrator CSではWindows Vistaで起動させようとすると、互換性に関する警告が表示されたり、画面描画のWindows Aeroの機能が使用できなかったりと、現行バージョンではないソフトウェアを使用する場合にも、Windows VistaよりWindows XPの方がより適切な場合もあります。ソフトウェアを現行バージョンへバージョンアップ・アップグレードをしていない場合は、Windows XPを選択する(もしくはWindows Vistaにアップグレードしない)ことにも合理性があります。

 また、Windows XPを使い続ける理由としては、他にもWindows Vistaにアップグレードした時に周辺機器が正しく動くかどうかがわからないということも考えられます。



 3位は約20%の得票で「Windows Vista」となりました。

 Windows Vistaは2007年1月のリリースで、既にリリースから2年が経過しました。現在発売されているOSですので、特にOSを指定せずにPCを購入するとWindows Vistaになるため、ある程度の使用比率にはならざるを得ないでしょう。今後はWindows XPからWindows Vistaへの移行が進んでいき、この約20%の使用比率からWindows Vistaの割合が増えていくことが予想されます。

 Windows Vistaではエクスプローラーが改善されていてフォルダの扱いが簡単になっていたり、ライブアイコン機能でファイルの内容の識別か簡単になっていたり、フラッシュメモリ(USBメモリなど)をキャッシュとして利用しパフォーマンスを向上させたりなどの作業の生産性が向上するための仕組みが追加され、便利になっているのですが、やはりリリース直後のソフトウェアや周辺機器対応の混乱や「とにかく遅い」というイメージが植え付けられてしまったのでWindows Vistaへの抵抗感があるのかもしれません。



 4位は約13%の得票で「Mac OS 9」となりました。

 以前吉田印刷所で行ったアンケートでも「Illustrator 8」をよく使う方が3割という結果(※)もあり、Classic OSを利用されている方はまだ多いと考えられます。Mac OS Xに比べて、色々な作業を同時進行しづらいというOS上の制約があるのが難点ですが、ソフトウェアをバージョンアップすることがなければ、Mac OS 9(Classic OS)での作業を辞める必要性があまり出てこないので、Mac OS Xにバージョンアップすることなく使用していると考えられます。

 今後はMac OS 9が動作するMacをどうやって確保していくかという点が問題になってくると考えられます。



 OSとして見てみると、Macが53%程度、Windowsが47%程度とかなり拮抗しています。

 以前であればDTPといえばMacでしたが、現在ではそうではなくWindowsも選択肢として十分にあり得るということが言えるのではないでしょうか。吉田印刷所のお客様のデータでも最近はWindows版のIllustratorやInDesignで作成されているということも数多くあり、DTP≠Macということを実感しております。

 特にデザイン会社などではなく、メインのシステムがWindowsで組まれた会社でデザインなどを内製化している場合に、何十台、何百台のパソコンの中で1台、2台だけMacをデザインするためだけに導入するというのはシステム管理の面から見て難しい点があるために仕方なくWindowsを選択するということも考えられます。



【アンケート概要】
アンケート期間:2008年1月19日〜2009年2月18日
アンケート対象:主として「DTPサポート情報blog」のサイト閲覧者
アンケート方法:以下のページのウェブサービスによる回答(無記名回答)
http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090119/155700.html




※吉田印刷所のアンケート結果より。
DTPでよく使用されるソフトのバージョンのアンケート
http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20081029/152500.html



【吉田印刷所について】
 株式会社吉田印刷所ではIT技術を活用し環境貢献できる印刷を目指す活動を行っております。インターネットを活用したPDFでのデータ入稿では営業マンやバイク便などを介在させない仕組みによって、人やモノの移動を極力抑え、環境の負荷を低減させる環境印刷を実現しています。また印刷工場ではグリーンプリンティング認定を取得して、環境負荷を抑える印刷を実行しております。2009年には環境印刷の提案が国際環境印刷大賞のハイデルベルグ・エコ・プリンティング・アワードで認められ、大賞を受賞しました。
 DTP・印刷に関するブログは既に270万ページビューを超えるアクセスがあり、DTP・印刷関係者に幅広い支持を頂いております。


[この件に関する問い合わせ先]
株式会社 吉田印刷所(代表取締役社長:吉田 和久)
■担当者:CSS部 笹川( info@ddc.co.jp )
 〒959-1852 新潟県五泉市今泉902-1  TEL.0250-43-6144 FAX.0250-43-2918
■関連 URL:吉田印刷所       : http://www.ddc.co.jp/
DTPサポート情報blog : http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社吉田印刷所
代表者名 吉田和久
業種 広告・デザイン

コラム

    株式会社吉田印刷所の
    関連プレスリリース

    株式会社吉田印刷所の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域