アイキャッチ画像

ボイスバイオメトリクスの市場規模、2026年に39億米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ボイスバイオメトリクス (声紋認証) の世界市場 (~2026年):コンポーネント・タイプ (アクティブ型・パッシブ型)・用途 (認証&顧客検証・トランザクション処理)・認証プロセス・組織規模・展開区分・産業・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を4月19日より開始いたしました。

ボイスバイオメトリクスの市場規模は、2020年の11億米ドルからCAGR22.8%で成長し、2026年には39億米ドルに達すると予測されています。銀行・金融サービス・保険(BFSI)業界における不正検知・防止システムへの需要の高まりや、認証・本人確認コスト削減の必要性などにより、世界各国でボイスバイオメトリクスソリューションの導入が進んでいます。銀行業界では、デジタル化の進展に伴い、不正行為が急増しています。ボイスバイオメトリクスは、声紋に基づいてユーザーを識別することで、銀行や金融機関のニーズに応えます。

 

COVID-19のボイスバイオメトリクス市場への影響

 

2020年のボイスバイオメトリクス市場は、COVID-19の影響によるロックダウンで、若干の減速が予想されています。COVID-19パンデミックは、各国の製造業やサプライチェーン・物流や、様々なセクターのオペレーションにマイナスの影響を与えています。一方で、ボイスバイオメトリクスのソリューションやサービスの需要は増加すると予想されています。これは、顧客体験の向上や見込み客とのパーソナライズされた関係の構築に対する需要が高まっているためです。ミッションクリティカルなプロセスへの対応、オペレーションの改善、ユーザーの身分証明書の認証などのデジタルトランスフォーメーション構想を実現するために、多様なボイスバイオメトリクスソリューションおよびサービスの導入を計画している業種も見受けられます。運用コストの削減、顧客体験の向上、不正行為の検知と防止、認証プロセスと運用の強化、リアルタイムの意思決定の改善は、声紋認証導入の上での主要な優先事項です。

 

牽引要因:堅牢な不正検知・防止システムに対する需要

 

銀行業界では、デジタル化の進展に伴い、不正行為が驚くべき勢いで急増しています。データ盗難事件では、銀行の認証情報にアクセスし、顧客の銀行口座に侵入する可能性があり、金融認証システム全体に第2、第3レベルのセキュリティが必要となっています。ボイスバイオメトリクスソリューションは、声紋に基づいてユーザーを識別することで、銀行や金融機関のニーズに応えます。従来のテキストパスワードやピンとは異なり、声紋は各個人に固有のものです。自動校正、能動・受動的認証、ライブの声の検出、パニック検出などの機能を備えたボイスバイオメトリクスは、ユーザーの識別と認証を容易にし、顧客情報管理(Know Your Customer: KYC)を改善します。

 

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/mama998318-voice-biometrics-market-by-component-type-active.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

 

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域