アイキャッチ画像

ソフトウェア無線の市場規模、2025年に145億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ソフトウェア無線 (SDR) の世界市場 (~2025年):ソフトウェアプラットフォーム (陸上・空域・海域・宇宙)・用途 (防衛・商用)・タイプ (汎用無線・コグニティブ/インテリジェント無線・・地上基盤無線)・周波数帯・コンポーネント・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を4月7日より開始いたしました。

ソフトウェア無線の市場規模は、2020年の114億米ドルからCAGR 4.9%で成長し、2025年には145億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長を促進する主な要因は、通信分野でのソフトウェア無線の採用と、技術開発によります。また、宇宙・航空分野の重要なミッションに利用される通信システムとしての採用は、ソフトウェア無線市場の成長にプラスの影響を与えます。

 

COVID-19がソフトウェア無線機市場に与える影響

 

COVID-19パンデミックは、世界各国の経済活動に大きなダメージを与えています。ソフトウェア無線機のシステム、サブシステム、コンポーネントの製造もパンデミックの影響を受けています。軍事用のソフトウェア無線機の製造は非常に重要ですが、サプライチェーンの混乱により、当面の間、製造を停止しています。製造活動の再開は、COVID-19への曝露レベル、製造工程の稼働レベル、輸出入規制などの要因に左右されます。業界の専門家によると、国防省は国家の安全保障にとって重要性の高い分野に力を入れていると言われています。北米、欧州、アジア太平洋地域の国々は、パンデミックの間、防衛費の大幅な増加を維持しています。

 

軍事通信と国土安全保障・緊急事態管理は、様々なタイプのソフトウェア無線機の需要が高まっている主要なアプリケーションです。適切な法と秩序を維持するために、法執行機関は増員して活動しており、その結果、世界全体の防衛アプリケーションにおいてソフトウェア無線機の需要は影響を受けていません。

 

牽引要因:ソフトウェア無線の技術的進歩

 

国防軍、宇宙機関、政府機関が実施する様々なミッションのための通信システムの役目は、年々急速に変化しています。10年前に開発されたソフトウェア無線機は、現在の多様な通信システムをサポートするには不十分なものとなってきました。初期の無線機は重量とサイズが大きく、悪路や困難な地形に駐留する部隊の要求を満たすことができません。このような可動性に関する要求や、通信コンセプトの導入により、より軽量で機動性に優れたSDRシステムが求められています。また、業界関係者は、従来の通信システムを置き換えるために、新しく改良されたソフトウェア無線機の設計・開発に注力しています。政府関係者による開発支援も相まり、企業による製品改良が実現し、ソフトウェア無線機の需要はさらに高まります。

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/mama983583-software-defined-radio-market-by-platform-land.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域