アイキャッチ画像

欧州コールドチェーン・ロジスティクス市場、2025年に791億6,000万米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「欧州のコールドチェーンロジスティクス市場の成長機会・成長予測 (2020-2025年):輸送手段・エンドユーザー産業・温度・主要国別」(Allied Market Research)の販売を6月22日より開始いたしました。

欧州コールドチェーン・ロジスティクス市場統計 2020-2025年

欧州のコールドチェーン・ロジスティクス市場は、2015年に224億8,000万米ドルとなり、2020年から2025年にかけて19.2%のCAGRを記録し、2025年には791億6,000万米ドルに達すると予測されています。輸送手段別に見ると、2015年には道路分野が最も収益に貢献し、90億9,000万米ドルを占めていましたが、2025年には289億4,000万米ドルに達し、予測期間中のCAGRは18.30%となると予測されています。

 

コールドチェーンとは、冷蔵・冷凍された商品を出荷・保管するプロセスのことをいいます。コールドチェーン・ロジスティクスとは、温度管理された商品やその他の生鮮品を、物流過程において一定の温度で鮮度を保つためのあらゆる手法のことをいいます。

 

コールドチェーン・ロジスティクスは、技術、科学、プロセスから構成されています。技術には、低温を維持する物理的な方法に依存するコールドチェーンが含まれます。科学には、食品の保存と安定性に関連する生物学的および化学的な方法が含まれています。プロセスには、サプライチェーン全体を維持するための物流方法が含まれます。

 

欧州のコールドチェーン・ロジスティクス市場は、物流業界における電子商取引の普及拡大、冷蔵倉庫の増加、医薬品分野の成長などの要因によって牽引されています。さらに、インフラの不備、標準化、物流コストの上昇、メーカーや小売業者による物流サービスの管理不足などが、欧州のコールドチェーン・ロジスティクス市場の成長を妨げています。しかし、コールドチェーン・ロジスティクスのためのITソリューションや自動化ソフトウェアの利用の急増、コスト削減、マルチモーダルシステムやコールドチェーン・アプリケーションへのRFID技術の採用によるリードタイムの短縮は、欧州のコールドチェーン・ロジスティクス市場の成長に有利な機会を提供すると予想されます。

 

COVID-19の影響分析

COVID-19のパンデミックが世界各地で発生したことにより、各国は一時的に相互の貿易活動を中止せざるを得なくなり、商品の供給に悪影響を与え、サプライチェーンの混乱を引き起こしました。さらに、2021年2月には、COVID-19の第2波が、初期のCOVID-19の波よりも大きな打撃を与え、今後数ヶ月間、経済全体の見通しにマイナスの影響を与えることが予想されます。欧州のコールドチェーン・ロジスティクス市場では、2020年は、食品・飲料、健康・栄養製品、ベーカリー、花関連製品などのメーカーやサプライヤーを含むエンドユーザーのCOVID-19規制による需要と供給の見通しが悪化したため、売上高と成長率が減少しました。

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr1009312-europe-cold-chain-logistics-market-by-mode.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域