社会福祉法人日本ライトハウスは、西日本最大級の視覚障害者総合福祉展『日本ライトハウス展〜全国ロービジョンフェア2008』を8月30日、31日に開催します

社会福祉法人日本ライトハウス(所在地:大阪府大阪市中央区 理事長 木塚泰弘)は、目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉展『日本ライトハウス展〜全国ロービジョンフェア2008』を2008年8月30日(土)、31日(日)に開催します。

                    2008年8月6日
報道機関各位
                      社会福祉法人日本ライトハウス
                          理事長 木塚 泰弘

   西日本最大級の視覚障害者総合福祉展「日本ライトハウス展2008」
           プレスリリース送付の件

 拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 社会福祉法人日本ライトハウス(所在地:大阪府大阪市中央区 理事長 木塚泰弘)は、目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉展『日本ライトハウス展〜全国ロービジョンフェア2008』を2008年8月30日(土)、31日(日)に開催します。
 つきましては、本展のプレスリリースをご用意させていただきましたので、ぜひ各媒体において取材、記事掲載などのご協力をいただきたくお願い申し上げます。
 ご不明な点、ご要望などは下記へご連絡くださいますようよろしくお願い申し上げます。
                                敬具

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社会福祉法人日本ライトハウス
『日本ライトハウス展〜全国ロービジョンフェア2008』
- 目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉展 -
http://www.lighthouse.or.jp/fair0830.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【社会福祉法人日本ライトハウスとは】
日本ライトハウスは1922 (大正11)年に岩橋武夫が創業。大阪府下の4拠点で視覚障害者のためのサービス・事業を展開する総合福祉施設です。盲導犬訓練部、リハビリテーション、点字出版、情報提供部門で視覚に障害のある方々の自立と社会参加を応援しています。


【本件の連絡先】
社会福祉法人日本ライトハウス盲人情報文化センター
〒542-0077 大阪市中央区道頓堀1丁目東3番23号
TEL 06-6211-1500  FAX 06-6211-1590
E-mail info@iccb.jp 担当 中川、竹下

                             プレスリリース

  西日本最大級の視覚障害者総合福祉展「日本ライトハウス展2008」

 本年8月30日(土)、31日(日)の2日間、そごう心斎橋本店14階ギャラリーにおいて「日本ライトハウス展〜全国ロービジョンフェア2008 目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉展(主催:社会福祉法人日本ライトハウス)」を開催します。本展は毎回、視力低下や視野狭窄、病気等で目が見えにくくなり、生活上の困難を抱えている方とご家族などに多数ご来場いただき、便利な機器や用具、サービスをご紹介して、喜んでいただいております。本展の出展製品は色識別装置、音声読書機(活字文書を音声読上げ・拡大表示)、音声時計、拡大読書器、ルーペ・眼鏡類、家電品、点字ディスプレイ・点字電子手帳、点字プリンタ、白杖、パソコン音声化・画面拡大ソフト等です。入場無料です。

              【 開催概要 】
名  称  「日本ライトハウス展〜全国ロービジョンフェア2008」
主  催  社会福祉法人日本ライトハウス
共  催  社会福祉法人読売光と愛の事業団
期  間  2008年8月30日(土)、31日(日)10:00〜17:00
入 場 料  無料
会  場  そごう心斎橋本店・14階ギャラリー
      (大阪市中央区心斎橋筋1−8−3)
出展者数  38団体(8月6日現在)
来場対象  視覚障害者とご家族、福祉関係者、ボランティア、一般のお客様
内  容
*目の見えない方・見えにくい方の生活を豊かにする視覚障害者用具・機器約30社・数百点を展示・紹介
*家庭電化製品や携帯電話など、誰もが使いやすいユニバーサルデザインの  一般製品を展示・紹介
*点訳・朗読等ボランティアを対象に、最新の点字・録音機器とシステムを展示・紹介
*盲導犬の実演・紹介
*眼科医療・法律・年金・福祉等の相談会

後  援  (社)大阪府眼科医会、(財)中山視覚障害者福祉財団、
    (財)大阪府視覚障害者福祉協会、(社)大阪市視覚障害者福祉協会、
    (社福)大阪府社会福祉協議会、日本網膜色素変性症協会、
     大阪うつぼロータリークラブ
協  賛  松下電器産業株式会社、株式会社NTTドコモ
協  力  そごう心斎橋本店、(社)日本国際児童図書評議会

●視覚障害者に特化した総合福祉展
 1998年の情報機器展(2003年からエンジョイ!グッズ展と改称)に始まり、今回で10回目を迎える「日本ライトハウス展」は、出展者数38団体(8月6日現在)で、視覚障害者向け展示会としては規模が大きく、歴史のあるものです。

        ◇◆ コーナーの一部をご紹介します ◆◇

○世界のバリアフリー絵本
 「さわる絵本」や「布の絵本」、「手話や絵文字つきの図書」「やさしく読める図書」など、障害のある子どもたちも楽しめる「The Right Book」(rightは「適切な/権利」という意味)。国際児童図書評議会障害児図書資料センターが2007年度に選定した21カ国62タイトルの推薦図書を展示します。世界各国から集められたバリアフリー絵本を、どうぞこの機会に手にとってお楽しみください。出展協力(社)日本国際児童図書評議会

○盲導犬とふれあおう♪(日本ライトハウス行動訓練所)
 テレビや教科書で取り上げられることが多い盲導犬。社会の認知度も徐々に広まってきています。でも、「盲導犬を使うにはどうしたらいいんだろう?」「どんなボランティアがあるんだろう?」など、皆様の疑問はたくさんあると思います。知っているようで知らない盲導犬のこと。この機会にいろいろなことを犬たちと触れ合いながら、直接聞いてみませんか。視覚障害者の方には体験歩行も行いますので、ご遠慮なくお越しください。

○ミニステージ(両日共通、各回30分)
 午前11時    盲導犬と共に生きる喜び
 午前11時30分 テレビに、映画に、広がる音声解説
 午後12時    簡単、安全に、美味しいクッキング!
 午後12時30分 休憩
 午後1時     パソコン点訳ってこんなに便利!
 午後1時30分  デジタル録音図書にチャレンジ
 午後2時     インターネットで録音図書♪
 午後2時30分  『マルチメディアDAISY』で学習・読書支援
 午後3時     盲導犬と共に生きる喜び(2回目)

★午後1時から12階にある「滝の広場」前でも盲導犬の実演を行います。
                             以上

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 社会福祉法人日本ライトハウス盲人情報文化センター
代表者名 館長 岩井和彦
業種 未選択

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域