アイキャッチ画像

東京2020オリンピック日本代表自転車競技(トラック)で使用されたブリヂストンのトラックバイク2022年モデルフレームセット新発売

ブリヂストンサイクル株式会社は、スポーツバイクブランド「ANCHOR(アンカー)」が展開する、高みを目指し挑戦し続ける競技者向けのプロダクトライン「レーシングライン」より、東京2020オリンピック日本代表自転車競技(トラック)に供給し使用されたトラックバイク※1の2022年モデルとなる短距離用フレーム「TS9」※2と中長距離用フレーム「TE9」※2を、2021年9月下旬より発売します。

ブリヂストンサイクル株式会社(以下、当社)は、スポーツバイクブランド「ANCHOR(アンカー)」が展開する、高みを目指し挑戦し続ける競技者向けのプロダクトライン「レーシングライン」より、東京2020オリンピック日本代表自転車競技(トラック)に供給し使用されたトラックバイク※1の2022年モデルとなる短距離用フレーム「TS9」※2と中長距離用フレーム「TE9」※2を、2021年9月下旬より発売します。

 

「TS9」および「TE9」※2は、公益財団法人日本自転車競技連盟(JCF)と共同開発し※3、東京2020オリンピック日本代表自転車競技(トラック)で使用された、世界と戦う選手の走りを支えるトラックバイク※1の2022年モデルのフレームセットです。

開発には、ブリヂストンの基盤技術部門とブリヂストンサイクルが共に作り上げ、自転車競技トラック日本代表に供給し、使用されたトラックバイクの開発で磨きをかけた解析システム「PROFORMAT(プロフォーマット)」を用い、ペダルを踏んだ力を無駄なく前へ進む力に変えるために、空力、重量、剛性といった走りに関係するさまざまな要素を計測し、シミュレーションし、解析することで、それぞれの競技特性に適した性能を備えたモデルを追求しました。

 

カラーはレーススタイルの2色展開で、レーシングブラックと、東京2020オリンピック日本代表自転車競技(トラック)に供給し使用されたトラックバイク※1のデザインを踏襲したスペシャルカラー「レーシングカラー」を設定しました。

レーシングカラーは、自転車競技という「戦」に挑戦する日本代表選手を「侍」と捉え、「夜明けの侍」というコンセプトでデザインされたもので、「夜明けの太陽」を表現した赤と黒のグラデーションと、「刀」を表現した白銀色で構成されており、その塗装は、当社上尾工場の職人が一本ずつ丁寧に手作業で仕上げます。なお、このスペシャルカラーは、16万5千円(税込)のアップチャージで選択が可能です。

ブリヂストンサイクルは、これからも自転車を通じてより快適なサイクルライフを提案していきます。

 

※1 当トラックバイクはUCIに登録済みの機材です。

※2 本製品はトラック競技専用車です。前後ブレーキの装着がないため、一般公道での走行は道路交通法上できません。また、NJS登録品ではありません。なお、製品画像は完成車仕様ですが、販売はフレームセットのみの販売となります。

※3 公益財団法人日本自転車競技連盟(JCF)との共同開発品は短距離バイクのみとなります。

■ANCHOR TS9 / TE9 概要

■アンカー公式メディア

アンカー公式メディアでも、随時情報を更新しています。ぜひこちらもチェックしてください。

 

​この件に関するお問い合わせは.....

■一般のお客様
アンカーコール TEL 048-772-5334



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 ブリヂストンサイクル株式会社
代表者名 代表取締役会長 磯部 正博
業種 その他製造業

コラム

    ブリヂストンサイクル株式会社の
    関連プレスリリース

    ブリヂストンサイクル株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域