アイキャッチ画像

日本人がラオスでつくるオーガニックのクラフトラム酒「LAODI S.Brown」が世界三大酒類品評会ロンドンIWSCで金賞95点受賞

日本人がラオスの豊潤なテロワールでつくるオーガニックのクラフトラム酒 LAODI(ラオディ)の「S.Brown(スイートブラウンラム)」がロンドンで今年開催されたInternational Wine & Spirit Competiton 2020で、金賞95点を獲得しました。世界でも3%しかないアグリコール製法でつくられた贅沢な3年樽熟成ラム酒です。

ラオスでつくるジャパニーズラム  
2006年にラオスで創業したLao Agro Organic Industries Limitedがつくるラム酒ブランド「LAODI(ラオディ)」。今回受賞した「S.Brown」はリッチなレーズンのような香りとダークココアのような謙虚な甘さが特徴とIWSCに評価されたブラウンラムです。自社農園で有機栽培されるサトウキビを新鮮なまま、世界3%の製法でつくられた貴重なホワイトラムに漬け込みます。フレンチオークできめ細やかな香りを纏わせたあと、上品な甘い香りのバーボン樽で熟成させました。全行程で3年熟成としていますが、ラオスのような東南アジアは平均気温が高く、寒い地域でつくられるラム酒よりも多くの"天使の分け前"が発生します。そのため樽内の対流により、通常の熟成期間でも濃密な熟成感が味わえます。


日本人にしかできない技で編み出したラム酒  
世界では熟成された甘めのダークラムが人気と言われています。マスターディステリーの井上育三氏はLAODIにしか出来ない、ナチュラルなスイートラムにこだわりました。そこで創り出されたのが今回の「S.Brown」です。サトウキビでつくるラム酒に、同じ畑で育った生サトウキビの甘い中心部だけを漬け込むという、世界でも類をみない贅沢な熟成ラム酒の製法です。年に1度しか収穫できないオーガニックのサトウキビを、世界でも稀な製法でつくられるラム酒に漬け込み樽熟成させるという、日本人の繊細で忍耐のある匠の技とラオスのテロワールでこの「S.Brown(スイートブラウンラム)」をつくりあげました。

LAODIマスターディステリーの井上育三氏

 

商品名: LAODI S.Brown Rhum (ラオディ スイートブラウンラム)

内容量: 750ml 

アルコール度数: 45%

熟成期間: 3年

香り: リッチなレーズン、木の実のようなシェリー

味わい: ダークココアのようなほろ苦さ

フィニッシュ: 焼きたてのホットクロスバンズ

素晴らしく上質な熟成感(IWSC審査員評)

製造元: Lao Agro Organic Industries Limited (ラオス)
蒸留責任者: 井上育三


今回の金賞受賞は、日本人のものづくりに対する情熱と技術への評価でもあります。
この贅沢さを1日の大切なひとときにゆっくりお楽しみください。
公式オンラインショップで絶賛販売中です。→ https://ccinter.official.ec/



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社シィクリエイティブインターナショナル
代表者名 松村啓司
業種 食品関連

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域