アイキャッチ画像

家畜監視の市場規模、2026年に23億米ドル到達予想

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「家畜監視の世界市場・COVID-19の影響 (~2026年):提供区分・家畜区分・用途 (搾乳・給餌・繁殖・行動監視&制御)・農場規模・用途・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を4月20日より開始いたしました。

家畜監視の市場規模は、2021年の14億米ドルからCAGR10.4%で成長し、2026年には23億米ドルに達すると予想されています。市場の成長を促進する主な要因は、家畜の監視と病気の検出、酪農家によるIoTとAIの導入の増加、家畜監視管理産業に関連する大幅なコスト削減などです。酪農家の増加にともなう牛の頭数の増加、発展途上国における家畜監視技術の導入なども、COVID-19状況下で家畜監視の強い需要を生み出しています。

 

牽引要因:家畜監視と疾病検知への関心の高まり

 

酪農家は、センサー技術を利用することで、家畜の病気を検知し、直ちに治療に向けた行動を起こすことができます。センシング技術や管理技術の導入により、家畜の監視にかかるコストを削減することができるようになりました。畜産業にスマートテクノロジーを導入することで、家畜の健康状態や、摂食行動、餌や水の質、バイオセキュリティ、衛生レベルなど、一般的な行動に関連するデータをリアルタイムに収集することができます。また、酪農家は、家畜の位置を追跡することができます。さらに、コネクテッドソリューションにより、メタンなどの有害ガスを排出することなく酪農環境を向上させ、同時に家畜の健康を確保します。

 

抑制要因:酪農家のスキルや技術の低さ

 

家畜監視ソリューションは、膨大なデータを生成しますが、その処理や理解は困難な作業です。さらに、このような技術に対する酪農家の認識の低さも、市場の成長を妨げる要因となっています。酪農場の自動化にかかるコストが高いこと、酪農家に技術的な知識がないこと、スキルや技術の理解度が低いために新しい技術の導入に消極的であることなど、さまざまな要因により、畜産現場での技術の導入はあまり進んでいません。

 

市場機会:酪農家と牛の頭数の増加

 

酪農家はここ数年、世界的に大きな成長を遂げています。乳牛数の増加は、世界的な乳製品の需要増加によるものです。2010年から2015年にかけて、バター、チーズ、凝乳、ホエイ、ヨーグルトなどの乳製品の需要が大幅に増加しました。酪農場の牛の群れが大きくなると、人力による群れの管理が難しくなります。家畜監視ソリューションは、牛の群れの追跡および管理に使用できることで、需要を牽引しています。

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/mama997675-livestock-monitoring-market-covid-impact-analysis.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

 

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域