アイキャッチ画像

空中給油の市場規模、2025年に8億5100万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「空中給油の世界市場 (~2025年):システム (プローブ&ドローグ・ブーム給油・自動給油)・コンポーネント (ポンプ・バルブ・ホース・ブーム・プローブ・燃料タンク・ポッド)・航空機タイプ (固定・ロータリー)・タイプ (有人・無人)・エンドユーザー・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を6月30日より開始いたしました。

空中給油の市場規模は、2020年の5億100万米ドルからCAGR11.2%で成長し、2025年には8億5100万米ドルに達すると予測されています。空中給油とは、ある航空機から別の航空機へ、空中で燃料を移動させる方法です。燃料を送る側の航空機をタンカー、受け取る側の航空機をレシーバーと呼び、主に軍システムによって採用されています。空中給油には、プローブ・ドログシステムとブーム給油システムの2つのシステムがあり。プローブ・ドログシステムは、給油ホース、ホースエンドカップリング、ドログで構成されています。空中給油市場の成長の主な要因は、戦闘機と各国の軍事費の増加が挙げられます。

 

COVID-19が空中給油市場に与える影響

 

COVID-19の発生とそれに伴うロックダウンやサプライチェーンの混乱は、航空宇宙・防衛産業に悪影響を及ぼし、新規の防衛調達・整備プロジェクトの中断や遅延が発生しています。OEMは制限や生産の一時停止により大きな影響を受けましたが、アフターマーケットへの影響は、戦闘機の基本的なメンテナンスやモニタリングの必要性から比較的低いものとなっています。

 

牽引要因:戦闘機調達の増加

 

多くの国が軍事力の強化に注力しています。地政学的な問題、領土・国境紛争、老朽化した航空機を積載量や飛行距離が向上した最新の第4世代・第5世代の戦闘機に置き換える必要性などが、軍事力の強化を促す主な要因となっています。例えば、2021年1月、インド議会はLCA-Tejas Mk-1A戦闘機73機とLCA-Tejas Mk-1練習機10機の調達を承認しました。また、ギリシャ政府は2021年1月、フランスからダッソー製ラファールジェット18機を30億4000万米ドルで購入することを承認しました。

 

市場機会:自律型燃料補給

 

現在、A3R(Automated Air-to-Air Refueling)は初期段階にあり、市場に導入するために様々な開発が行われています。しかし、A3Rを現実のものとするためには、相対測位システム、データリンクシステム、遠隔地の航空機オペレーターなど、より高度な制御システムを開発する必要があります。自律型燃料補給の目標は、有人と無人のオペレーションをシームレスに統合することです。

 

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1001393-air-air-refueling-market-by-system-probe-drogue.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域